村山由佳ともみじがNHKネコメンタリー「猫も杓子も」に!かわいくて泣ける書籍も!!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

作家と猫って

なんて相性が良いんでしょうね~!!

夏目漱石先生の名前の無い猫に始まり、

内田百閒先生の「ノラ」から

浅田次郎先生の「民子」まで…

グレーテルのかまどのしろくまレシピ!浅田次郎も愛した鹿児島の店やカフェも!

インスピレーションの源となる

愛すべき生き物…それが猫!!

今回のNHKネコメンタリー

「猫も杓子も。特別編」に登場するのは

今をトキメク女流作家・村山由佳さんの

愛猫にして戦友の「もみじ」

猫好きもそうでない人も

多くの人が涙なしでは見られないであろう

今回のネコメンタリー

「村山由佳ともみじ

軽井沢の日々よ 永遠に」

そんな村山由佳さんと、もみじちゃんについて

今回は調べてみたので

良かったら一緒に見ていってね(=^・^=)

出典:https://twitter.com/yukamurayama710

スポンサーリンク
目次

  1. 村山由佳(作家)プロフィール
  2. 村山由佳(作家)ともみじ、そして愛猫たちがNHKネコメンタリー「猫も杓子も」に!
  3. 村山由佳(作家)の愛猫もみじがかわいくて泣ける!!書籍も登場!

1.村山由佳(作家)プロフィール

出典:http://hbweb.jp/momiji/

村山由佳さんは1964年7月10日生まれ。

東京で生まれた村山さんは

立教女学院小・中・高とエスカレーター進学し

立教大学文学部日本文学科を卒業。

卒業後は不動産会社勤務、塾講師などの

職を経た後に作家デビュー。

2003年には「星々の舟」

第129回直木賞を受賞されているわ。

出典:Amazon

ちなみに、うちのムッシュは

「天使の卵-エンジェルス・エッグ」

「おいしいコーヒーのいれ方」

好きなんだけれど、これらは

NHK-FMの青春アドベンチャーで

放送されていたことが

きっかけだったみたい。

映画化の話も何度かあったようだけど、

村山さんが描く魅力的なヒロインを

誰が演じるか…というところが

ハードルが高くて厳しいという噂も。

人選によってはアツいファンの

怒りを買ってしまいそうだしね。

私生活では2度の結婚と

2度の離婚を経験されている村山由佳さん。

最初の旦那さんは、

どうやらモラハラ男だった様子…(-ω-;)

門限が夜の9時とか、作品を全否定とか。。

もともと村山由佳さんの最初の読者として

無名の頃から支えていた元旦那さん。

でも、村山由佳さんが売れるに連れて

段々意見が分かれてきたみたい。

…ちょっと嫉妬もあったんじゃないかしら?

飛躍する村山由佳さんを受け止めるだけの

器を持てなかったのかも…残念ね。

そんな元旦那さんに

インスピレーションを受けたのが(!?)

「ダブル・ファンタジー」

出典:Amazon

この作品で村山由佳さんは

中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、

柴田錬三郎賞を受賞されているわ!!

人生の全てが執筆の糧…

まさに作家の鑑ね…!!(;・∀・)

こうして2007年に離婚

村山由佳さんはその頃、千葉県鴨川市の

「風が吹き渡る丘の上のログハウス」で

暮らしておられたんだけれど、

東京のマンションに引っ越し。。

その2年後の2009年には

小説家志望でバーテン等の水商売をしていた

9才年下の男性と再婚されるんだけれど、

この男性がまた結婚後に村山さんの

事務所社長となりヒモ状態に(;・∀・)

しかも、女性関係や金銭トラブルなどの問題が

次々と起こり、結果的に2014年に再び離婚。。

いやぁ…波乱万丈な人生を

送ってこられているわね~。。( ̄▽ ̄;)

そんな人生が作品にも大きな影響を与えたのか

初期のピュアな「おいしいコーヒーの入れ方」

通称「おいコ」は、途中から作風が変わり

期待される続編が現在全く出ていない…と

ウチのムッシュは嘆いております( ノД`)シクシク…

ちなみに今は結婚はされていないものの

「背の君」として村山さんのSNSに登場する

邦士くにおさんがパートナーとして

傍におられる模様。

もみじが唯一「父ちゃん」と認めた

村山さんの幼馴染でもある邦士さん。

見ていると、お互いとても良い距離感(*’ω’*)

そして、その二人の間に存在する

「猫」たちがまた素敵なのね。

現在の村山由佳さんが居を構える

軽井沢を舞台に、

猫たちと村山由佳さんの

美しい日々を切り取ったNHKドキュメンタリー

…もといネコメンタリー「猫も杓子も。」

これはとても楽しみね!!

スポンサーリンク

2.村山由佳(作家)のもみじ、そして愛猫たちがNHKネコメンタリー「猫も杓子も」に!

そんな村山由佳さんと猫たちの

軽井沢での愛おしい日々を

ドキュメンタリー形式で送るのが

NHKネコメンタリー

猫も、杓子(しゃくし)も。特別編

「村山由佳ともみじ 軽井沢の日々よ 永遠に」

2018年9月1日にBSプレミアムで放送され

たくさんの人々の涙腺を崩壊させた

この名作が、ついに地上波Eテレで

2019年2月16日(土) 午後4時から登場!!

これは見逃せないわね~!!

登場する村山由佳さんの猫たちを

ご紹介すると、まずはやっぱり

三毛猫で永遠のセブンティーン、

今回の主人公でもある「もみじ」

そして、

メインクーンの雄猫・銀次(10才)に

黒のハチワレ雄猫・サスケ(3才)。

さらにおてんば娘の(3才)に

正確に若干難ありの貴公子・青磁(9才)。

これでもか!ってくらい

個性的な猫たちが織り成す

美しく愛しい日々。。

その中でも、最年長・もみじ

最初の結婚で暮らした房総・鴨川で誕生し、

離婚の時も村山由佳さんに引き取られ

その傍でいつも寄り添って見守ってきた

いわば「戦友」!!

しかし、2017年の6月に

口内の左奥上部に

「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」

があることが判明。

その時に3か月の余命宣告を受けるのね..

同じ場所に転移を繰り返しやすいこの病…

口の中の腫瘤切除手術を何回も行ったという

もみじちゃん…(T-T)。

本人(本猫)も辛かったと思うけれど

見ている村山さんの方も辛かったでしょうね。。

村山由佳さんはじめ

たくさんの人々に愛されたもみじちゃんは

2018年3月22日に

虹の橋を渡っていったとのこと。

ペットの方が先に死んでしまうのは

運命とは言え、

「その時」を迎える時は

いくら覚悟を決めていても辛いもの。。

猫を飼った経験がある人なら

誰もが感じたあの痛み…

だけど、同時に一瞬一瞬が輝いていて

命の愛おしさに胸がいっぱいになるのね。

60分という短い時間に凝縮された

村山由佳さんと、もみじちゃん、

そして愛しい猫たちの美しい日々…。

それに触れることで、きっとまた

明日から…いや、今から

この命を大切に生きようって

思わせてくれそうね。

村山由佳さんの愛猫もみじの本
「猫がいなけりゃ息もできない」や
「もみじの言いぶん」については
次のページへ続きます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする