ジャッキーロペス(JackieLopez)ミス・ファンクのプロフィール!子供やダンススクールも!【奇跡のレッスン】

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ(・▽・)ノシ

ダンスってお好きかしら?

アフロは音楽がなると

自然と身体を揺らしちゃう方。

ウチの息子もそうね。

ちなみにムッシュは・・・(ー▽ー;)

基本、音楽もダンスも

「楽しめたらそれでOK」だと

思うのよね。

それが、型にはめようとすると

しんどくなってくる。

上手く出来ないことが

イヤになってきちゃう。。

アフロの息子は

そんなこんなで一度

ダンスを習ったけど

止めた経験があるわ~。

そんな息子も、この

ジャッキー・ロペスさんに

レッスンを受けたら違ったのかしら?

今回、ご紹介するのは

NHKの「奇跡のレッスン」に登場する

アメリカのジャッキー・ロペスさん!

彼女が教えるのは

ストリートダンス!!

2017年に放送された内容の再放送が

2018.6.14に地上波登場!

前回は「密かに泣いた」という

コメントが多くてビックリ。

ダンスって楽しくて

笑って終わると思っていたのに

内容が深かったのね。。

色んな意味で楽しみな今回の

「奇跡のレッスン」と

ジャッキー・ロペスさん。

調べてみたので、

良かったら一緒に見てみてね♪

出典:NHKドキュメンタリー

目次

  1. ミス・ファンクことジャッキー・ロペス(Jackie Lopez)のプロフィール!!
  2. ジャッキー・ロペス(Jackie Lopez)のダンススクール「Versa-Style Dance Company」
  3. ジャッキー・ロペス(Jackie Lopez)が「奇跡のレッスン」に!伝えるのは「パッションとエネルギー」!!

1.ミス・ファンクことジャッキー・ロペス(Jackie Lopez)のプロフィール!!

ジャッキー・ロペスさんは

年齢は38才ということなので

1980~1981年生まれかしら。

ご想像通り

小さな時からダンスが

大好きだったみたい。

母親のお腹にいる8ヶ月の時に

エルサルバドルから

ロサンゼルスに移住。

エコーパークで育った彼女は

決して裕福というわけでは無く

16才でフルタイムで働いています。

それでも、いつもそばに

ダンスの存在を感じながら

成長していった

ジャッキー・ロペスさん。

ラテン系のサルサやバチャータのほか、

近所の子供と一緒に踊った

ヒップホップやポップやロック。

色んなダンスの世界を行き来しながら

独自の世界観を作っていったみたい。

ジャッキー・ロペスさんの運命を変えたのは

演劇の学校に通っていた当時

教えてもらっていた

ケビン・ケイン先生。

卒業間近となったジャッキーさんに

ケビン・ケイン先生は

“What do you want to do next?”

(次は(これから)何をしたい?)

と尋ねたんですって。

それまで、卒業後は「仕事」の選択肢しか

考えていなかったジャッキー・ロペスさんに

新しい考え・可能性を与えてくれたのね。

ケビン・ケイン先生の助けもあって

ジャッキー・ロペスさんは

Los Angeles City Collegeに入学!

ところが20才で妊娠!!(゜∀゜;)

でも、そこで教育を諦めなかったのが

ジャッキー・ロペスさんの凄いところ。

母親の助けを受けながら

教育を受けることを選択。

そして息子さんが3ヶ月のとき、

ジャッキー・ロペスさんは

Los Angeles Valley Collegeの

ダンスプログラムに参加し、

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に

移籍するための成績を取得!

World Arts and Cultures

世界芸術文化・ダンス部に入学!!

・・・ホンマにね~、

パッションの人だわ(゜▽゜;)

子供が3ヶ月なんて

もう自分と子供のことで

精一杯の時・・・(ーー;)

母親の助けがあったとしても

ダンスというこれまたハードなジャンルで

これだけの結果を出すって

相当な努力が必要だと思うわ。

でも、きっと

ジャッキー・ロペスさんにとって

それは「努力」とは少し

違ったものかもしれないわね。

それこそ内側からの「パッション」

そしてやりたい!という「渇望」

そこに想いからくる「エネルギー」があって・・・

細胞のレベルで

ダンスを求めていたのかも・・・。

息子の世話をし、

課題をするために

深夜3時まで起きていたことも

しばしば。

そんな苦労も苦労とせず

「自らを強くする糧」

「個性を作る贈り物」

捉えてしまうのが

ジャッキー・ロペスさんの

凄いところ!

こうして2004年に無事にUCLAを卒業!

UCLAでの専門的な学びと

この期間の人間的な成長が

ジャッキー・ロペスさんを

大きな大きな人間にしたのね。

ロサンゼルスのプロのダンサーほか

振付師、教育芸術家、教育者として大活躍!

現在は母校・UCLAの

世界芸術文化部門の副講師のほか、

ダンスや舞台芸術における高校生向けの

UCLA集中夏期プログラムのディレクターなど

様々な活動を通して

人々に希望を与えているわ。

ホンマに奇跡のような人ね~!(・▽・)

スポンサーリンク

2.ジャッキー・ロペス(Jackie Lopez)のダンススクール「Versa-Style Dance Company」

彼女のもうひとつの顔が

ロサンゼルスにあるダンス・スクール

Versa-Style Dance Company

の代表。

このダンス・スクールは

ダンスへの深い愛を共有している

リー・フォーアド(Leigh Foaad)

ブリーズ・リー(Breeze-Lee)と共に

2005年に設立。

写真のジャッキー・ロペスさんの

左がリー・フォーアドさん。

出典:splash magazine

Versa-Style Dance Company

ロサンゼルスの多様性や美しさを表す

献身的で良心的なアーティストで構成される

非営利団体らしいわよ。

HP:http://versastyledance.org

Facebook:Versa-Style Dance Company

ミッションとして掲げていることは

「文化的に重要なダンスを

地域社会に浸透させ定着させること」。

そのスタイルは

90sヒップホップ、ハウス、ポップなどの

ヒップホップスタイルから、

サルサ、メレンゲ、クンビア、アフロキューバンなどの

アフロラテンスタイルまで

本当に多岐に渡ったもの。

そこにはジャッキー・ロペスさんが

生まれ育った環境も

大きな影響を与えているのかもね。

ダンスというアートを通じ

ルーツや歴史をたどることで

社会的・政治的な問題を

若者達に考えるきっかけを

与えることも目的のひとつみたい。

人種や社会経済的背景に縛られず、

共通の情熱(パッション)を

持って集う人々からなる

フォーラムを作ることで、

表現の自由、個性の自由、勤勉、

自己規律、献身といった

人間性の学びが出来るのね。

さすがはジャッキー・ロペスさんが

率いるカンパニー・・・

単なるダンススクールでは

ないわね(゜▽゜;)

そんなダンスだけでなく

生き方も「Funk」な彼女に

リー・フォーアド(Leigh Foaad)さんは

別の愛称Miss Funk

与えたんですって。

うん、すごく

彼女を表している

素敵なニックネームね!!

そんな「ミス・ファンク」こと

ジャッキー・ロペスさんの

ダンス動画も見つけたので

貼っておくわ~!

彼女の、命から、魂から

楽しんでいるダンスは

たくさんの人の心に

生きるエネルギーを

与えてくれるよう!

こういう人を

「ミューズ」って

呼ぶのかもね(・ω・)

スポンサーリンク

3.ジャッキー・ロペス(Jackie Lopez)が「奇跡のレッスン」に!伝えるのは「パッションとエネルギー」!!

そんなジャッキー・ロペスさんが

日本の子どもたちに

「奇跡のレッスン」!!

出典:NHKドキュメンタリー

ここまで経歴を見てきただけに

この人が伝えるものは

決してテクニックだけでは

無いことは分かるわね~!

ダンスとは自己表現。

そんな基本だけど

つい忘れてしまうことを

それこそ細胞レベルで

思い返させてくれそうな

ジャッキー・ロペスさんのレッスン。

とかく日本では

「予定調和」が尊重される

「ことなかれ主義」

それも文化として

大切なことでもあるけれど。

「自分ってなんだ!?」

これをとことん突き詰めて表現する

ジャッキーさんが伝えるダンスは、

受けた生徒がこれから生きていく中で

大きな糧になるんじゃないかしら?

芸術は私の人生を救った。

私が本物の自分を表現する

唯一の方法だった。

とはジャッキー・ロペスさんの話。

彼女が日本人の子どもたちに繋ぐ

「パッション」

熱いモノがこみ上げそうなアフロよ(T^T)

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする