仲野徹がヘウレーカでエピジェネティクス(遺伝と環境)を紐解く!本庶佑弟子の著書「こわ病」「あま病」もスゴい!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

子どもを育てていると日々見えてくる

血の絆…遺伝。

大体似てほしくないところに限って

似てくるものなのよね~( ̄▽ ̄;)

子どもの成長には遺伝因子と環境要因、

その両方が大きく関わってくるけれど

そこを分かりやすく面白く

紹介してくださいそうなのが、

今回の「又吉直樹のヘウレーカ」

登場する大阪大学教授で

あのノーベル賞の本庶佑先生の弟子でもある

仲野徹(なかのとおる)さん。

今回はそんな仲野徹さんについて

調べてみたので、良かったら

一緒に見ていってね。

プロフィール

出典:http://www.fbs.osaka-u.ac.jp

仲野徹(なかの・とおる)

生年月日:1957年3月14日

出身地:大阪府

出身校:大阪大学医学部

スポンサーリンク
目次

  1. 仲野徹プロフィール
  2. 仲野徹は本庶佑の弟子!その専門「エピジェネティクス」って?
  3. 仲野徹の著書「こわ病」「あま病」が面白い
  4. 仲野徹がヘウレーカで又吉直樹と遺伝と環境を紐解く!

1.仲野徹プロフィール

1957年生まれの仲野徹さんは

自身を「主婦の店ダイエー」と

同じ年・同じ町に生まれたとのこと。

それが大阪市旭区千林。

千林商店街は何度か足を運んだことが

あるんだけれど、

今も昔ながらの情緒あふれる

素敵な商店街です♪(*’ω’*)

大阪府立大手前高等学校卒業後、

大阪大学医学部に進学した

仲野徹さんは内科医から研究職へ。

ヨーロッパ分子生物学研究所(EMBL)

客員研究員や

京都大学医学部助手・講師などを経て、

現在は大阪大学大学院

生命機能研究科および

医学系研究科の教授をされているとのこと。

もの凄く頭の良い方なのね。

でも、仲野徹先生の良いところは

そのキャラクターが生粋の関西人らしく

面白いところ!!

その人柄から色んな人たちから

慕われている様子が伺えるわね。

現在の専門は仲間徹先生曰く

いろんな細胞がどうやってできてくるのだろうか

教えておられるのは「病理学」のほかに

「時空生物学」というのがあって

その名前からして気になるところね(*’ω’*)

本を読むことが大好きなようで

ノンフィクションや伝記は大好物。

好きすぎて専門誌に

「なかのとおるの生命科学者の伝記を読む」を

連載したことがきっかけで

HONZに参加されておられる模様。

HONZでは仲野徹先生による

たくさんの本の紹介や感想が、

とても読みやすい軽妙なタッチで

綴られているわよ(*’ω’*)

お忙しいそうなのに…いったいいつ

あれだけの本を読んでおられるんだろう?

ってビックリする更新頻度(笑)

現在の(永遠の)課題は

  • 書籍購入費の抑制
  • 仕事と飲酒と読書のバランスとれた鼎立

と仰る仲野徹先生(笑)

今回は又吉直樹さんと

どんなかけあいを魅せてくれるか

楽しみね~!!(・∀・)

スポンサーリンク

2.仲野徹は本庶佑の弟子!その専門「エピジェネティクス」って!?

そんな仲野徹先生は

京都大学で助手をしていたとき

師匠であったのが、あのノーベル賞の

本庶佑(ほんじょたすく)先生!!

やっぱりすごい人は、すごい人と

引き合うようになっているのね~!!

さぞかし凄い成果を

挙げられたこと…と思いきや

本所庶先生の研究室に入ってから

すぐにテーマが探せず悶々としていたとのこと。

ようやく見つけたと思ったら

今度はしこたま道をさ迷い、

ついにはうつに…!!(゚Д゚;)

涙を流し、酒をくらい、

七転び八起きの時代を越えて

這い上がってきた仲野徹先生は

ES細胞で世界的な業績

挙げることができたのね!!(T-T)

3年がかりの実験が成功したとき

喜んだ仲野徹先生はなんと

自転車で京都大学の構内を

ぐるぐるしたというらしいわ。

まさしく「ヘウレーカ」!!

そのチャーミングなところも

凄く惹かれるわね~(*‘∀‘)

すごく人間臭いところのある仲野徹先生は、

本当に有名大学教授…?なんて

思われることもありそうだけれど、

その研究実績や頭脳はピカいち。

今回の「ヘウレーカ」でも取り上げられる

エピジェネティクスについては

こんな本も出しておられるけれど

出典:Amazon

内容はかなり難解のようね(;・∀・)

本の内容紹介は

以下のとおり。

ゲノム中心の生命観を変える、

生物科学の新しい概念

「エピジェネティクス」。

遺伝の影響でもない。

DNAの突然変異でもない。

分子レベルのごくわずかな化学的変化が、

目をみはる不可思議な現象を引き起こす。

自然の妙技と生命の神秘。

世界中のサイエンティストが熱い視線を注ぐ、

いま一番ホットな話題を楽しく語る。

レビューではこんな説明も…。

エピジェネティクスはDNAの

塩基配列の変化をともなわずに、

染色体における変化によって生じ、

安定的に受け継がれうる表現型。

出典:https://bookmeter.com/books/8073627

…この段階で、ちょっと

追いつけなくなっているわ‥(・ω・;)

どうやら不変と思われていた遺伝子ゲノム、

これだけで「個体」の性格・特徴が

決まるわけではなく、

後天的に環境因子によって変化した

遺伝子もその人を作り上げる上で

大きな影響を与える…といった

ところかしら?

環境や生活習慣で

遺伝子発現が変わってくるのは

子育て中の身としては気になるところ!

きっとNHK放送ではもっと

詳しく分かりやすく教えてくれそうなので

是非チェックしてみてね(*’ω’*)

スポンサーリンク

3.仲野徹の著書「こわ病」「あま病」が面白い!

そんな阪大医学部で教鞭を取る

仲野徹先生が一般に向けて書かれた本が

最近人気でベストセラーになっている模様!!

【こわいもの知らずの病理学講義】

出典:Amazon

略して「こわ病」と…

【(あまり)病気をしない暮らし】

出典:Amazon

(あまり)というのがミソね(*^^*)

長年、有名大学で講義をされてきた

仲野徹先生が、その経験を活かし

わかりやすく面白く解説した

「病気のメカニズム」を伝える本。

「こわ病」&「あま病」!!

自分の体の中で起こっていることを

知ることは、病気を予防する

第一歩になるという仲野先生の想いが、

その軽妙な語り口ですんなり入ってくる

珠玉の2冊!!

関西人らしいノリがまた

「クスリ」と効きそう!!

こちらも是非手に取って

見てみてね(・∀・)ノシ

スポンサーリンク

4.仲野徹がヘウレーカで又吉直樹と遺伝と環境を紐解く!

さてそんな素敵な浪速の教授

仲野徹先生が、

今回の「又吉直樹のヘウレーカ」に登場!!

「もし親が走るのが速くても、

子が必ずしもそうなるとは限らない」

という仲野先生の言葉は、

逆に親として足が速くない

アフロにとっては勇気づけられるところ!?

先に書いたエピジェネティクス

メカニズムも含めて

ちょっと気になるわ。

遺伝的な要素が受け継がれたとしても、

環境で変わっていく部分…

エピジェネティクス。

それを、どう生きていく中で

活かしていくか…今日は

仲野先生の授業を受けたいところ。

要チェックね!!

まとめ

いかがだったかしら?

本所庶先生の弟子でもあり

大阪大学医学部で生命科学者として

活躍するチャーミングな教授・仲野徹先生。

エピジェネティクスという

舌を噛みそうな

読むのも理解するのも難しそうな

遺伝子と環境の謎を、

今回の「又吉直樹のヘウレーカ」では

おもしろおかしく実験を兼ねて

教えて下さりそうでとても楽しみ(*^^*)

仲野徹節か光る著書

「こわいもの知らずの病理学講義」

「(あまり)病気をしない暮らし」

と合わせて、

有名大学医学部の一端に触れる機会に

ウキウキしながら、

楽しく元気な生活のために

お勉強も少ししようかなぁって思う

アフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする