グレーテルのかまどのしろくまレシピ!浅田次郎も愛した鹿児島の店やカフェも!

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ。

暑くなってきたわね~!

「ひんやり」したものが

食べたくなるわね♪

これからの季節

かき氷なんて最高ねッ!

ほうせき箱(奈良市)のエスプーマかき氷が拡大移転!冬でも行列の人気メニューは?

Cafe饗茶庵(きょうちゃあん・栃木県)にハルさんが!人気メニューのオムカレーやかき氷、鹿沼組子を調査!

そんな視聴者の心を反映してか

次回の「グレーテルのかまど」で

ヘンゼルが挑戦するのは

なんと鹿児島の贅沢かき氷

「しろくま」!!

え?あの「しろくま」!?

家で作れるの!?

と、ちょっとビックリ!!

さらに意外だったのが文豪

浅田次郎さんの逸話。

「(生)しろくま」に

会いたくて会いたくて

鹿児島の取材旅行で

チャレンジするものの

結果は・・・!?

そのあたりを調べてみたので

良かったら一緒に見ていってね♪

スポンサーリンク
目次

  1. 鹿児島名物「しろくま」!店やカフェを調査
  2. 「しろくま」に魅了された直木賞作家・浅田次郎の意外な素顔
  3. グレーテルのかまどで「しろくま」レシピ!

1.鹿児島名物「しろくま」!店やカフェを調査

鹿児島名物「しろくま」は

言わずと知れた鹿児島県の銘菓のひとつ。

氷菓・アイスクリームを総称して

「しろくま」というみたい。

そのラインナップは

飲食店で提供されている

ガラスの器に盛られた形を始め、

持ち帰り用にカップに入れて

販売されたり、

カップ入り氷菓や

バー状のアイスミルクなど

色んな形が展開されているわね!

一番有名な器に盛られたものは

かき氷の上に果物や練乳、

小豆あんをのせたもの。

「しろくま」の由来は色々あるけれど

かけた練乳の缶に「シロクマ」の絵が

書かれていたから・・・という説と、

見た目が「シロクマ」に見えたから

という説があるみたい。

出典:食べログ

個人的には「見た目」を

押したいアフロよ(・▽・)

鹿児島に行くと色んなところで

「しろくま」に出会えるけれど、

やっぱり外せないのは

「天文館むじゃき」!!

出典:食べログ

うーむ、素晴らしい外観!

入り口から「しろくま」一色!!

1946年大衆食堂「無邪気」として

久保武氏の手で開店した「むじゃき」。

「天文館むじゃき」は

JR鹿児島中央駅から路面電車に乗って

10分ほどの天文館通にあるわ。

創始者の久保武氏が考案したとされる

初期の「しろくま」がこんな感じ。

出典:天文館むじゃき

たしかに「しろくま」ね♪(o゜▽゜)o

当時から比べると

本当に進化したわね~!!

「プリン白熊」

出典:天文館むじゃき

現在は上のようなプリンや

ヨーグルトをのせたものも含め、

多種多様な「しろくまかき氷」が展開。

夏場は特に行列することも。

アフロファミリーも1度

ここで食べたことがあるけれど

まず種類の多さに目移りしたわ。

そして量!

それぞれのかき氷に

「レギュラー」と「ベビー」があるけれど

「レギュラー」は、ほぼ2人前の量!!

普通に食べるなら

「ベビー」で十分よ^_^;

天文館むじゃき

住所:鹿児島市千日町5-8

電話番号:099-222-6904

営業時間:11:00 – 22:00

それ以外の店舗としては

「SANDECO COFFEE的白熊」500円の

可愛い白くまくんから目が離せない

「数学カフェ」と呼ばれる

「サンデコ珈琲」。

出典:食べログ

こちらは普通の練乳の

「王道シロップ」のほかに

シナモンやカルダモンといった

スパイスがアクセントの

「大人シロップ」があるのが魅力!

そして仕上げのエスプレッソがけが

また別次元の味へと誘い

たまらないようなの・・(゜▽,゜)

SANDECO COFFEE 数学カフェ

住所:鹿児島県鹿児島市名山町4−1

電話番号:099-213-2533

あと気になったのは

「しろくま」ならぬ

マンゴーたっぷりの

「黄くま」が目を引く

「カフェ彼女の家」

出典:食べログ

カフェ彼女の家

住所:鹿児島市東千石町8-18地下1F

電話番号:099-223-2888

営業時間:11:00 – 24:00

・・・色んな「しろくま」が

あったものねー!!

ちなみに南九州のスーパーや

駄菓子屋で良く見かける

「南国白くま」は

鹿児島市にあるセイカ食品のもので、

「九州名物」と書かれた

カップ詰め「白くま」は

福岡県久留米市の丸永製菓の

ものらしいわ。

さらに

セブンイレブンを中心とした

カップ詰め「白くま」は

福岡県朝倉市のセリア・ロイルという

会社のものだそう。

「しろくま」・・・密かに

品種が多すぎてビックリよ^_^;

スポンサーリンク

2.「しろくま」に魅了された直木賞作家・浅田次郎の意外な素顔

そんな「しろくま」に密かに

魅了されていたのが

「鉄道員」を始めとする

たくさんの名作を書かれた

直木賞作家・浅田次郎さん。

現代小説では

「平成の泣かせ屋」の異名も持ち

人情味あふれる作風が魅力だけど、

もうひとつの通の間で

魅力となっているのが

そのエッセイ。

自身の日常をコミカルに

時に自嘲的に書いた作品は

思わず吹き出しながら

日々の生きる喜びを感じ

楽しめるみたい。

その中でも人気なのが

JALの機内誌「スカイワード」で

連載されているエッセイ

「つばさよつばさ」から生まれた

「アイム・ファイン!」

出典:Amazon

ひとつひとつが

3から4ページという

小品ながらも珠玉の40編!!

今回の「グレーテルのかまど」で

取り上げられる

「しろくま食べたい事件」も

この中に「しろくま奇譚」として

収載されているわ!

結果から言うと、

その時は食べ損ねたみたいね。

でも、諦めきれない浅田さん、

後日、再チャレンジして

ついに念願の「しろくま」を

食べられたみたい!!

(「続・しろくま奇譚」)

その感動は・・

たいそうすこぶる

チョーメッチャうまかった

出典:竜宮城と七夕さま/浅田次郎

人ごとながら

なんかホンマに良かったわ^_^;

意外とね、人としては

「ちょっとあかん感じ」(笑)。

エッセイではそこんとこを

おもしろおかしく、

でもそれだけでは終わらず、

流れるような読ませる文章で

書かれていて、

読んだ後はそのユーモア&教養で

満たされた気分になりそう。

ちなみにそんな

人間・浅田次郎さんを楽しむのに

個人的に好きなのは

「民子」っていう絵本。

出典:Amazon

猫好きも、そうでない人も

油断すると涙が止まらない

アフロオススメの一冊よー( ・∀・)ノシ

スポンサーリンク

3.グレーテルのかまどで「しろくま」レシピ!

さて、そんな浅田次郎さんをも

魅了したという鹿児島の「しろくま」。

あの美しく贅沢なかき氷を

おうちでも再現できるなんて・・・と

ウキウキしていたら、

そのレシピがなんと

「天文館むじゃき」HP

載っていたわー!!

その作り方は…

1.器にフルーツや白豆を入れる

2.専用の氷削機で純氷を削り、器いっぱいになるまで盛る

(出来るだけきめ細かくふんわりと・・・)

3.秘伝の自家製ミルク、蜜をまんべんなくかける

4.チェリー・レーズン・みかん・桃など 色々なフルーツをトッピングしたら完成!

「専用の氷削機」「純氷」「秘伝ミルク」

と、このあたりはハードルが高そうだけど、

完全な再現性を求めなければ

そこそこ「しろくま」なかき氷が

出来そう!!?

もしかしたら、今度の

「グレーテルのかまど」で

そのあたりの対応策も

教えてもらえるかも♪

→ヘンゼル、練乳ソースから

作っていたわね-!!

白を重ねた

手作りの練乳ソースがが美味しそう♪

蜜漬け十六寸豆がまた

味・食感のポイントになりそうね。

暑い夏に備えて、

今回の「しろくまレシピ」は

必見ね~!(・▽・)

「グレーテルのかまど『浅田次郎のしろくま』」レシピ

まとめ

いかがだったかしら?

じんわりと湿度高めの暑さが

心と身体を消耗していく

7月の到来・・・そこに

目に心に涼を与えてくれる

素敵なかき氷!

鹿児島の銘菓「しろくま」。

浅田次郎さんとの関係が意外だったけど、

「しろくま」を求めて奔走する

浅田さんを想像すると

ちょっとほっこりするわね。

調べてみると多種多様な

「しろくま」の生息が確認できて、

浅田次郎さんと同じく

鹿児島に足を

伸ばしたくなってきたアフロよ。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする