鷲津名都江(わしづなつえ・元小鳩くるみ・児童文学研究者)が爆報フライデーに!初代うたのお姉さんの今や昔の写真は?

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

昔のNHKって本当に

子どもの心に影響を大きく残した

名番組がたくさんあったわねー!!

高見のっぽさん今はグラスホッパー?「できるかな」がゾンビでゴン太くんと復活!あの帽子姿が見れる!!

あの頃、子どもだった私たちが

年月を重ねて大人になる間に、

テレビの向こうで活躍されていた人も

色んな人生の転機を迎えておられるよう。

今回ご紹介するのは

「小鳩くるみ」の名前で

天才子役の名を欲しいままにし

声優・歌手などとして活躍した

鷲津名津江(わしづなつえ)さん!!

華麗なる経歴をお持ちの

小鳩くるみ、こと鷲津名津江さんの

その後の人生が、これまた凄く

知的で華麗だったのね!

「33年ぶりにバラエティー出演」という

貴重な今回の放送前に

少し調べてみたので

良かったら一緒に見ていってね。

プロフィール

出典:https://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/

鷲津名津江(わしづ・なつえ)

旧芸名:小鳩くるみ

生年月日:1948年1月20日

出身地:愛知県

出身校:青山学院大学文学部

血液型:不明

スポンサーリンク
目次

  1. 鷲津名都江(わしづなつえ)プロフィール!「小鳩くるみ」時代の写真も!
  2. 鷲津名都江(わしづなつえ)は初代うたのお姉さん!
  3. 鷲津名都江(わしづなつえ)昔はアタックNo.1や白雪姫の声優も
  4. 鷲津名都江(わしづなつえ)の今はマザーグース・児童文学研究者!今の写真も!

1.鷲津名都江(わしづなつえ)プロフィール!「小鳩くるみ」時代の写真も!

鷲津名津江(わしづなつえ)さんは

1948年生まれの70才。

あの大作家・永井荷風の血縁でもあり、

荷風さんの大叔父である鷲津蓉裳さんの

曾孫に当たるとのこと。

良いお家柄のお嬢様だったのねー。

ちなみに野村萬斎・裕基親子とも

遠い遠い親戚にあたるようね~!!

野村裕基(狂言)萬斎とにほんごであそぼや公文でイケメン共演!大学や彼女は?

小さいころのお写真がコチラ。

出典:Wikipedia

この「おしゃまさん♡」って感じが

なんとも愛くるしくて

キュンってきちゃうわね(*^_^*)

芸能界入りのきっかけは3才の時の

NHK名古屋放送局の公開ラジオ番組

「声くらべ腕くらべ子供音楽会」への

飛び入り出演。

家族で出かけたときにたまたま

「当日受付けあり」の看板を見た

母親がエントリー。

その結果、47人中ただ1人だけ

合格の鐘を鳴らすという快挙!!

その時のお写真がコチラ。

出典:https://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/

3才にして、この堂々とした風格!

肩幅に開いた足が

「歌い手」としての未来を

暗示しているかのようね~!!

超新星として瞬く間に噂となった

鷲津名津江(わしづなつえ)さんは

本格的なレッスンを受けるために上京。

この時に入学した学校が

「くるみ芸術学園」で、

この校名が芸名の

「小鳩くるみ」

由来になったんだとか。

たくさんの大人に混じって

愛されながら、その才能を開花した

小鳩くるみこと鷲津名津江さん。

1952年10月に、

日劇の「秋の踊り」で歌手として

若干4才最年少デビュー

果たされるのね。

そして、なんと1952年の

テレビ試験放送の番組

NHKテレビデビュー!!

色んな意味で

輝いておられるわ~(*^_^*)

スポンサーリンク

2.鷲津名都江(わしづなつえ)は初代うたのお姉さん!

天才子役としてブラウン管で

お茶の間の人気者になっていった

「小鳩くるみ」こと

鷲津名津江(わしづなつえ)さん。

テレビで初レギュラーとなったのが

1964年の幼児向け音楽教育番組、

「ドレミファ船長」

当時、高校生だった鷲津さんは

芸能活動と通学を並行して

頑張っておられたのね。

この「ドレミファ船長」が終了し

その後継番組として1966年に

スタートしたのが「なかよしリズム」!

この番組は当時としてはかなり実験的

チャレンジ的な番組だったみたい。

それまでの子ども向けの音楽番組からの

イメージチェンジを図った

「なかよしリズム」は、

大人と同じテンポやリズムで

音楽の楽しさを伝えようという

新しい挑戦だったみたい。

ノッポさんも話しておられたけれど

子どもは「小さい人」

「子どもだまし」ではダメなのね。

プロのダンサーを起用して

振り付けに4日間もの日数をかけて

作られたという「なかよしリズム」…。

今の「ムジカピッコリーノ」に通じるような

斬新な番組だったのみたい。

斎藤アリーナの歌声とルックスに釘付け!ムジカを卒業したアリーナの行方は?

ピッピ・ジュリオ・フローラ…ムジカ・ピッコリーノが新メンバーで新シリーズ!!ハッチェルもいるよ♪

その初代うたのお姉さんとして

6年間出演された鷲津名津江さん。

凄くたいへんなこともあったようだけど

同時に凄くやりがいも持たれていたようで

人生において大きな影響を頂いた、とも

話しておられるわ。

今の仕事のきっかけも

この時の経験があるようね。

その後は、あの超長寿番組

「おかあさんといっしょ」

1972年4月から1974年3月

うたのおねえさんとして出演!

出典:https://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/

ちなみに鷲津名津江さんこと

小鳩くるみさんは,

「なかよしリズム」では初代

うたのお姉さんだけれど、

「おかあさんといっしょ」では

10代目のうたのおねえさんとのこと。

その後も、テレビ朝日のワイドショー番組

「アフタヌーンショー」の司会や

NHKの「お達者ですか」、

「お達者クラブ」の司会…、

次にお話しする声優活動など

幅広い芸能活動をされていたのねー(*’ω’*)

スポンサーリンク

3.鷲津名都江(わしづなつえ)昔はアタックNo.1や白雪姫の声優も

出典:NAVERまとめ

NHKだけでなくワイドショーなど

その活動の幅を広げていった

小鳩くるみさん。

特に私たちアラフォー世代にとって

馴染みが深いのが

アニメ「アタックNo.1」のヒロイン

バレーボール少女・鮎原こずえね!!

出典:https://www.happyon.jp/

ちなみに、あの有名なオープニングテーマ

「♪苦しくったって~悲しくったって~」は

歌手の大杉久美子さんの歌が

起用されているんだけれど、

実は初回放送の第1~5話までは

小鳩くるみさんの歌が

使用されているんだとか!!(゚Д゚;)

主題歌のレコードは

レコード会社4社の競作となっていて

大杉久美子と小鳩くるみの

両バージョンがあるようよ。

ちなみにあの有名なセリフ

「だけど涙が出ちゃう、女の子だもん」

出典:https://renote.jp/

このセリフはすべて小鳩くるみこと

鷲津名津江さんらしいわ(>▽<)

さらにはディズニー映画「白雪姫」

ヒロイン・白雪姫の吹き替えの声も担当!

吹き替えにあたって

「台詞と歌唱を1つの人物に依頼したい」と

こだわりを持っていたディズニー社。

白羽の矢が立った小鳩くるみこと

鷲頭夏江さんの起用理由が

クラシックではない歌い方、

幼さが残る歌声が魅力的だった事

出典:Wikipedia

というから、本当に

オンリーワンの声の持ち主ねー。

現在、鷲津名津江さんは基本

「鷲津名津江」名義で仕事をされているけど、

唯一「白雪姫」の担当の時のみは

「小鳩くるみ」名義でされているようよ(*’ω’*)

スポンサーリンク

4.鷲津名都江(わしづなつえ)の今はマザーグース・児童文学研究者!今の写真も!

そんな鷲津名津江さん…

今回の爆報フライデーでの

登場が気になるところだけれど、

調べてみたところ現在のお仕事は

イギリス古来の童謡・マザーグースを中心とした

児童文学の研究者になっておられたわ!

そのきっかけの種は既に

「なかよしリズム」の時に

芽生えていたようで、

番組を行う中で段々と

幼児教育について自分自身が

しっかり学びたい…という気持ちに

なってこられたようなのね。

最初は英語学科に通っておられた鷲津名津江さん。

その当時の恩師から

「君は画面に出る仕事より

子供を教育する仕事の方が合っている。」

という言葉が後押しとなって教育学科に編入

幼稚園・小学校の教員免許も

取得されたよう。

この恩師の先生がまた素敵ね(T-T)

1985年4月に、

目白学園短期大学(現・目白大学短期大学部)

非常勤講師(英文科)に就任。

当時のレギュラー「お達者くらぶ」が

番組改編によって切れるのを機に

イギリス留学を決意した鷲津名津江さん。

1986年には

目白学園短期大学(現・目白大学短期大学部)

英文科助教授に就任して

マザーグースの研究を進め、

1986年9月から1990年には

イギリスに研究留学を行われたそう!!

詩と言葉が魅力的な

マザーグースの世界…

子どもの音楽番組をされていた

鷲津名津江さんにとって凄く

合っておられると思うけれど、

その道を究め、研究者になられるところまで

行かれるのがスゴいわね~(*’ω’*)

帰国後、芸能活動を再開することはなく、

教育・研究ひとすじの鷲津名津江さん。

強いて言えば2004年12月から

2005年1月までNHK教育の

「NHK人間講座」にて

専門のマザーグース研究の成果を

紹介する講義、

「ようこそ!マザーグースの世界へ」

テレビ出演をされているわ。

ちなみに2016年でのお姿写真がコチラ!

出典:https://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/

素敵な年齢の重ね方をされていることが

その柔和な笑顔から伺えるわね~!

そんな鷲津名津江さんが33年ぶりに

テレビに登場されるという

「爆報フライデー」!!

これは小さいころお世話になった

アラフォー世代としては

見逃せないところね~(>▽<)

まとめ

いかがだったかしら?

「小鳩くるみ」の名前で

天才子役の名前を欲しいままにし、

NHKの子供向け音楽番組

「なかよしリズム」や

「おかあさんといっしょ」で

活躍された鷲津名津江さん。

あの国民的アニメ

「アタックNO.1」の鮎原こずえや

アニメ「白雪姫」の吹き替えなどをされ、

その優しく心に残る声は

たくさんのアラフォー世代の

心の原風景の中に

今もしっかりと息づいているわね。

現在は若いころから心惹かれた

マザーグースなどの児童文学の

研究家として日々活動されている

鷲津名津江(わしづなつえ)さん。

そんな「小鳩くるみ」こと

鷲津名津江さんが33年ぶりのテレビ

「爆報THEフライデー」で

どんな姿を見せてくれるか、

今から楽しみなアフロです(*‘∀‘)

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする