GOMA(ゴマ)脳機能障害の画家・ディジュリドゥ奏者の本名は?火の鳥作品や妻子も調査!【NHK・Reborn】

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ。

今日は2018.5.19 NHK Eテレで

23:00から放送の【NHK特集選】より、

記憶喪失の画家で

ディジュリドウ奏者の

GOMA(ゴマ)さんをご紹介したいと

思います♪(・∀・)

ゴマさん?

「きゅぅ?」

出典:Amazon

おっと間違い!

コチラですね!^_^;

プロフィール

出典:公式HP

GOMA(ゴマ)

本名:森本弘起

生年月日:1973年1月21日

出身地:大阪府

ディジュリドゥ奏者として

世界で活躍の最中、

事故にあい高次脳障害に。

そこから画家として開花した

GOMA(ゴマ)さんの

再生の物語が「Reborn」として

NHK特集選で放送されるの。

凄く気になるわね~!

その前に、GOMAさんの半生や

テレビでも取り上げられた

大作「火の鳥」などについて

調べてみたので、

良かったら見ていってね♪

スポンサーリンク

目次

  1. GOMA(ゴマ)の本名は?ディジュリドゥ奏者が事故に合うまで
  2. GOMA(ゴマ)が脳機能障害の画家として開花・再生!
  3. GOMA(ゴマ)の作品「火の鳥」や妻子を調査!

1.GOMA(ゴマ)の本名は?ディジュリドゥ奏者が事故に合うまで

GOMA(ゴマ)さんは

1973年大阪府出身。

本名は森本弘起さんとのこと。

1994年、HIP HOPダンサーとして

活躍していたときに

友人に誘われたダンスのワークショップで

運命の出会いを果たします。

それがコチラ!

出典:Amazon

オーストラリア先住民

アボリジニの金管楽器です。

昔、「ねこぢる」という漫画でも

描かれたことがあったんだよね-。

しかも、何故かアフロの妹が

持っていたんだよね~(*゜∀゜*)

「ぼぇ~♪」とか

ふかーい尺八みたいな

「木を通した音」が良くて

「無心」になれるような音。。

ちょっとした瞑想・トランス状態に

入っちゃうわよ。

瞑想といえばこちらも気になる!?

相川圭子(ヨガ・ヨグマタ)インドヒマラヤ聖者の瞑想マインドフルネス!サマディって?

世界最古の管楽器ともいわれていて

祝いの儀式や治療に使われていたんですって。

というイメージだったけど、

GOMA(ゴマ)さんの演奏を見ると

かなり独創的!

アフロビートを取り入れた

完全なオリジナルで、

血湧き肉躍る感じが

たまんないわ~!(*゜∀゜*)

そんなGOMA(ゴマ)さんは

1998年にオーストラリアの

アーネムランドにて開催された

バルンガディジュリドゥコンペティションで準優勝に!

ノンアボリジナル奏者として

初受賞という快挙!

着々と実績と活動を積んで

世界を視野に勢いにのっていた

2009年11月・・事故に

首都高で渋滞に巻き込まれ

停止していた所に

後続車が追突するという

交通事故に巻き込まれます。

命は取り留めたものの

高次脳機能障害と診断され

音楽活動は停止することに

なりました・・。

天国から地獄って

きっとこういうことを

言うんでしょうね(T^T)

しかも自分に過失がない分、

「神様、どうして!」って

気持ちになると思う。

特に「民族の魂」のような

音楽に触れているGOMAさんなら

尚更のことだったんじゃ

ないかしら?

でも、きっと

その後のことを考えると

これって本当に

「神様が与えた試練」

だったんじゃないかしら?

っていう気がするアフロです。

気になる続きに進むわね!

スポンサーリンク

2.GOMA(ゴマ)が脳機能障害の画家として開花・再生!

事故の衝撃から2日後

体調もまだ戻っていない

GOMA(ゴマ)さんは突然、

緻密な点描画を描き始めたのよ。

それはもう、

衝動的な渇望だったみたい。

家に帰ってきて、

たまたま置いてあった

娘さんの絵の具を見て、

それで突然描き始めたみたい。

その時は、絵の具は自分のもので、

自分のことを画家だと思っていたそうよ。

娘さんもビックリよね(゜Д゜;)

それがまた

まばゆい色彩と無数の点からなる

緻密な点描で描かれた

見ているだけで

変性意識に持っていかれそうな

モノ凄い作品なの!

「花」  出典:CINRA.net

脳に障害を負った人の中には

GOMAさんのように

今まで無かった数学や音楽の才能が

目覚める人もいるようね。

そのあたりのことを

今晩の放送では特集されるようなので

そちらもチェックしたいわね-!!

3.GOMA(ゴマ)の作品「火の鳥」や妻子を調査!

さて、そんなGOMA(ゴマ)さんが

テレビの特集でも描いていた大作

手塚治虫先生の「火の鳥」

こちらは作品として完成していて、

各地で個展も開かれているみたい。

出典:CINRA.net

「火の鳥」は皆さん

読んだことはあるかしら?

アフロには忘れられないシーンがあって

少しネタバレにもなるんだけど

火の鳥の正体は

全ての生命の集合体で、

生きとし生ける全ての命は

宇宙生命(コスモゾーン)になり

その中に飛び込んでいく・・という

絵が衝撃的だったの。

先の瞑想や宗教的なものの

大きな目的って結局

その命の本質みたいなモノに

気付き、感じることだと

個人的には思うんだけど、

GOMA(ゴマ)さんの絵には

見ているだけでそういうものに

触れるようなパワーを感じる

アフロです。

細かい点の一つ一つに

命の躍動を感じる…

それは絶対的で圧倒的な

「存在」そのもの。

命って凄い…

壮大な宇宙や自然に触れたような感動が

GOMA(ゴマ)さんの絵から受け取れるわ。

素敵よね~!

4月には大阪にも来ていたみたい!

残念・・見逃したー(T^T)

また巡回する情報を見ておきたいわね!

GOMA(ゴマ)さん、

こうして個展で各地を巡回したり、

2011年には音楽活動も再開!

講演会なども行い、

今は再び精力的な活動をされているけれど、

それを支えておられるのが

奥様と娘さん!

奥様は純恵さんと仰るようで

GOMA(ゴマ)さんの著作の中では

ところどころに純恵さんの日記も

挟まれている様子。

出典:Amazon

学生時代からの知り合いというお二人、

GOMA(ゴマ)さんの変化に

細やかに気付いてサポートしてくれる

奥様純恵さんの存在は

GOMA(ゴマ)さんにとって

無くてはならないもののようね。

大変だけど、

おふたりの絆には憧れるわ~!

娘さんの名前は分からなかったけど

GOMA(ゴマ)さんが復活するきっかけには

娘さんの言葉があったみたい。

絵を描くきっかけも

娘さんの絵の具だったし・・・

まさしく天使だったのねー!!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

事故で脳に高次機能障害を負いながら

物凄い緻密で美しい描写の絵で

たくさんの人を魅了し、

ディジュリドゥ奏者としての

活動も再開されたGOMA(ゴマ)さん。

スピリチュアルな言い方をするのは

どうかな~、とも思うけど

本当に神様に選ばれた、という感じの

人生を送っておられるわね(*^_^*)

画家としてディジュリドゥ奏者として

そして夫・父親として

GOMA(ゴマ)さんがこれから益々

その絵のように光輝いて幸せな時間を

過ごせると良いな、と思うアフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする