洞口依子・子宮頸がんからリンパ浮腫の闘病生活を爆報フライデーで!夫や著書の子宮会議も!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

先日、友人との会話で話題になったのが

「子宮頸がん予防ワクチン」

娘さんに受けさせようか、って

凄く迷ってらっしゃったのね。

子宮頸がんのワクチンは性交渉経験前に

摂取することで、とても有効だと言われているけれど、

副作用が大々的に報道されたことで

日本では積極的に打たなくなり

それが「ワクチン後進国」として問題にも

なっているわね。

親としては、ちょっとでも副作用のリスクがあるなら

避けたいという気持ちもわかるし、

打つことでリスクが減るワクチンを

打たない選択をすることで後悔しないかって

悩む気持ちもわかるだけに、辛いところ。

年々増加している子宮頸がんの罹患者。

カミングアウトされている有名人も多いわね。

尾崎亜衣が子宮頚がん!双子姉妹由衣との明暗が爆報フライデーに。彼氏と結婚は!?

古村拳人(けんと)比呂親子のがん闘病がノンフィクションに!その後や父の布施博は!?

ワクチンの怖さも大切だけど、

子宮頸がんの実情もしっかりと見ておきたいところ。

今回の爆報THEフライデーでは

人気実力派女優として活躍されていた

洞口依子(どうぐちよりこ)さんが

その闘病生活を語って下さるとか。

そんな洞口依子さんについて

今回は調べてみたので

良かったら一緒に見ていってね。

プロフィール

出典:https://hc.nikkan-gendai.com/

洞口依子(どうぐち・よりこ)

本名:葛西依子

生年月日:1965年3月18日

出身地:東京都武蔵野市

血液型:A型

所属事務所:テアトル・ド・ポッシュ

スポンサーリンク
目次

  1. 洞口依子(どうぐちよりこ)プロフィール
  2. 洞口依子(どうぐちよりこ)の夫は?
  3. 洞口依子(どうぐちよりこ)子宮頸がん・リンパ浮腫の闘病生活が爆報フライデーで!
  4. 洞口依子(どうぐちよりこ)著書「子宮会議」

1.洞口依子(どうぐちよりこ)プロフィール!

洞口依子(どうぐちよりこ)さんは

1965年東京都生まれ。

間もなく54才を迎えられるところね。

小さいころから妄想癖があったという

洞口依子さん(笑)

自分を表現したい…という欲求がずっとあり

それが今のお仕事に繋がっておられるようね。

意外にも家庭での教育は厳しかったみたい。

対人関係が苦手で、学校に行くのも嫌だったという

洞口依子さんの転機は高校生のとき。

あの写真家・篠山紀信さんの

スタイリストさんが経営していた喫茶店で

アルバイトをしたことで

芸術や文化活動に魅かれていったみたい。

自身もチューインガムの包装紙で

ブックカバーを作ったりしたんだとか。

溢れる想いが彼女を動かしたのねー。

そんな洞口依子さんの姿が

篠山紀信さんの目にとまり

「激写シリーズ」で女優としてデビュー!!

ついに憧れの自己表現の場を手に入れると共に、

「もっと上手に表現したい」という葛藤を

常に胸に抱いて、実力派女優として

一歩ずつ大きく成長されてこられたよう。

ある意味、凄くストイックな方だったのね。

1985年には黒澤清監督の映画

「ドレミファ娘の血が騒ぐ」

ヒロインデビュー!

出典:Amazon

19才にしてヌードも辞さないというのが

本格派女優らしいわねー(;・∀・)

「好きな映画はゴダール」と言って

黒澤監督に即採用されたというから

色んな意味で伝説ね。

そこから映画で共演した

伊丹十三監督作品の映画や

「愛という名のもとに」

「ふぞろいの林檎たちIV」といった

人気度ドラマに出演し

知名度も人気も更にアップ!

こうして人気実力派女優として

着実に成長されていた洞口さんだけど

2004年にに子宮頸がんが分かり

闘病生活に入られることに。

ストイックに女優の道を究めようと

進んでおられた洞口さんにとって、

病気も闘病生活もきっと

本当に辛かったことでしょうね…(T-T)

スポンサーリンク

2.洞口依子(どうぐちよりこ)の夫は?

そんな洞口依子さんを支えたのが

1997年に結婚された今の旦那様

NHKのディレクターをされていた男性と

結婚された洞口依子さんは

「いつか彼の子どもを産みたい」

心から願っていたそう。

だけど子宮頸がんが発覚したとき

既に病気は進行していて

子宮と卵巣の全摘出が必要だったとのこと。。

愛する人との子どもをあきらめる…

本当に苦しい決断だったことでしょうね。

8時間に及ぶ手術は成功したものの

リンパ節への転移が見つかり、

放射線と抗がん剤による過酷な闘病生活へ。

この時はホルモンバランスの崩れによって

体重が大幅に増えたんだとか。

女優として活躍されていた洞口さんにとって

その経過のひとつひとつが

イバラの道だったんじゃないかしら(-_-;)

更年期障害も重なり、

精神的に不安定となり、

一時は自殺も考えたという洞口依子さん。。

離婚を提案するも、それを固辞した旦那さんは、

いつも笑顔で洞口さんを支え続けたんだとか。

…なかなか出来ることじゃないわね(´;ω;`)

悩んだ二人がたどり着いたのが

大好きな沖縄での療養生活。

広がる海に囲まれ、水平線を眺める日々の中で

「私という存在は、子宮を失っても、

子供を産めなくても女なのだ」

今の自分を受け入れ受け止める気持ちに

なれたという洞口依子さんは、

その後、女優としてカムバック!

2017年にはマーティン・スコセッシ監督の映画

「沈黙-サイレンス-」にも出演し、

ハリウッドデビューも

果たされているというから凄いわね!!

諦めない限り道はある…

そんなメッセージをその生き方で

伝えてくれる洞口さんは

本当に生まれながらの

表現者だと思ったアフロよ(*’ω’*)

洞口依子(どうぐちよりこ)さんが爆報フライデーで語る
子宮頸がんやリンパ浮腫、過酷な闘病生活を赤裸々に語った
「子宮会議」については次のページへ進みます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする