ナラヤカフェ(箱根宮ノ下)元老舗旅館のメニュー価格に足湯も!!ならやんって?古カフェハルさんが登場!

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ♪

なかなかスッキリと晴れる日が

少なくなってきたわね~。

ザ・日本の梅雨!!って感じ。

こんな時は温泉でも行って

さっぱりとしたいわねぇ・・・。

温泉と言えば草津や熱海、

箱根、道後、下呂などなど・・・。

今回は箱根にある

もとは老舗の旅館・奈良屋旅館を

改築した足湯の出来るカフェ

「NARAYA CAFE(ナラヤカフェ)」

を紹介するわね~(・▽・)

2018.6.20のNHKで放送される

「ふるカフェ系ハルさんの休日」でも

取り上げられるコチラのカフェ。

直ぐに直接行くことはできなくても

見ているだけスッキリしそう!?

出典:NARAYACAFE

スポンサーリンク

目次

  1. ナラヤカフェ(NARAYACAFE/箱根宮ノ下)の元となった老舗旅館・奈良屋旅館って?
  2. ナラヤカフェ(NARAYACAFE/箱根宮ノ下)が出来るまで。人気の足湯も!
  3. ナラヤカフェ(NARAYACAFE/箱根宮ノ下)メニューに価格調査!人気のならやんって?

1.ナラヤカフェ(NARAYACAFE/箱根宮ノ下)の元となった老舗旅館・奈良屋旅館って?

今回の舞台、箱根の宮ノ下にある

NARAYACAFE(ナラヤカフェ)

箱根登山鉄道宮ノ下駅を降りて

坂を少しくだると見えてくる足湯

その足湯を中心に

カフェ・ギャラリー・ショップが♪

出典:NARAYACAFE

これらはすべて、もとは

築50年を超える歴史的建物。

元々は300年間

奈良屋旅館として

栄えていた老舗店を

オーナーである安藤義和さんと

妻の恵美が中心となって

リノベーションした古カフェよ。

母体となった奈良屋旅館の創業は

古すぎて定かではないようだけど、

初代は江戸元禄期(1700年前後)に

湯宿としての営業を始めたものなんですって。

湯船に映る三日月が満月になるまで

この湯で湯治をすれば

どんな難病でも治ると言われ

名湯「三日月湯」と人気に!

諸大名やその家族が宿泊する

格式の高い宿として、

幕末以降も外国人に人気の

滞在先となったようよ。

出典:じゃらんカメラ

その後、奈良屋は宿名を

「Naraya Hotel」と改め営業。

近くにある富士屋ホテルとは

外国人客をめぐって熾烈な顧客争奪戦

繰り広げたんですって!

1893年には協定が結ばれ、

富士屋は外国人専用

奈良屋は日本人専用

なったとのこと。

協定が結ばれるまでの

顧客争奪戦・・・

相当すごかったんだろうなぁ(ー▽ー;)

大正はじめには、この協定はなくなり

多くの政財界人に愛されながら

営業を続けてきた奈良屋旅館だけど

2001年5月、相続の負担などによって

その長い歴史に幕をおろしたそうよ。

たくさんの人々が

名残り惜しんだことでしょうね(T^T)

スポンサーリンク

2.ナラヤカフェ(NARAYACAFE/箱根宮ノ下)が出来るまで。人気の足湯も!

オーナーの安藤義和さんの実家でもあった

奈良屋旅館が閉店したのが2001年5月。

2004年には岐阜県出身の

恵美さんと結婚した安藤義和さん、

小田原に戻ります。

建築や都市建設を学んでこられた安藤さんは

実家の歴史ある建造物を

何とか使うことが出来ないかと思案。

中学の同級生で建築士でもある

石井尚人さんに、2005年

奈良屋旅館をリノベーションした

「NARAYA CAFE」の計画を相談。

そこから話が進んでいき、

2007年9月23日

「NARAYA CAFE」は正式オープン!!

工事と平行して行われた

「足湯」作りは、

通りから気軽に入ることができるようにと

通り沿いの少し高くなったところに配置。

出典:NARAYACAFE

曲線を主体としたデザインと

そこから見える山の景観・・・

そして何より源泉掛け流しの温泉が

来た人の心をゆっくりと

ほぐしてくれそうね~!!

足湯デッキには手作りの木のおもちゃも!

出典:NARAYACAFE

出典:NARAYACAFE

大人が入っている間、

子どもも飽きずに過ごせるってのは

子ども連れには嬉しい心配りね!

オーナーは3人のお子さんの

お父さんでもあるから、

こういうところにも

気が付かれるのかもしれないわね。

素敵だわ☆

足湯は営業時間内は

無料で入れるとのこと。

ただし、人気で満席の時は

注文順に番号札が配られるみたい。

2011年11月にはショップ

「ならやあん」も出来上がり

近隣の作家さんの作品が

展示販売されているとのこと。

出典:NARAYACAFE

地域に愛される

古くて新しい

プラットホームとして

たくさんの人々が交流しているみたい。

最初は一人で接客出来るメニューから始め、

徐々に口コミで「箱根の足湯カフェ」として

認知されるようになった

「NARAYA CAFE(ナラヤカフェ)」

オーナーの安藤さんのお話では

まだまだ発展途上にあるとのこと。

これからどういう展開を見せていくか

楽しみね~!(*^_^*)

スポンサーリンク

3.ナラヤカフェ(NARAYACAFE/箱根宮ノ下)メニューに価格調査!人気のならやんって?

そんな気になる

NARAYACAFE(ナラヤカフェ)の

メニューはコチラ!

出典:NARAYACAFE

コーヒー(H・I)が370円。

紅茶系も370円。

アルコールもあるのが

大人の魅力ね~。

窯焼きピッツァ

マリナーラ:1100円

マルゲリータ:1100円

ゴルゴンゾーラ:1350円

も気になるところ!

特に上の2種を選んで出来る

ハーフ&ハーフ:1250円が

お得な感じがするわね♪(・▽・)

で、気になるのが

こちらで密かに人気の

「ならやん」!!

出典:食べログ

こちらの正体は

「ひょうたん最中」とのこと。

しかも、別になっている餡を

自分でつめて蓋をして食べるタイプ☆

最中の皮がパリッとしていて

とても美味しいんだとか・・・

惹かれるにゃぁ(・▽,・)

単品で200円。

お抹茶セットで650円。

抹茶ラテセットで700円。

さらにお土産用もありとのこと

・4個入り:850円

・8個入り:1650円

箱根、宮ノ下に行ったときは

是非、口か手にしたい一品ね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

300年続いた老舗旅館

「奈良屋旅館」を

新しい時代のニーズに合った形に

リノベーションした古カフェ

「NARAYA CAFE(ナラヤカフェ)」!

最初は一人で回せるくらいだったという

メニューも今は凄く充実していたわね~!

さらに進化を目指す箱根宮ノ下の

旅人と地域の人々との出会いの場でもある

「NARAYA CAFE(ナラヤカフェ)」の

これからが楽しみね(*^_^*)

NARAYA CAFE(ナラヤカフェ)

〒250-0404
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下 404-13

電話:0460-82-1259

営業時間:10:30〜18:00 (12月〜2月は17:00まで)

定休日:水曜・第4木曜日

冬期休業:1月中旬~下旬

いつか「ならやん」片手に

足湯につかり

箱根の大自然に包まれながら

命の洗濯をしたいと思うアフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする