村山由佳ともみじがNHKネコメンタリー「猫も杓子も」に!かわいくて泣ける書籍も!!

3.村山由佳(作家)の愛猫もみじがかわいくて泣ける!書籍も登場!

村山由佳さんにとって

人生と執筆の友であり戦友でもある

かけがえのない存在の猫・もみじちゃん。

彼女は永遠のセブンティーンとして

今も村山由佳さんのTwitterなどで

時々登場しているよう(*^_^*)

村山由佳さん(時々もみじ)Twitter

もみじを失った村山由佳さん、

やはり最初の頃は辛くて辛くて

よく涙をこぼしておられたよう。

そんな村山由佳さんが作ったのが

もみじちゃんのお骨が入った

ボトル型ネックレス。

出典:http://hbweb.jp/momiji/

ただ、これだと落として壊すかも…ということで

パートナーである背の君こと

邦士くにおさんが村山さんに作ってあげたというのが

もみじちゃんの奥歯のかけらを入れた

指輪なんだとか。

出典:http://hbweb.jp/momiji/

このあたりの経緯は

「もみじちゃん目線」で

「もみじの言いぶん」として

掲載されていて、

2019年3月にこれらをまとめた

単行本が出版される予定みたい。

素敵な一冊になりそうね(T-T)

また、これとは別に、

村山由佳さんと、もみじちゃんの

最後の一年を綴ったエッセイが

「猫がいなけりゃ息もできない」

2018年10月に発刊され絶賛発売中!!

出典:Amazon

切なくも本当に美しい日々を

村山由佳さんが丁寧に綴った

渾身の一冊…。

胸を打つこと間違いなし!

この中にはネコメンタリー「猫も杓子も。」の

撮影秘話も語られるというから、

番組を見て感動の渦に巻き込まれた人には

たまらない本になりそう!

猫を飼っていてもいなくても

全ての「別れ」を体験した人に

そっと静かに寄り添うような

大切な一冊。

自分にとっての

「もみじちゃん」を改めて

愛おしく大切に思うきっかけになりそうね。

まとめ

いかがだったかしら?

稀代の女流作家・村山由佳さんの

戦友ともいえる大切なパートナーだった

永遠のセブンティーン・キャット「もみじ」。

華々しい作家としての人生の裏にあった

二度の結婚と二度の離婚…

村山由佳さんの波乱万丈の人生を

傍でじっと見つめ続けた

もみじちゃんのその猫生…。

そばにいるだけだけれど、

村山由佳さんにとってその存在は

きっと何ものにも代え難い

唯一無二の存在で支えで

救いだったことでしょうね。

そんな、もみじちゃんや

個性豊かな村山さんの猫たちの

軽井沢での美しい刹那の時間を

共有できるNHKネコメンタリー

「猫も杓子も。」が

ついにEテレ地上波初登場!!

これは録画保存版になりそう!!

きっと切なくなること間違いないけれど

しっかりと、もみじちゃんの猫生を見届け、

今ある日々とそばにいてくれる人々に

改めて感謝の気持ちを忘れないように

したいと思うアフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする