中川李枝子(ぐりとぐら絵本作家)プロフィール!夫や子ども、幻のジブリ作品も!

こんにちは。

マダム・アフロよ。

今、話題の東京都立川市の美術館、

「PLAY MUSEUM 」!

「大人から子どもまで、

誰もが楽しめる美術館」として

2020年6月にオープン。

年間を通して有名な絵本作家さんを

紹介する常設展があるっていうのが

絵本好きにはたまらないわよね~♪

ここで今、開催されているのが、

あの酒井駒子さんの本格的な初の個展

「みみをすますように/酒井駒子」展と、

今年一年間を通じて開催される

「ぐりとぐら しあわせの本」展!!

今は、緊急事態宣言で

観ることができないけれど、

案内を見ているだけで

しあわせな気持ちになってしまう

ステキな展覧会ね~(*^-^*)

今回は、私たちアラフォー親世代も

お世話になった「ぐりとぐら」

生みの親のひとり…

中川李枝子(なかがわりえこ)さんに

ついて調べてみたわ。

良かったら一緒に

見ていってねー!!

スポンサーリンク

1.中川李枝子(なかがわりえこ・ぐりとぐら絵本作家)プロフィール

中川李枝子(なかがわりえこ)さんは

1935年北海道札幌市生まれ。

旧姓は「大村」で、

「ぐりとぐら」をはじめとする作品の

絵を担当されている山脇百合子さんは

6歳年の離れた妹にあたるんですって!

ちなみに山脇百合子さんについては

別記事で詳しく調べてみたので

良かったらコチラも併せて読んでみてね!

中川李枝子さんは4歳から小学3年生までは

おじいさまのいる東京で過ごすも、

戦争の影響で再び札幌へ…。

小学校時代は疎開などで転校を繰り返し、

4つの小学校に通われたそうよ。

戦後はお父さまと共に福島市に、

さらに高校2年には東京に戻られ、

東京都立高等保母学院に。

卒業後は20才で東京駒沢の

無認可保育園「みどり保育園」

主任保母さんになられたんだけれど、

それが中川李枝子さんの人生に

大きな影響を与えるのね。

当時30歳だった天谷保子さんという方が

園長を務めておられたんだけど、

「子どもたちが毎日喜んで通ってくる、

欠席のない保育をしましょう」

頑張っておられて、

中川さんも毎日、どうやって

子どもと楽しく遊ぼうか…

考えながら出勤されていたみたい。

勤務されていた17年間

毎日、子どもたちとの真剣勝負に

一生懸命過ごした中川李枝子さん。

それがきっと、長く読み継がれる

「子どもが喜ぶ絵本」ができる

根っこになっているのね~。

なんだか凄く納得…(*^-^*)

子ども

そんな風に子どもたちを

喜ばせようとして生まれたのが

「ぐりとぐら」を始めとする絵本たち!!

その中でも1962年に出版された

「いやいやえん」

  • 厚生大臣賞
  • NHK児童文学奨励賞
  • サンケイ児童出版文化賞
  • 野間児童文芸賞推奨作品賞

を受賞!!

いやいやえん

出典:Amazon

ちなみに中川李枝子さん、

もともとは日本一の保母さんになって

日本一の保育園を作るのが夢で、

作家になるつもりはなかったみたい。

だけど大好きな岩波少年文庫の編集者、

いぬいとみこさんの記事を新聞で見て興奮し、

ファンレターを出したところ、

ご縁が繋がって童話グループに誘われることに。

そこで「ノンちゃん雲に乗る」や

「クマのプーさん」の翻訳などで有名な

石井桃子さんと出会い、

中川さんが同人誌に書いた

「いやいやえん」を「面白い!」と

編集して刊行して下さったのね。

なんだか運命ってあるのね~って

感動してしまうわね(*’ω’*)

その翌年には、あの「ぐりとぐら」も刊行。

これまた、大人気に!

ぐりとぐら

出典:Amazon

その後も、小学校の教科書にも載って

長く読み継がれるあの「くじらぐも」や、

映画「となりのトトロ」のOPでもある

「さんぽ」の作詞も手掛けるなど大活躍!

中川李枝子さんが紡ぎ出す

その「ことば」は、時代を超えて

たくさんの子どもと

かつて子どもだった人々を

幸せな気持ちにさせて

下さっているわ(#^^#)

2.中川李枝子のぐりとぐら誕生秘話!

ちなみに、「ぐりとぐら」はもともとは

「たまご」というタイトルで

雑誌「母の友」に掲載されたらしいわよ。

あの名作が生まれたきっかけも

保母として働いていた中川李枝子さんと

子どもたちとの温かい絆なのね。

保育園で楽しい絵本を…と

探していた中川さんが見つけたのが

「ちびくろ・さんぼ」

ちびくろサンボ

出典:Amazon

保育園児には長いかも…と

楽しめるように紙芝居仕立てにしたところ

子どもたちは大喜び!!

その中でもみんなが大好きだったのが

トラが溶けてできたバターで食べる

ホットケーキのシーン。

それを知った天谷園長先生はなんと

保育園にホットケーキ用具一式を持参!

みんなで作って食べたんですって。

これはステキな思い出になるわ~!!

子どもたちはモチロン、

その話を聞いたお母さんたちも大喜び。

嬉しくなった中川李枝子さんが、

「もっとおいしいものをプレゼントしよう!」

と作り出したのが、当時、

ホットケーキより高級だった

カステラを森のみんなで食べるお話…

そう!「ぐりとぐら」なのね!!

スポンサーリンク

3.ぐりとぐらの名前の秘密

耳に馴染んで心地よい

「ぐりとぐら」という名前の誕生も

絵本がきっかけになっているみたい。

2匹の猫が出てくるフランスの絵本

「プッフ エ ノロワ」

みどり保育園の子どもたちも大好きで、

よく読み聞かせをしていたという中川李枝子さん。

この中で、キャンプの場面があって、

「グリッ グルッ グラッ 」という

はやし言葉のような歌を歌うシーンが

あるんですって。

子どもたちは、ここが大好きです、

いつも大合唱になっていたんだとか。

それが頭に残っていた中川さん、

主人公の小さなのねずみたちの名前に

使うことにしたのね。

深ーく考えたものより、

こうして自然に繋がったものの方が

愛されるのは世の常だわ‥(^ω^;)

名前もカステラのアイデアも、

「子どもの喜ぶ顔が見たいから‥」

いつも根っこに、

子どもへの愛があったからこそ、

どの作品も心に残って

長く受け継がれる名作になったのね。

4.中川李枝子と夫・中川宗弥のなれ初めや子どもは?

そんな素敵な絵本作家、

中川李枝子さんの結婚された旦那さんや

子どもさんについても調べてみたわよー!

旦那さんはなんと画家・美術家の中川宗弥さん!

絵本作家と画家‥なんて

心ときめくカップルかしら!?(*>▽<*)

みどり保育園で働き始めて3年後の23歳で結婚、

翌年には長男を出産されているわ。

このあたりのエピソードも

いかにも中川李枝子さんらしいの。

最初は結婚する気は全くなく

結婚をうるさくいう母親に

「会社員はいやだわ。

そうね、絵描きならいいけど‥」

と言ったみたい。

まさかないだろうと思っていたのに、

紹介からご縁が繋がり、

あれよあれよという間に結婚することに。

これもひとつの物語のような

エピソードね~(*^^*)

当時は1960年代‥結婚した女性は

家庭に入るのが当たり前の時代‥。

だけど枠に収まるはずのない中川李枝子さん、

結婚後は保育園から5分の場所に新居を構え、

息子さんが生後8ヶ月で職場復帰

果たされているというから驚きね!

もちろん息子さんも職場である

みどり保育園に通園。

働くお母さんの姿を間近で見れたことって

息子さんにとっても良い刺激に

なったんじゃないかしら?

ご主人の中川宗弥さんがまた素敵で、

お風呂やオムツなどの息子さんの世話を

率先してやってくれたんですって。

中川李枝子さんは「料理・食事」だけは

絶対の責任を持って取り組まれたというわ。

こういう家事・育児の分担は、

労力はもちろん、思考の負担も減って、

働く母親としては凄くありがたいわね~(*^^*)

ちなみに、中川李枝子さんと中川宗弥さんは

ご夫婦で絵本を刊行されているの。

とらたとおおゆき

出典:Amazon

なかでも、この「とらた」シリーズは、

「ぐりとぐら」と同じくらい長く

愛されてきた作品ね!

中川李枝子さんが紡ぐ

子どもを見守るような暖かい視線と

宗弥さんの味わい深い絵が相まって、

なんとも幸せ~な気持ちに

満たされるわ(*^^*)

ぜひぜひ、こちらも手にとって、

その世界に触れてみてねー!

スポンサーリンク

5.宮崎駿監督もハマった!ジブリ化も検討された中川李枝子原作の絵本たち

長く受け継がれる名作には、

上手く言語化できないけれど

きっと大切な「何か」があるのね。

そんな中川李枝子さんの作品の中には、

あの宮崎駿監督がジブリでの映画化を

検討されたものもあるんですって。

それが「ぐりとぐら」!

宮崎:実は『ぐりとぐら』の映画化を考えたことがあります。演出家を募り、コンテを出させ、おもしろそうな人間に信頼できるアニメーターをつけ、準備班まで作った。結局うまくいかなかったんですが。

出典:ジブリのせかい

ジブリのアニメで見る、

ぐりとぐらのカステラ‥

絶対に美味しそうに違いないわッ!(◎▽◎)

さらには、先にご紹介した

「いやいやえん」も、

学生の頃の宮崎さんに大きな影響を

与えたんだとか‥。

衝撃だった。アニメーションにしたいと思いました。当時はまだ学生でしたけど、アニメーターになるとも決めていなかった頃にそう思いました。

出典:オリコンニュース

こちらは宮崎さんが中川さんに打診したものの

断られて実現できなかったんだとか。

でもね、これに着想を得て、

企画が発展して誕生したのが、

あの「崖の上のポニョ」なんですって!

そう思うと、何だか不思議よね~。

でも、ジブリのアニメで作られた

「ぐりとぐら」や「いやいやえん」も、

観てみたかったなぁ‥!(*^^*)

ちなみに「三鷹の森ジブリ美術館」の

映像の森・土星座では、

この「いやいやえん」を原作とした作品

「くじらとり」が放送されているわ!

中川李枝子さんの世界観を

ジブリアニメで観れる貴重な機会!

こちらも是非、触れてみたいところね!!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

「ぐりとぐら」の原作絵本作家、

中川李枝子(なかがわりえこ)さんの

素敵なプロフィール。

日本一の保母を目指し、

画家の中川宗弥さんと公私ともに助け合い、

あのジブリの宮崎駿監督にも

大きな影響を与えた物凄い存在感のある

女性だったわねー。

その根底にあったのは、いつも、

小さい人々に対する優しい眼差し。。

なにせ目の前にいつもかわいい子たちがいる。その子たちを最高に良い状態にして眺めるのが保育者の醍醐味なんです。とにかくみんなを喜ばせたかった。びっくりさせるのも好き。ちょっと優越感持てるじゃない。

出典:ジブリのせかい

作品から伝わる、

この一貫した子どもへの愛情が、

子どもはもちろん、

大きくなった子どもたちにも伝わって

癒され、受け継がれていく秘密なのかも‥。

大きなたまごの殻に乗って帰る

ぐりとぐらと一緒にワクワクした

あの気持ち‥思い出して、

子どもと一緒に楽しみながら

子どもの心の森を深くしていきたいなぁって

思うアフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする