幡野広志一覧

幡野広志(がん写真家)の妻子や撮影・作品販売を調査!本の感想も【ハートネットTV】

多発性骨髄腫と診断され余命3年と言われた写真家の幡野広志(はたのひろし)さん。その時、息子の優くんはまだ一才半。息子への思いが溢れる著書「ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。」は、狩猟家の経験もあってか綺麗事でない真摯な言葉が綴られています。幡野さんの妻子や撮影、作品販売などについて調べてみました。