森末慎二(体操金メダル)今は宮古島白亜豪邸で落語家に?妻子とは別居!?

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ。

夢見る生活は

セミリタイアして

南国で悠々自適の生活・・。

いいわね~!!

うっとり・・・(´▽`*)

現実世界では

なかなか難しいことでは

あるけれど・・と思いきや、

あの1984年ロサンゼルスの

オリンピック体操

金メダリスト、

森末慎二さんが

まさしくその夢のような

生活を送られているとのこと!!

2018.6.8の爆報THEフライデーに

登場されるみたいなので、

その前にちょっと調べてみたわよ♪

あこがれの夢の生活に

少しでも触れるために

良かったら一緒に

見ていってねー!!

プロフィール

出典:スポーツ報知

森末慎二(もりすえ・しんじ)

生年月日:1957年5月22日

出身地:岡山県岡山市

出身校:日本体育大学

血液型:B型

スポンサーリンク
目次

  1. 森末慎二(体操金メダリスト)の経歴プロフィール
  2. 森末慎二(体操金メダリスト)今は宮古島白亜豪邸で妻子とは別居!?
  3. 森末慎二(体操金メダリスト)が沖縄宮古島で落語家に?

1.森末慎二(体操金メダリスト)の経歴プロフィール

森末慎二さんは1957年

岡山県岡山市生まれ。

言わずと知れた

1984年ロスオリンピックの

体操金メダリスト!

凄かったわね~!!

鉄棒決勝での10点満点!!

個人的には

着地が決まりまくるのが

ビックリだったわ・・・。

そして、笑顔!!

精神力が強くて

心がブレることなんて

ないんだろうなぁ、と

思っていたら、

意外にもあがり症で

ロス五輪の時も眠れなくなり

桂枝雀師匠の落語の

カセットテープ

聴いていたんだとか。。

カセットテープってとこに

時代を感じるけど(笑)、

落語ってそんな効果も

あるのね~!!

その落語睡眠・精神安定効果か

鉄棒演技では

規定演技、自由演技もあわせ

3回すべてが10点満点!

さらに跳馬で銀メダル!

団体で銅メダル!!

ひとつの大会で

金銀銅の3つのメダルを

獲得という偉業を達成!

今の体操・内村航平さんにも

繫がるレジェンドを造った

偉大な体操選手です。

実際、森末さんが

原作を担当した漫画、

「ガンバ!fly high」

出典:Amazon

内村さんの愛読書でも

あったみたい。

最近は、むしろ

「暮らし安心・クラシアン」

コミカルなイメージの方が

強くなっている感じが

否めないけど・・・(・▽・;)

そんな人なつっこい笑顔や

キャラクターも含め

森末慎二さんって

本当に偉大なレジェンドだと

思うアフロよ~!(o゜▽゜)o

スポンサーリンク

2.森末慎二(体操金メダリスト)今は宮古島白亜豪邸で妻子とは別居!?

さてそんな素敵な

森末慎二さん。

クラシアンのCM契約も終わり

最近お見かけする機会が

少なくなったなぁ・・・と思いきや

なんと2011年に沖縄の宮古島に

敷地900坪の土地を購入

白亜の豪邸を建てて

「セカンドライフ」

満喫されているとのこと!!

くうぅぅ~~~ッ!!

羨ましい~~~ッ!!!(o゜▽゜)o

海を望む高台にある

こちらのお宅。

風景が遮られないかと

景観を気にした森末さんは

なんと隣の土地と併せて購入

宮古島ではタクシーに

「森末邸」と頼めば

それで通じるみたい・・・(゜Д゜;)

地元でも有名になっているのね。

まぁ、そうでしょうね~^_^;

ソーラーパネルも完備された

こちらのセカンドハウスで

森末さんは仕事がないときは

月に10日くらい過ごすとか。

昼はゴルフやシュノーケリング。

夜は地元の仲間と毎日飲み会。

ホンマ、夢のような生活です(T^T)

元々ダイビングに通っていた

西表島、石垣島、沖縄本島で

土地は探していたみたいだけど、

決め手はハブがいないことだったとか。

そんなこんなで

沖縄宮古島の白亜豪邸で

ほぼほぼ一人暮らしを

楽しんでらっしゃる森末さん。

気になるのが森末さんの

ご家族のことなんだけど、

森末さんには奥さんと息子さん

いるみたい。

宮古島に家を建てる

キッカケにもなった西表島に

森末さんを連れて行ったのが

奥さんだったとか(´Д`)

奥さんは忙しいとので

時間が空いたときに

宮古島には来ているとのこと。

というわけで、

一緒に過ごす時間は少ないけれど

家族の理解はあるみたい。

息子さんもたまに

この豪邸に来ることがあるけど

「何もすることがない」と・・・

確かに若い子には

少し物足りない環境かも(゜▽゜;)

個人的にはすっごく

憧れの生活ではあるんだけどね~♪

スポンサーリンク

3.森末慎二(体操金メダリスト)が沖縄宮古島で落語家に?

ロサンゼルスオリンピックで

緊張して眠れないときに

桂枝雀師匠の落語の

カセットテープ

聞いていたという

落語好きの森末慎二さん。

芸能界に入った理由のひとつは

桂枝雀師匠桑田佳祐さんに

会いたかったからというから

驚きだわ(・▽・;)

桂枝雀師匠は本当に人気ね。

この方も桂枝雀師匠にあこがれて

落語家になっているしね。

桂福龍(カナダ人落語家)福團治の弟子デューク・カナダのアロハ寄席(豊中)が人気!彼女は?

1987年には歌舞伎座での

枝雀師匠の独演会を観覧。

また朝日放送であった

「枝雀寄席」にゲスト出演した

森末慎二さん、

金メダルを師匠に

見てもらうことも出来たみたい。

枝雀師匠に会う夢は

その時に叶ったみたいね~!

枝雀師匠に直接

稽古を付けてもらいたいと

願ったこともあったようだけど

それは叶わず、

ラジオ番組で知り合った

噺家・金原亭世之介師匠に

弟子入りして

金メダル亭慎二として

活動されているとのこと。

もともと、あの明るさと

抜群の運動神経・反射神経を

持っておられる方なので、

きっと場の空気が盛り上がる

素敵な高座をされそう!

とはいえ、

凄く真面目なところもあり、

プロの方に失礼なので

誰かの独演会の

ゲストとしてしか出演せず、

本格的にやろうとは

思っていないと談。

ちょっと勿体ないなぁというのと

聞いてみたいなぁという

気持ちがあるわね~。

でも、落語家さんが一人前の

「真打ち」になるまでの

長い年月を知っているからこそ、

そして落語の世界が好きだからこそ、

そこは大切にしたい世界観。。

そういう筋の通し方

どこか森末さんらしくて

素敵だな、って思うアフロです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

沖縄宮古島の200坪の土地に

白亜の豪邸を建て

悠々自適のセカンドライフを

満喫されている

森末慎二さん。

ご家族と一緒に暮らしている

様子がないので、

もしや不仲?と思いきや、

きちんと家族の理解のもと

この南国ライフを

楽しんでおられるみたいで

ちょっと安心!?

落語に対する熱い想いには

森末さんらしい

真面目さというか男気というか

その人柄が透けて見えて、

だからたくさんの人に

愛されるんだろうなぁ、と

思ったアフロでした。

やんちゃなまま

ピュアなまま

大人になったような

森末慎二さん。

爆報フライデーでは

どんなお話をして下さるのかしら?

楽しみね!(*^_^*)

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする