りげんどうRe:gendo(西荻窪)メニュー価格は?石見銀山の群言堂が営む古民家カフェにハルさん登場!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

今日は2018.6.27 NHK Eテレ

23:00から放送の

【ふるカフェ系ハルさんの休日】より、

「Re:gedou(りげんどう)」

ご紹介したいと思います♪(・∀・)

出典:Re:gendoホームページ

スポンサーリンク

目次

  1. ハルさん登場の古民家カフェRe:gendo(リゲンドウ西荻窪)の店舗情報!
  2. Re:gendo(リゲンドウ西荻窪)を営む石見銀山の群言堂って?
  3. Re:gendo(リゲンドウ西荻窪)のメニュー価格調査!

1.ハルさん登場の古民家カフェRe:gendo(リゲンドウ西荻窪)の店舗情報!

東京のJR西荻窪駅南口から出て

2分という好立地、

マンションのビルが立ち並ぶ中

ひっそりとあるのが

昭和の香りが漂う佇まいをした

古民家カフェ

「Re:gendo(りげんどう)」

出典:Re:gendoホームページ

昭和初期に立てられた

築90年になる文化住宅古民家が

地域の職人さんの手によって

再生したというこのお店は

2011年9月にオープン!

出典:Retty

以来、口コミなどで人気となり

たくさんの人が訪れているわ。

経営されているのは島根の

石見銀山を拠点として活動する

群言堂(ぐんげんどう)さん。

「日本の暮らしの文化、美しさ」を

改めて見直し再発信し、

次の世代に伝えていく場所として

「りげんどう/Re:gendo」

創られたんだとか。

「Re」には、きっと

そのあたりの

願いがこもっているのね。

その願いを基盤として

「Re:gendo(りげんどう)」では

食事・カフェの提供だけでなく

器などの食器、机や椅子などの

インテリアや生活雑貨などなど、

空間全体を通して

自分たちの考える「暮らしの提案」を

発信されているわ。

出典:ちいきごと

時には「出汁取り教室」

「金継ぎによる器の修復」などの

ワークショップも通じて、

地域に、次世代に、

今をいきいきと楽しみながら、

古き良きものを活かし

新しい価値を提案する。

そして残すべきものは残していく。

出典:Re:gendoホームページ

そんな価値を伝えていく

素敵な活動をされているわ。

古民家のリノベーションも

そのポリシーの結果生まれた

美しい空間のよう。

歴史の積み重ねを感じながら

今を楽しむことが出来る

「Re:gendo(りげんどう)」。

ここでの滞在の時間は

心と身体に

たくさんの想いや元気を

与えてくれそうね!

Re:gendo(りげんどう)

住所:〒167-0054

東京都杉並区松庵3-38-20

(JR西荻窪駅南口より徒歩2分)

電話:03-5941-8664

営業時間:11時から18時

・お昼ごはん 11時から14時半(L.O.)

・箸間(あまいもの) 11時から17時(L.O)

定休日:火曜日(祝日は営業)

スポンサーリンク

3.Re:gendo(リゲンドウ西荻窪)を営む石見銀山の群言堂って?

築90年の古民家を利用して作られた

「Re:gedou(りげんどう)」を

運営するのは、

島根の石見銀山を拠点として活動する

「群言堂(ぐんげんどう)」。

出典:群言堂ホームページ

島根県大田市大森町の

メインストリートにある

群言堂本店の建物も、

築約150年の旧商家を

再生したものだとか。

群言堂さんにとっても

初めての古民家再生となった

群言堂本店の建物は

1989年に完成し

およそ300坪の敷地があるとのこと。

もともと「群言堂(ぐんげんどう)」は

1981年、「石見銀山生活文化研究所」の

会長・松場大吉さんと所長で妻の松場登美さんが、

実家がある島根県大森町に帰郷したことが

はじまりなんだとか。

そこから地元・大森に根ざし

大森の暮らしを伝える会社として

「石見銀山生活文化研究所」

1998年に設立。

ここから「群言堂」ブランドは派生し

「衣・食・住」の分野に渡って

古きを活かし、新しい価値を創造する

「復古創新」を会社のビジョンとして

理想の空間を作ってこられたとのこと。

出典:灯台もと暮らし

カフェ・レストランだけに

特化しているわけではなく、

そこには生活全体に渡って

「古き良きものの価値を再発見」

していきたいって想いが

あったのね(*^_^*)

「群言堂(ぐんげんどう)」さんは

そんな想いの元、

先に書いた「群言堂本店」

そして「Re:gendo(りげんどう)」のほか

石見銀山に咲く梅の花から発見された

自然酵母「梅花酵母」を配合した

スキンケア製品「MeDu(めづ)」や、

世界遺産・石見銀山にある

2つの武家屋敷を再生した宿泊施設

「暮らす宿(他郷阿部家と只今加藤家)」

展開されています。

これからの展開も

気になるところね~!(・▽・)

スポンサーリンク

3.Re:gendo(リゲンドウ西荻窪)のメニュー価格調査!

「Re:gendo(りげんどう)」の

大きな2つのメニューが

不定期に変わる

むすび膳1500円(税抜き)

出典:Re:gendoホームページ

にぎり野菜寿司膳1500円(税抜き)

出典:Re:gendoホームページ

むすび膳はメイン料理と

土鍋で炊いたおむすび。

にぎり野菜寿司膳は

季節の野菜寿司5貫。

そこにどちらも

季節の小鉢・お味噌汁と

自家製ぬか漬けが

ついてくるわ。

昔から病を治すことを

「手当て」と言い、

また、神仏に祈るにも

手のひらを合わせるように、

手のひらには巧妙なる力が

宿っているという思いから、

「むすび膳」と「にぎり膳」は

生まれました。

出典:Re:gendoホームページ

・・と、これまた「群言堂」さんの

想いがいっぱいつまってそうな

素敵なメニューね!

とても丁寧に作り込まれた

目にも心にも

そしてモチロン身体にも

良さそうなこの御膳。

島根の神様のパワーも

宿っていそうな気持ちに

なるわねー。

今月の箸間(あまいもの)も

月替わりで魅力的な

メニューが展開!

今のメニューを見ると

岩塩のミルクアイスパフェ600円(税抜き)

ほうじ茶プリン600円(税抜き)

個人的には和薬膳スイーツ

白きくらげと蓮の実の

ココナッツミルクプリン600円(税抜き)

気になるところね♪(・▽、・)

出典:Re:gendoホームページ

昭和の古民家で

古き良きものに囲まれながら頂く

「Re:gendo(りげんどう)」さんの

メニューの数々は、

懐かしい気持ちと共に

明日への元気を頂けそう!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

島根の石見銀山を拠点として

「古き良きものを今に

そして次世代に伝える」活動を

されている「群言堂(ぐんげんどう)」さんが

手がけた西荻窪の古民家カフェ

「Re:gendo(りげんどう)」。

普通に足を踏み入れても

素敵な空間であることは間違いないけれど

背景にある「群言堂」さんの想いを知って

入ってみると

また違った感動があるかもしれないわね。

新しい元号にもうすぐ変わるという

今の時代に、もう一度

「Re:gendo(りげんどう)」さんのような場所で

昭和の良さを再確認してみたいと

思ったアフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする