お姫様の美肌図鑑・たなかしん(絵本作家)とまのえいこ(皮膚科女医)が贈るじほうシリーズ新刊はスキンケア!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

インフルエンザも流行期突入で

いよいよ冬本番ね~。

師走の慌ただしさに寒さが加わり

心とお肌もかさかさと悲鳴を

あげているアフロよ~(*T^T)

そんなアフロに潤う絵本情報が!?

「絵本の世界で美肌成分を学ぶ」という

斬新なアプローチで生まれた新作絵本

「お姫様の美肌図鑑」

じほう図鑑シリーズの新刊として登場!

子供はもとより、大人…特に

子供も大事!でもお肌も大事!!な

お母さま方に取って気になるところね。

今回はそんな絵本

「お姫様の美肌図鑑」について

調べてみたので、

良かったら一緒に見ていってね♪

出典:Amazon

スポンサーリンク
目次

  1. じほうシリーズの最新刊絵本・お姫様の美肌図鑑って?
  2. お姫様の美肌図鑑のたなかしん(絵本作家)プロフィール
  3. お姫様の美肌図鑑・監修まのえいこ(皮膚科女医)プロフィール

1.じほうシリーズの最新刊絵本・お姫様の美肌図鑑って?

さて、こちらの「お姫様の美肌図鑑」を

出版している会社が「じほう」という

医薬品や医療に関する専門出版社とのこと。

そんな専門の出版社があることも

知らなくて驚いたわ…。

確かに会社のホームページを見ると

「治療薬ハンドブック」や

「薬物治療ガイドライン」など

難しそうな本がいっぱい…( ̄▽ ̄;)

そしてそんな中に新館として

「お姫様の美肌図鑑」が掲載されているのが

‥‥なんだかシュールな絵面になっていて

ツボにはまってしまったわ(;・∀・)

難しい専門的な内容を、分かりやすく

より多くの人に知ってもらうため、

「じほう図鑑シリーズ」として

今までに以下の図鑑が登場しています。

【皇帝の漢方薬図鑑】

【王子様のくすり図鑑】

【王様のくすり図鑑】

(出典はいずれも

メテオメディカルブックセンター

個人的には特に

名作RPGなどのキャラクターデザインを

数多く手がけてこられた松浦聖さんが

キャラクターデザイン・イラストを担当する

「王子様のくすり図鑑」が

気になるところ(*’ω’*)

体の中で起こっていることを

RPGファンタジーに例えて表現されていて

とっても面白そう!

「はたらく細胞」に通じるものがあるわね。

漫画はたらく細胞がアニメ化!赤血球白血球のキャスト声優は?あらすじ動画に試し読みまで!

子供には白血球さんの容赦ない制裁シーンのある

「はたらく細胞」より

「王子様のくすり図鑑」がオススメね(^^;)

そんな新しい視点から

新しい読者層の獲得を目指す

「じほう図鑑シリーズ」の新刊は

まさかのスキンケア!!

これは子供と一緒に

おかあさん層を取り込むつもりね!!?(笑)

その内容はというと…

本書では、スキンケア商品や化粧品でよく使用される45種類の美肌成分をピックアップしキャラクター化。国内外で注目を集める絵本作家・たなかしんさんが描き下ろした美肌成分キャラクターたちが、あたたかくてやさしい絵物語『おひめさまのゆううつ』の世界の住人として登場します。美について悩みを抱えるお姫様は、フクロウのホッホーさんに誘われて夜の森へでかけます。そこには、くすみや乾燥により荒れ果ててしまった森の木々たちの姿がありました。森の美を取り戻すためにホッホーさんは、妖精のような姿をした美肌成分キャラクターを呼び出します。美白、保湿、アンチエイジング、抗炎症など美肌成分キャラクターたちの働きにより森の美しさが取り戻されるとともに、お姫様も少しずつ明るさを取り戻していきます。

出典:Amazon

本は3部から構成されており

最初の40ページほどが

「絵本・おひめさまのゆううつ」。

出典:Amazon

美について悩みを抱えるお姫様は、

フクロウのホッホーさんに誘われて夜の森。

そこに広がるのは、

くすみや乾燥により荒れ果ててしまった

森の木々たちのあわれな姿…。

こ…これは…

お母さんにとってはホラー絵本以外の

ナニモノでもないんじゃないかしら(゚Д゚;)

ホッホーさんが呼び出した

妖精の姿をした

美白、保湿、アンチエイジング、抗炎症といった

美肌成分たちの活躍で、

森の美しさは再び取り戻されていって

めでたしめでたし…という

ストーリーみたい。

こんな風に、アフロのお肌も

復活してくれれば良いんだけど…(T-T)

このパートのみどころはなんといっても

さとうしんさんの柔らかいタッチで描かれた

素敵なイラストね♪

第一部でで美肌に関する情報の

全体像をつかんだ後は、

「美肌成分キャラクターファイル」へ!

出典:Amazon

より細かく深い情報について

書かれているわ。

そして最後は「美肌の基礎知識」!

健康で美しい肌を作るために

皮膚科専門医のまのえいこさんによる

肌ケアのポイントが

たくさん収載されているわ。

出典:Amazon

皮膚の構造からはじまり、

シミ・そばかすができるメカニズム。

さらには化粧品・医薬部外品や

医薬品の違いまで。

そしてお肌のトラブル、

スキンケア商品や化粧品に関する基礎知識が

わかりやすく解説されているとのこと。

…これは、もう、明らかに

ターゲットはお母さんなんじゃない!?

ふんわりとした優しい世界に包まれながら

奥が深くて一見難しそうな美肌成分の世界へ…

学生時代化学式などが苦手だった私も

気付いたら抵抗なくその世界へ

入っていってしまってるところが

「じほう図鑑シリーズ」さんの

力の成せる技かしら…!?

色んな年齢層の「おひめさま」に

読んで欲しい一冊ね(*’ω’*)

スポンサーリンク

2.お姫様の美肌図鑑のたなかしん(絵本作家)プロフィール

さて主に第一部の

「絵本おひめさまのゆううつ」部分を

担当するのが絵本作家のたなかしんさん。

出典:http://www.misagi.net/

たなかしんさんは1979年3月26日

大阪生まれ。

神戸文化短期大学デザイン美術家を卒業後

画家として活動されていたたなかしんさんは

ある絵本との出会いをきっかけに

2002年から絵本を描き始めたとのこと。

2005年イタリア・ボローニャブックフェアで

作品を売り込みに行ったのをきっかけに、

台湾の出版社Grimm Pressの目にとまり

同年絵本作家として

「巧克力熊」(邦題・くまさんのチョコ)でデビュー。

それから国内外で出版を重ね

高い評価を受けておられるわ。

独特の世界観が素敵なたなかしんさんの作品。

その秘密は自身のアトリエのある

兵庫県明石市の海の砂みたい。

それによって独特のマチエール

(作品の材質がもたらす効果・質感)が

キャンバスの上に展開されるのね。

柔らかく優し気で…同時にどこか

切なさがただよう

たなかしんさんの世界は、

疲れた大人の心にも

ぴったり寄り添ってくれるような

ぬくもりを感じるアフロ。

その源となっているもののひとつが

明石の砂の持つ生命力なのかもしれないわね。

【桜の残像】

出典:https://www.kyuryudo.co.jp/

過去に発売された

「かみさまのいたずら(田中書房)」

なんと全て★5つという高評価レビュー!

(2018年12月22日現在)

出典:Amazon

当時、世間で話題となっていた

子供の虐待を憂いて作ったという

「かみさまのいたずら」

ちょっと(かなり)切ないお話なんだけどね。

心の宝物として置いておきたくなる

この本には、たなかしんさんの人柄が

あふれているわね。

ほかにもたくさんの作品を出されているけれど

個人的にちょっと驚いたのが

後藤ひろひとさん舞台原作で

中島哲也さんの手によって映画化された

2008年の「Paco~パコと魔法の絵本」

ここでキーとなる絵本

「ガマ王子とザリガニ魔人」

たなかしんさんの絵で

実際に絵本として発売されていたこと。

出典:Amazon

これはストーリーも素敵なだけに、

たなかしんさんの絵の雰囲気が相まって

素晴らしい作品になっていそう!

ちなみに映画も素敵だったので

良かったらこちらもぜひ!!

出典:Amazon

ちなみにもう明後日までだけど

(2018年12月19日~24日)、

丸善日本橋店3階ギャラリーで

たなかしんさんの個展

「アスミルヒカリーfinalー」

開催されている模様。

「お姫様の美肌図鑑」

原画もあるようなので

気になる方はぜひ足を運んで

明石の砂が生み出す不思議な世界を

直接見てきてくださいねー!!(*’ω’*)

たなかしんオフィシャルホームページ

スポンサーリンク

3.お姫様の美肌図鑑・監修まのえいこ(皮膚科女医)プロフィール

さて「お姫様の美肌図鑑」の

もう一人の立役者が

皮膚科専門医のまのえいこさん。

出典:http://www.drmano.co.jp/

まのえいこさんは1953年石川県生まれ。

漢字では「馬野詠子」と書かれるようね。

杏林大学医学部に進学された

まのえいこさんは大学卒業後は

旧日本国有鉄道中央鉄道病院

(現在のJR東京綜合病院)に勤務し

皮膚科医長もされていおられるわ。

その後、1987年に開業し

美容皮膚科を専門に

たくさんの患者さんの肌を

診てこられた、まのえいこさん。

皮膚トラブルを単に治すだけでなく

「美しく治す」ことをモットーに、

美容・生活指導をされており、

若返り美容にも積極的に取り組んで

おられるとのこと。

最新医療美容器と

本格メディカルエステの

オリジナルメニューを提供する

まのえいこさんの皮膚へのアプローチは

確実な結果を求めることで評価が高く

多くのモデルやタレントさんからも

信頼されている模様。

たくさんの迷える「お姫様」を

導いてこられたのね(*^_^*)

そんな皮膚科専門医まのえいこ先生の

マノメディカルクリニック

恵比寿から徒歩2分という好立地!!

出典:http://www.drmano.co.jp/

【Dr.マノメディカルクリニック】

住所

東京都渋谷区恵比寿1-8-1サン栄ビル5F

電話

03‐3447‐3313

営業時間

火曜日:10:00~13:00

木曜日:10:00~13:00 14:30~18:00

土曜日:10:00~12:00(第1・3・5)

休診日

日曜日・月曜日・水曜日・金曜日・祝日

さらに2018年10月には

東京都大田区に

「ミューズスキンクリニック」

開院されているわ。

出典:http://www.drmano.co.jp/

【ミューズスキンクリニック】

住所

東京都大田区池上6丁目2-15 グランデ池上2F

電話

03‐5755‐3335

営業時間

月~金:9:30~12:30 15:30~18:30

火曜日:15:30~18:30

土曜日:13:30~16:30(第1・3・5)

9:30~15:30(第2・4)

休診日

日曜日・祝日

もの凄く忙しく活動されていそうね~(;・∀・)

そんなまのえいこ先生が監修する

「お姫様の美肌図鑑」

恵比寿まで行けないし、

お金もかけられない!!という

子育て主婦にとっても

強い味方になってくれるかも!!?

さらに、もう少し詳しい

美肌のためのテクニックを知りたい人は

現在はフォトフェイシャル研究所所長でもある

まのえいこ先生の著書もオススメです♪

出典:Amazon

出典:Amazon

まとめ

医学などの専門書を取り扱う

時報出版社が手がけた絵本

「じほう図鑑シリーズ」の最新刊

「お姫様の美肌図鑑」

明石の砂を使った

独特の世界観で子供も大人も魅了する

素敵な作品をたくさん作ってこられた

画家で絵本作家のたなかしんさん。

皮膚科専門医として

「ただ治すだけでなく、より美しく治すこと」

ビジョンに掲げ、

最先端の技術と多方面にわたる幅広い活躍で、

たくさんの「お姫さま」の美しい肌のために

尽力されてこられた医師・まのえいこさん。

そんな二人がタックを組んだ

「お姫様の美肌図鑑」は

盛りだくさんの内容で

母と娘が一緒になって読むと

とっても楽しそう!!

2018年11月28日に発売されたばかりの

「お姫様の美肌図鑑」は1728円。

気になった方は是非ぜひ手に取って

たなかしんさんの絵の美と

まのえいこさんが提唱する美の

めくるめくダブル美の世界を

楽しんでみてくださいね。

今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございます♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする