山脇(大村)百合子(ぐりとぐら絵本挿絵作家)プロフィール!夫や子ども、オレンジねずみ誕生秘話も!

こんにちは。

マダム・アフロよ。

時を超えて人々の心に生き続ける

小さな野ねずみ「ぐりとぐら」

今、東京の「PLAY MUSEUM」では、

一年を通じた企画展が行われていて、

そのグッズも大人気の様子!

そんな素敵な「ぐりとぐら」の誕生秘話を

この前は作者である中川李枝子さんの

プロフィールとあわせてご紹介したわ。

今回は、この作品のもう一人の立役者、

絵を担当された山脇(大村)百合子さんを

調べてみたわよー。

良かったら一緒に見ていってね(*^^*)

スポンサーリンク

1.山脇(大村)百合子(ぐりとぐらの絵本作家・挿絵画家)プロフィール

山脇百合子さんは1941年12月3日生まれの

79才。

中川李枝子さんとは6歳はなれた

実の姉妹!

旧姓も中川さんと同じく

もちろん「大村」。

あの名作「ぐりとぐら」を描かれた時は、

まだご結婚前の旧姓だったから、

本の表紙の名前は

「おおむらゆりこ」になっているわ。

だけど北海道生まれの中川さんと違い、

山脇百合子さんは東京府出身‥。

中川李枝子さんが生まれたあと

大村家は東京に引っ越されているので、

どうやらその時に誕生されたよう。

中川李枝子さん同様、戦争などの影響で、

各地を転々としたのち、

東京都立西高等学校に進学。

卒業後は上智大学外国語学部

フランス語科に進学!

挿し絵作家のイメージが強い山脇さんだけど

実はフランス語翻訳者としても

有名なんですって。

う~ん、やっぱり、ただ者じゃない。。

何だかスゴい才女の香りがするわね~。

ちなみに高校生のとき初めて描いた本の絵が

姉、中川李枝子さん原作の

「いやいやえん」

いやいやえん

出典:Amazon

いつも絵を描いていた妹に頼んだ、という

姉の中川李枝子さん。

なんと報酬は板チョコ一枚というから、

今考えると破格よね~!(◎▽◎;)

話の中に登場する「しげるくん」は

実在する男の子がモデルになっているそう!

さらに登場するオオカミは、

家族にしっぽや耳などをつけて

それらしい恰好をしてもらって

絵に描いた‥というから、

その光景を想像するだけでも楽しそうね!

そこから始まった山脇百合子さんの絵は、

姉・中川李枝子さんの物語に

いつも寄り添うように「そこ」に在り、

姉妹の綴る優しくて幸せな世界で

多くの子どもたちが遊んできたのね(*^^*)

スポンサーリンク

2.山脇(大村)百合子の「ぐりとぐら」オレンジねずみの誕生秘話!

さて、中川李枝子・山脇百合子姉妹の

代表作といえば、やっぱり

「ぐりとぐら」

ぐりとぐら

出典:Amazon

「ぐりとぐら」の挿し絵を描くにあたって、

山脇さんが訪れたのは、なんと、

東京・上野公園の国立科学博物館!!

動物画で有名な薮内正幸さんが、

館内にある動物学者、

今泉吉典先生の研究室に

連れて行って下さったんですって。

そこにはあったのは、

ズラリと並んだ小さな引き出し‥

なんと、その全てにネズミの標本が!!

「どれでもお好きなのをどうぞ」

今泉先生に言われた当時は大村だった

山脇百合子さん‥うん、スゴい光景よね。。

そんな山脇さんに、ある気付きが‥。

ねずみはみんな「ねずみ色」だと

思っていたけれど、

オレンジ色のねずみもいるんだ‥!

色鉛筆

この気付きがきっかけで、

ぐりとぐらはオレンジになったそうよ。

ご縁って本当に不思議よね~。

ここでオレンジのねずみに会わず、

普通のねずみ色の「ぐりとぐら」だったら

多分ここまでロングセラーの大人気絵本に

ならなかったんじゃないかしら?

ちなみに、モデルになったのは

カヤネズミなんじゃないかって

言われているわよ。

カヤネズミ

出典:Wikipedia

こうして生まれた愛らしき2匹の野ねずみ、

「ぐりとぐら」は、親から子へ受け継がれる

大ヒット・ロングセラー絵本に!!

シリーズ化され数々の名作が生まれたけど、

なかでも「ぐりとぐらのおきゃくさま」

  • 厚生大臣賞受賞
  • 菊池寛賞受賞
  • 全国図書館協議会選定図書

などなど、たくさんの賞を

受賞しているわね。

出典:Amazon

アフロは、個人的には

「そらいろのたね」

「森おばけ」が大好きなのよね~!

山脇百合子さんの描く

登場人物(動物?非生物も!?)は

どれもピュアで真っ直ぐな印象があって

その素朴なラインと色使いが心に残るわ。

いっときの流行りではなく

人の根幹の部分に染み入るようで

大人になって見ても懐かしさと共に

優しい気持ちにさせてくれるわね。

3.山脇(大村)百合子の夫や子どもは?

さて、そんな大村百合子さんが

ご結婚されて「山脇百合子」になったのは、

20代前半とのこと。

山脇さんのご主人は

何の仕事をされている方かは

分からなかったんだけど、

子どもをお風呂に入れる時間もないくらい

忙しく働いておられた様子。

そんな山脇さんにとって頼りになったのが、

同居されていた夫のお母さん‥

義母にあたる方だったみたい。

長く会社員をされていたという、

当時としては革新的だった

山脇さんのお義母さまは、

凄くきっちりと「育児業務」を

手伝って下さったのね。

例えば「○時にミルクをあげてください」と

お願いすると、

「○時○分、ミルク○CC飲みました」って、

全部記録を残してくださったんですって。

これって親としては、

すごく安心で、心強いわね~!(*^^*)

立派な保母さんが家にいるみたい。

愛情も大切だけど、こういう

ホウレンソウがあると更に助かるわよね。

子ども・前進

頼れる存在に助けてもらいながら、

3歳ずつ年の離れた

長女・長男・次女の三兄弟

しっかりと育て上げた山脇百合子さん。

お子さんは皆、すっかり立派な成人に‥。

今は逆に、山脇さんに本を読んであげたり

されるんだとか‥。

素敵なエピソードよねぇ。

いつかそういう日が、

我が家にも来るといいなぁ~(*^^*)

ちなみに、山脇百合子さん、

絵の仕事は子どもたちを寝かしつけてから

遅くまで頑張っておられたみたい。

おかげでお子さんたちは、

いつも夜の8時には寝て、朝早くに

スッキリと目を覚ましていたんだとか。

そういえば「ぐりとぐら」の世界でも

みんな早起き!

夜更かししている姿は

あまり想像できないわ。

小さな野ねずみたちは、

今を生きる子どもたちに、

自然に健やかに生きる術を

楽しく教えてくれているのかも

しれないわね~。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

あの名作「ぐりとぐら」などの

ステキな挿絵を描かれた

山脇百合子(大村百合子)さん。

中川李枝子さんが紡ぐ優しい世界が、

実の妹さんの手によって描かれた絵で

より身近に、よりリアルに、

そしてより暖かな色彩と温度をもって

伝わってくるわね~(*^-^*)

結婚前の旧姓「大村」での高校生デビュー‥

姉からの板チョコ一枚が

あの名作誕生のきっかけになったと思うと

つくづく人生って不思議よね~。。

そして、国立科学館での

ネズミの標本との出会いがなければ、

全く別物になっていたかもしれない

「ぐりとぐら」

旦那さまに3人の子どもたちとの

目まぐるしい日々の中で、

義母の頼もしいサポートもあって

それこそ「ぐりとぐら」のように

元気にアクティブに活動を続けて

こられた山脇百合子さん。

描かれた作品はモチロン、

その生き様からも元気を

頂けるわね♪(*^^*)

数々の奇跡や出会いが繋がって

構築されたこの大村姉妹の世界を、

これからも親子で‥そして孫の代まで

楽しみたいなぁって思うアフロでした。

今日も最後まで読んでくれて、

ありがとうね~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする