木田真理子(ダンサー)のコンテンポラリーダンスが美しい。スウェーデン王立バレエ団には旦那も?

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロです。

今日はNHK Eテレ2018.4.7

22:00から放送の

【SWITCHインタビュー 達人達(たち)】より、

バレリーナ「木田真理子」さんを

ご紹介したいと思います♪(・∀・)

バレエで世界最高の権威で

ダンス界のノーベル賞とも言われる

「ブノワ賞」を

日本人で初めて受賞した

木田真理子さん。

その人生は順風満帆かと思いきや

本人いわく「いつも迷っていた」。

そんなところにも

人間的な魅力を感じる

木田真理子さんの素顔に

今回は迫ってみたいと思います。

プロフィール

出典:日経BP

木田真理子

生年月日:1984年(月日不明)

出身地:大阪府

出身校:立命館大学産業社会学部

  1. 木田真理子(ダンサー)のプロフィール
  2. 木田真理子のコンテンポラリーダンスが美しい
  3. 木田真理子が所属していたスウェーデン王立バレエ団。旦那も!?

スポンサーリンク

1.木田真理子(ダンサー)のプロフィール

木田真理子さんは1984年生まれ。

生まれた月日はが分からないのですが、

33~4才だと考えられます。

とてもお若く見えますね~。

ダンサーは柔軟性があるので

やはりそのあたりが

若さを保つ秘訣かしら?

アフロもヨガを続けたいと思います。

・・まず、このネット漬けな生活から

足を洗う方が先かしら?(*゜∀゜*)

4才からクラシックバレエを始めた

木田真理子さん。

1999年には若手の登竜門と言われる

「第56回全国舞踊コンクール」の

バレエジュニア部で四4位入賞を果たします。

その後、宗田バレエスクールに所属。

宗田静子氏・原田高博氏・夏山周久氏と

名だたるダンサーに師事してこられました。

2000年、ローザンヌ国際バレエコンクールで

入賞したことで一躍注目を浴びました。

その際に、世界中のバレエスクールのリストと、

1年間の奨学金、生活援助金を手に入れたとのこと。

これをきっかけに

「できればバレエで生きていきたい」と思い、

自分が成長できる留学先を探し、

アメリカのサンフランシスコバレエスクールに

進学されました。

その後、プロの経験とビザのなかった木田真理子さんは

最終選考で落ちてしまうという壁にぶつかります。

その時に、両親に相談したところ

「じゃあ、大学でも受けてみれば?」と

立命館大学を受験し、合格。

さらりと、そんな言葉をかけてくれる両親も

そして、さらりと受かってしまう木田真理子さんも

かっこいいですね~!!(*^_^*)

ところが、その後に

カナダのバレエ団から仕事が舞い込み

日本で学生・カナダでダンサーという

ダブル生活が始まることに!!

ひぇ~~~ッ!!!(゜Д゜;)

本当に迷いもあったと思われますが、

そこを乗り越えた木田真理子さんだからこそ

今、少々のことでは動じない

穏やかな微笑みを得られたのかもしれません。

カナダでは7年間で2つのバレエ団に属し

着実に実績を積まれた彼女の

大きな転機となったのは2012年。

当時属していたヨーテボリのディレクターが

スウェーデン王立バレエ団に移籍することとなり

その時に誘われて一緒に移籍。

そこで世界的に著名な振付家マッツ・エック氏の作品

『ジュリエットとロミオ』の主役に

抜擢されたことでした。

初演5ヶ月前に重度の肉離れを起こすなどの

困難に見舞われながら、

無事、見事なジュリエットを演じきり、

これによって日本人初の

「ブノア賞(Benois de la Danse)」を受賞!

世界中にその名が知られることになりました。

スポンサーリンク

2.木田真理子のコンテンポラリーダンスが美しい

「ブノア賞」受賞のきっかけとなった

マッツ・エック氏の

「ロミオとジュリエット」ですが

普通のバレエダンスとは異なります。

いわゆる

コンテンポラリーダンスと呼ばれるもので

クラシックなバレエではありません。

コンテンポラリーダンス自体

定義が少し難しいのですが

「非古典的かつ前衛的で、時代の先端を体現している」

出典:Wikipedia

とウィキペディアでは書かれています。

個人的には

内側から溢れる衝動を

自由に表現するダンス、

というイメージを持っています。

木田真理子さんは

バレリーナ・バレエダンサーというよりは

コンテンポラリーダンサーに属していると

考えられます。

3.木田真理子が所属していたスウェーデン王立バレエ団。旦那も!?

木田真理子さんは

スウェーデン王立バレエ団にて

活躍されていましたが

昨年に退団されています。

スウェーデン王立バレエ団とは

ロココ時代のスウェーデン国王グスタフ3世が

スウェーデンの首都ストックホルムに

1773年に王立歌劇場を設立したのが期限です。

グスタフ3世は演劇を愛し、自らも脚本家、演出家、

俳優として活躍した

多才でユニークな国王です。

芸術の花開く文化って素敵ですね(*^_^*)

パリ・オペラ座バレエ、デンマーク王立バレエ、

マリインスキー・バレエについで

世界で4番目に古い歴史を誇るバレエ団で、

アメリカ、ドイツ、ロシア、日本といった

世界各国出身のダンサーが在籍しています。

2013年には

2才年上の児玉北斗さんと

婚約されていますが、

彼もスウェーデン王立バレエ団所属です。

お二人は

サンフランシスコバレエスクールからの

知り合いということなので、

同じ道を志すものとして

お互いに唯一無二の存在に

なっていったのでしょう。

素敵なカップルです。

結婚に関しては

確定された情報がなかったのですが、

今回の放送を応援するコメントが

北斗さんから出ていたようなので

良い関係が続いていることが考えられます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

コンテンポラリーダンサー

木田真理子さん。

「他のひとに比べて

やめたいと思うことが多かったと思う」

と穏やかに話される真理子さん。

そんな繊細さと

そこを乗り越えた強さを

併せ持った魅力を持つ

彼女のダンスは

これからも沢山の人々を

魅了していくことでしょう。

児玉北斗さんとの

今後の関係にも注目ですね。

本日も最後までお読み頂き

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする