がまくんとかえるくんのクッキーのレシピは?作者アーノルドローベルって?【グレーテルのかまど】

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ。

今日は2018.5.21 NHK Eテレで

22:00から放送の【グレーテルのかまど】より、

「がまくんとかえるくん」

ご紹介したいと思います♪(・∀・)

小学校の教科書にも載った

アメリカの作家

アーノルド・ローベルの名作

「がまくんとかえるくん」シリーズ。

不思議な凸凹コンビが生み出す

なんとも自然体で柔らかな空気感が、

アフロも大好きでした♪

今回は、その

がまくんとかえるくんにちなんだ

クッキーを作ると言うことで

絵本好きとしても

お菓子好きとしても

ワクワクしているわ~(*^_^*)

どんな素敵なクッキーが

出来るのかしら?

その前に、あらためて

「がまくんとかえるくん」について

見てみましょう♪

出典:Official Online Shop

スポンサーリンク

目次

  1. 名作絵本・がまくんとかえるくん(Frog and Tod)って
  2. がまくんとかえるくんの「クッキー」ストーリー&レシピは?
  3. がまくんとかえるくんの作者アーノルド・ローベルって?

1.名作絵本・がまくんとかえるくん(Frog and Tod)って?

「がまくんとかえるくん」は

アメリカの絵本作家

アーノルド・ローベルが

(Arnold Lobel 1933-1987)

1970年から発表した

人気絵本シリーズ。

主人公は茶色の体に

緑のジャケットを着た

おっとり呑気な「がまくん」 と、

緑の体に茶色のジャケットを着た

しっかりものの「かえるくん」

2人・・というか2匹?^_^;

日本では

  • ふたりはともだち
  • ふたりはきょうも
  • ふたりはいつも
  • ふたりはいっしょ

という名前で出版されており

ふたりはともだち

(Frog and Tod Are Friend)

の中の

「お手紙(Letter)」は、

光村図書の小学校2年生の

国語の教科書にも載っていたので

覚えている人も多いかもね。

アフロも、これで初めて

「がまくんとかえるくん」を

知ったクチ。

「誰も僕に手紙をくれない」と嘆く

がまくんに手紙を書いたかえるくん。

でも配達を頼んだのが、

カタツムリだったので・・

結局、手紙を○○しちゃうかえるくんが

可愛くて素敵だったわねー☆

かえるのくせに(失礼)

ちょっと格好良くって、

結婚するならこういう人が良いな、って

思ったアフロよ(*゜∀゜*)

スポンサーリンク

2.がまくんとかえるくんの「クッキー」ストーリー&レシピは?

今日の「グレーテルのかまど」では

ふたりはいっしょ

(Frog and Toad Together)

の中にある

「クッキー(Cookies)」

ヘンゼルが作ってくれる様子。

がまくんが作った

食べるのが止まらなくなるほど

美味しかったクッキー!

お話の中では

あまりの美味しさに

食べるのを止めるために

2人は思案して、工夫します。

箱に入れて、紐をかけて、

高い棚の上に乗せて・・・

最後にはなんと・・・!!

これは、でもぜひ

絵本で読んでほしいところ(・▽・)

ふたりはいっしょ
(Frog and Toad Together)
文化出版局 1980年8月17日発行
アーノルド・ローベル 作
三木 卓 訳

出典:Amazon

この中に納められている

5話のうちのひとつが

「クッキー」

でも

他のお話もオススメよ♪

英語ですが動画も見つけたので

2人とクッキーの結末が

どうしても見たい方は

是非、見てみてね(*^_^*)

美味しそうにクッキーを食べる

ちょっと懐かしいテイストの

クレイで出来た動く2人(2匹!?)が

良い味を出しています。

さて、この止まらないクッキー。

作者がアメリカ出身なので

アメリカンクッキーかなぁ・・・

と思うのですが、

クックパッドでまさしく!な

クッキーを見つけたので、

こちらもご紹介。

oNACHIKOo のキッチン 

oNACHIKOoさん作

「がまくんとかえるくん♡クッキー」

出典:クックパッド

チョコチップとくるみの

組み合わせが

本当に止まらなくなりそうで

危険な香りがするわね~♪(*゜∀、゜*)

今日の放送では

「カエル」に成形された

可愛らしいクッキーが登場!

出典:NHK「グレーテルのかまど」

た・・・

食べられませんッ!!(T-T)

可愛すぎるなぁ~!!

ヘンゼルのレシピはコチラ!

「がまくんとかえるくんのクッキー」

ちょっぴり塩味のきいた

バタークッキーと

チョコチップクッキー。

ポイントはスパイス的な塩味と

冷やして成形すること、

そしてラグビーボールの

フォルムとのこと。

ずーっと見ていたくなるけど

食べかけたら

お話のように止まらなくなること

間違いないなぁ・・・(;´Д`)

スポンサーリンク

3.がまくんとかえるくんの作者アーノルド・ローベルって?

さて、今回の主役

「がまくんとかえるくん」の作者、

アーノルド・ローベルについても少々。

アーノルド・ローベルは

1933年アメリカ、ロサンゼルス生まれ。

「がまくんとかえるくん」のように

自然豊かな土地で

走り回っていたのかと

思いきや、意外にも

両親の離婚や病気がちで

不幸な少年時代

だったとのこと。

むしろ心の中で

想像の翼を広げ

飛び回っていたのかも

しれないわね。

高校を卒業した後は

ニューヨークに移って、

数多くの有名アーティストも通った

「プラット・インスティテュート」に入学。

ここで本のイラストを学び、また

ここで出会ったポーランド出身の

アニタ・ローベルと

卒業後に結婚しています。

その後はブルックリンに移り住み

広告代理店で働きながら

絵本の制作を行いました。

同じ学校卒業ということで

妻・アニタとの共同制作の

絵本もあるようね。

わたしの庭のバラの花
(Frog and Toad Together)作: アーノルド・ローベル
絵: アニタ・ローベル
訳: 松井るり子
出版社: らんか社

出典:Amazon

「がまくんとかえるくん」シリーズは

全米図書賞などの賞に輝き、

20世紀アメリカを代表する

絵本作家の1人となり、

1987年ニューヨークで亡くなった

アーノルド・ローベル。

今日は、

お話が生まれる秘話の紹介も

娘さんからされるみたいなので、

楽しみね☆(*^_^*)

まとめ

いかがだったかしら?

「がまくんとかえるくん」

2人の何とも言えない

ほのぼのとしたやりとりは

作者アーノルド・ローベルが

辛い少年時代を過ごしたこと、

そして愛する妻アニタとの出会いで

培われた家庭の愛情から

生まれたものかもしれない・・・

そう思うと、改めて、執筆中の

アーノルド・ローベルを想いながら

「がまくんとかえるくん」シリーズを

読みなおしたいなぁ、と思った

アフロです。

大人になっても

大人になったから

そのお話からは得るものが

たくさんありそう。

今日は、クッキーをお供に

絵本をゆっくり読んで、

放送を待ちたいと思います。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする