保科美幸(美靴工房)がプロフェッショナルに!革製品を蘇らせるブランド女医の夫や子供、値段を調査!

こんにちは。

マダム・アフロよ。

ブランド品…そのお値段に

昔は首をかしげることもあったけど、

自分が思い入れを持つものを

丁寧に大切に生活の中で使うことは

自分の命を大切に扱うことにも

繋がっていて実は素敵なことなのかも。。

そんなことを考えるようになっのも

アラフォーという年齢の貫禄かしらね(-ω-;)

だけど、どんなに大切に使っていても

経年変化による衰えが出てきてしまうのが

ブランド品と自らの身体…( ̄▽ ̄;)

自分の身体は自分で何とかするとして(;^_^A

ブランド品の修理・修復に関しては

女神のような女性が存在されているようね。

それが今回のNHK「プロフェッショナル」

登場される美靴工房(びかこうぼう)の技師

保科美幸さん!!

今回はそんな素敵な彼女のことを

調べてみたので良かったら

一緒に見ていってね♪

プロフィール

出典:https://oggi.jp/

保科美幸(ほしな・みゆき)

生年月日:1980年8月6日

出身地:不明

出身校:不明

職業:美靴工房テクニカルディレクター

スポンサーリンク
目次

  1. 保科美幸(美靴工房・びかこうぼう)プロフィール!ブランド女医の素顔とは!?
  2. 保科美幸(美靴工房・びかこうぼう)の夫や子供は?
  3. 保科美幸(美靴工房・びかこうぼう)の革製品を蘇らせるテクニックとは!?
  4. 保科美幸(美靴工房・びかこうぼう)の修理修復の値段・価格を調査!
  5. 保科美幸(美靴工房・びかこうぼう)がプロフェッショナルに登場

1.保科美幸(美靴工房・びかこうぼう)プロフィール!ブランド女医の素顔とは!?

保科美幸さんは1980年生まれの38才。

「ブランド女医」の名にふさわしい

美しさと気品のある方ね~!

だけど、保科さんは最初から

ブランド修復のプロフェッショナルとして

道を究めようとされていたのではないんだとか。

保科美幸さんが現在

テクニカルディレクターを務める

皮製品修復ラボ「美靴工房(びかこうぼう)」。

ここで求人を募集した際に

受付として入ってきたのが素人だった

保科美幸さんだったんだとか。

本っ当~~に普通の、

髪を明るく染めた女の子だったよう(笑)

そんな「一般人」ということもあってか

保科美幸さんに関しては

出身地や出身校などの情報が

見当たらなかったのね。

一節には川崎出身では?と

言われているけれど…

NHK「プロフェッショナル」で

新たな情報が出てくるかしら?

そんな知識ゼロからのスタートだった

保科美幸さん…だけど、

女性らしい、とても繊細な感性を

持っておられたのね。

技術スタッフに起用されると、

もともと努力家な性格でもあり

そこでめきめきと才能を伸ばしていかれたよう。

技術はもちろん接客などの

ホスピタリティも凄いのね。

ブランドを持ち込むお客さんと

会話のレベルが合うようにと、

一流のフレンチやイタリアンの

レストランを調べたり…。

技術以外の勉強も

たくさんされてこられたのね~。

その技術力や向上心が認められ

美靴工房(びかこうぼう)の創業メンバーから

フェラガモの靴をプレゼントされた、という

逸話もお持ちの保科美幸さん。

ところが痛んだその大切なフェラガモの靴を

市場調査のため横浜市内の靴クリーニングに

出したときに、あろうことか

艶加工を取られてしまうという

ハプニングに遭ってしまうのね(゚Д゚;)

しかも、その言い訳が

「変な艶があったのでとっておきました」。。

これはホンマ、

やったらアカンやつやわ…(;´・ω・)

大事な大事な靴を台無しにされた保科さんは

怒って泣きながら、

「オリジナルに忠実な、

つくったクリエイターをリスペクトする、

そんな職人に私たちはなろう」

と決意を新たにしたと言うわ。

そんな想いを胸に

ひとつひとつの革製品と向き合う

保科美幸さん、そして

美靴工房(びかこうぼう)の技術者の人々。

革製品のための研究を日々惜しまない

美靴工房(びかこうぼう)は、

噂が噂を呼び、メディアでも取り上げられ

業界のトップスターに

躍り出ることになるのね。

やっぱり一流のお店の人は

志からして見ている視点が高いわー!(*’ω’*)

スポンサーリンク

2.保科美幸(美靴工房・びかこうぼう)の夫や子供は?

そんな一流の技術力と風格を

身に付けた保科美幸さん。

お仕事は毎日お忙しそうだけれど

プライベートはどうなのかしら?

見てみると、どうやらご結婚されて

お子さんもおられるよう!!

お相手の方も一般人なのか

あまり情報が無かったんだけれど、

保科美幸さんの仕事や繊細さに理解のある

素敵な方のようね~。

やっぱり一流の人には一流の相手が

見つかるもんなんじゃないかしら?(*’ω’*)

今回のNHK「プロフェッショナル」

紹介の中では、

生後8か月の息子を背負い、

工房で100万円を超えるバッグと向き合う

とあるので、

夏生まれの男の子がおられそう!

…それにしても、

8か月の子どもを背負って

仕事をするって…凄いわね(゚Д゚;)

早ければ預かってくれる

保育園もありそうなものだけど‥

一緒にいる時間を大切にしたいのかしら?

そんな母の背を見て育つ息子さんも

きっと素敵な大人に成長されそうね~!!

保科美幸さんの勤める
美靴工房(びかこうぼう)の意外なこだわりや
修理・修復の驚きのお値段などについては
次のページに進みます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする