高見のっぽさん今はグラスホッパー?「できるかな」がゾンビでゴン太くんと復活!あの帽子姿が見れる!!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

子どもと一緒にEテレを見ていると

ホントに多種多様で彩り豊かに

なったなぁって感じる今日この頃。。

そんなアラフォー世代の人間にとって

忘れられないのが「できるかな」の

ノッポさんとゴンタくん(*’ω’*)

何気に最終回でノッポさんが

しゃべったのが一番衝撃だったけど…(^^;)

そんなノッポさんとゴン太くんが

なんとゾンビで復活!?

という驚きのニュースが入ってきたわ。

色々驚かせてくれるノッポさんこと

高見のっぽさんのプロフィールや

最近の活動を調べてみたので

良かったら一緒に見ていってね(*^_^*)

プロフィール

出典:https://style.nikkei.com/

高見のっぽ(ノッポさん)

本名:高見嘉明(たかみよしあき)

生年月日:1934年5月10日

出身地:京都府京都市

出身校:東京都立立川高等学校卒業

血液型:不明

スポンサーリンク
目次

  1. 高見のっぽ(ノッポさん)プロフィール!「できるかな」ができるまで!
  2. 高見のっぽ(ノッポさん)の今の活動は?「グラスホッパー物語」とは?
  3. 高見のっぽ(ノッポさん)が帽子姿でとゴン太くんがゾンビで復活!?

1.高見のっぽ(ノッポさん)プロフィール!「できるかな」ができるまで!

高見のっぽさんは1934年

5月10日生まれの84才…

まずは年齢にビックリねΣ(・ω・ノ)ノ!

京都府京都市右京区の太秦の

役者長屋に生まれたノッポさん。

本名は高見嘉明(たかみよしあき)と仰って

父である芸人・嘉一さん

(芸名・柳妻麗三郎(やなづま れいざぶろう))の

影響もあって、

芸で身を立てることを小さいころから

意識しておられたようね。

5人兄弟の4人目として生まれた

高見のっぽさんは4才からは

東京市向島区(現在の東京都墨田区)に。

戦争中の小学校4年の時には

岐阜県羽島郡笠松町に疎開して、

高校2年までこの地で過ごされているわ。

京都に戻ってからは、

東京都立立川高等学校に進み

そこを卒業されているわね。

もともとの芸名は高見映(たかみ・えい)で

最初はフレッド・アステアに憧れて

ダンサーとして芸能活動をされたノッポさん。

だけど、なかなかうまくいかず

自殺を考えたこともあるんだって…(・_・;)

のっぽさんの優しい穏やかな印象の裏にある

自分や芸事に厳しい様子が伺えるわね。。

30代半ばで出会ったのが

運命の役「ノッポさん」。

身長が181㎝の高見のっぽさんにとって

ぴったりのはまり役だったわねー!

NHK教育番組で放送されたとき

最初は「なにしてあそぼう」のタイトルで

スタートしたノッポさんの番組は

後に「できるかな」となり、

あの忘れられないテーマソングと共に

一躍子供たちの人気者に!!

何と言ってもノッポさんのあの

「しゃべらない」というスタイルが

凄く良かったと思うのね。

意思表示はジェスチャーだけの

そのスタイルは最終回の一回まで

24年間ずっと続けられたというから

凄いわね(・_・;)

ちなみに最終回で

「あーあ、しゃべっちゃった…」と

ノッポさんが子どもたちに向かって

話しかけるくだりは全てアドリブだったとか。

アフロは生ではなく

後に動画で見たことがあるけれど、

やっぱり物凄くショックだったわ(笑)

今も高見のっぽさんが話されている姿に

少し違和感を覚えてしまうあたり

幼少期のテレビの影響って

大きいなぁって感じるわね(;・∀・)

子どもを「子ども」ではなく

「小さい人」として対等に見ておられるのが

ノッポさんこと高見のっぽさんの素敵なところ。

その相手の年齢や立場にとらわれず、

まわりに敬意をはらう姿勢や優しい人柄は

今も多くの人に愛されているわね(*^_^*)

スポンサーリンク

2.高見のっぽ(ノッポさん)の今の活動は?「グラスホッパー物語」とは?

「できるかな」放送終了後は

絵本・児童文学作家として

活動してこられていた高見のっぽさん。

活動の中で50冊くらい作られているようね。

ちょうど「ノッポさん」で育った世代が

社会で活躍している今の時代、

根強い人気の「ノッポさん」の姿で

テレビ番組の企画やCMに登場することも

たびたびあったようね。

1997年には再びNHK教育で

「ノッポさんのパソコンとあそぼう」に出演。

ちなみに、この時はずっとおしゃべりが

あったようよ(・∀・)

「トリビアの泉」では

ガチャピン・ムックと一緒に

出演したことも!!

「サラリーマンNEO」や

「世界一受けたい授業」に

登場されたこともあるというから

見てみたかったわね~!!(T-T)

2005年12月からは

NHK「みんなのうた」で

初の短編ミュージカル映画形式の

「グラスホッパー物語」を披露されているわ。

このレトロな感じが郷愁を感じて

なんとも言い難い切なさと

美しさを感じるわね~。

もともとダンサーを目指していたという

高見のっぽさんのタップが眩しい

「グラスホッパー物語」

自ら脚本・作詞・歌唱・振付も手がけたという

この「グラスホッパー物語」は翌年DVD・CDをリリース。

71才で歌手デビューという快挙を果たしておられるわ!

映像的にも素敵よね♪

この作品は海外の映像祭でも

高い評価を得たようで、

文化庁メディア芸術祭を受賞!!

翌年には紅白にも出場し、

幼児・児童教育の分野を中心とする

長年の功績が称えられて、

第58回放送文化賞を受賞されているわ。

実は芸名はその時まで「高見映」だったよう。

この「グラスホッパー物語」を機に

ついに芸名を「高見のっぽ」

「ノッポさん」にしたというから意外ね。

2007年4月にはその続編となる

「ハーイ!グラスホッパー」を

NHK「みんなのうた」で発表。

運が良ければ今も再放送の

「みんなのうた」で

見たり聞いたりできるかも!?

その活動はとどまることを知らず

2010年には

「森永ホットケーキミックス」の

イメージキャラクターを、

2013年は自身が演出・選曲するひとり芝居

「ノッポさんの宮沢賢治〜ぼくは賢治さんが大好き」

公演を行うなど、

年齢を感じさせないパフォーマンスで

今もたくさんの人々を楽しませて

おられるわね(・∀・)

スポンサーリンク

3.高見のっぽ(ノッポさん)が帽子姿でとゴン太くんがゾンビで復活!?

さて、そんな子どもたちの

みんなの「ノッポさん」と「ゴン太くん」が

29年ぶりにまさかの「ゾンビ」で復活!?

(画像クリックでYouTubeリンクに飛びます)

これは1月19日23:30より放送開始の

テレビドラマ

「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」の

番組宣伝だったみたい。

物語は、地方都市で大量発生したゾンビに

立ち向かうアラサー女子(石橋菜津美)を描く

ブラックコメディーらしいわ。

大人になっても反応してしまう

「できるかな」のあのテーマソングが

ホラーテイストに見事にアレンジされていて、

思わず見入ってしまったわ(;・∀・)

「できるかな」って何をしてるん!?(゚Д゚;)

と思わずツッコんでしまいそうな

遊び心満載のNHKさん…やるわね!!

次々と墓場から蘇っていくゾンビたちと

ノッポさん自身もゾンビメイクで変身し

84歳とは思えない軽快な

ラインダンスを披露!!

そして動画の最後には

「(ドラマに)ノッポさんも出演!?」

とあるのが、また気になるところ。

やってくれるわね、NHKさん!!

この番組、ノッポさんのCMと合わせて

めっちゃ気になるところね(・∀・;)

まとめ

いかがだったかしら?

昭和時代のNHK教育番組の

代名詞ともいえる「できるかな」。

そこで多くの人を惹きつけた

ノッポさんこと高見のっぽさんと

ゴン太くんの最強コンビ!!

サイレントムービーのような

素敵な空間の演出は

今、大人になった「できるかな」世代の

心にもしっかりと残っているわね。

その後「グラスホッパー物語」など

年齢を感じさせない活動を

幅広く行っておられる高見のっぽさんが

ゴン太くんとゾンビでまさかの復活!?

ゾンビでもやっぱり、

あの曲を聞くと嬉しくなっちゃう

アフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする