八田靖史(新大久保韓国料理)マツコにおすすめオモニの味は?経歴や著書も!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

ゴハンが美味しいこの季節。

テレビの方も、胃袋に訴えてくる

飯テロ的番組が多い印象を受けるのは

アフロだけかしら?

新谷梨恵子(さつまいも)がマツコに!オススメスイーツ&農カフェきららの場所メニューも

竿代信也の和栗専門店とモンブランスタイルの場所・メニュー・価格は?マツコ絶賛おすすめマロンスイーツも!

今回は「マツコの知らない世界」

「新大久保の世界」について熱く語る

「韓国料理コラムニスト」

八田靖史さんについて調べてみたので

良かったら一緒に見ていってね♪

プロフィール

出典:http://www.kansyoku-life.com/

八田靖史(はった・やすし)

生年月日:1976年

出身地:東京都

出身校:国立東京学芸大学アジア研究学科卒業

ヨンセ大学語学堂

職業:コリアン・フード・コラムニスト

1.八田靖史(韓国料理コラムニスト)プロフィール!

八田さんは1976年生まれの42才。

1999年に1年3ヶ月の

韓国留学を経験した八田さんは、

そこで韓国料理の魅力に

どっぷりとハマってしまうのね。

その愛と情熱で

2001年に韓国留学から帰国した後は、

新大久保でアルバイトを始めたというから

本当に心奪われる韓国料理と

出会われたのねー(*^^*)

当時、新大久保の韓国料理店で

日本人がアルバイトをするのは

すごく珍しかったみたい。

何でも最初に行う人は大変ね…、

このバイトで相当揉まれたとのこと。

韓国が好きな八田さんだったけど

留学だけでは仕事にならない、使えない。

何かのプロにならなければ!

と思われるあたりは、リアリストね。

考えてたどり着いた結論が

「文章を書くことが好きだったことから、

韓国料理について文章を書こう!」

ということだったみたい。

こうして、韓国に関するコラムなどを

書き始めたのね。

新大久保でのアルバイトと同じ2001年に

韓国料理をテーマにしたメールマガジン

「コリアうめーや!!」を創刊!

同名サイトも立ち上げ、

韓国料理に関する情報を発信して

いかれることに(°∀°)

そんな八田靖史さんの経歴は

これまた韓国に関するものばかり!

2002年には国立東京学芸大学の

アジア研究学科を卒業。

また2000年には本場ヨンセ大学の

語学堂を卒業されているわ。

コリアン・フード・コラムニスト

としての活動はもちろんのこと、

現在は、放送・講演をはじめ

トークイベントなどに多数出演!

韓国のディープで美味しい情報を

日々発信されておられる模様。

そんな八田靖史さんのメインの活動は

このウェブサイト「韓食生活」のようね。

韓食生活

http://www.kansyoku-life.com

血肉の通った八田靖史さんの韓国情報!

濃縮度が高すぎること

間違いないわ~っ!!(°∀°)

スポンサーリンク

2.八田靖史(韓国料理コラムニスト)の著書紹介

そんな八田靖史さんの

「ハズレなし」な韓国情報は

八田さんの著書で確認できそうよ。

【魅力探求!韓国料理】

出典:Amazon

イベントプロデューサーで

元韓国日報記者でもある

佐野良一さんとの共著であるコチラの本は

初心者から通まで納得の一冊!

「チャングムの誓い」で出てきたあの料理は!?

…なんて話題もあるのが

韓国素人のアフロでも興味が引かれるところ!

宮廷料理からキンパブまで、

ソウル近郊から田舎まで…と

辞書並みに幅広く網羅された内容と、

韓国をよく知る人なら「そうそう!」と

思わず頷いてしまうという

コラム(ぼやき!?)が秀逸なんだとか!

単に「美味しい料理を知る」グルメ本ではなく

食文化や背景など韓国についてより深く

知りたい人にぴったりの一冊よ♪

さらにエッジか効いたのが

15年をかけた究極の韓食紀行、

【八田靖史と韓国全土で味わう

絶品!ぶっちぎり108料理】

出典:Amazon

自身の名を冠した集大成の一冊は

もう隅から隅まで韓国料理への愛が

あふれまくっているんだとか。

驚くべきは、その情報量!

レビューで「韓国料理百科」

表しておられる方がいて、

「なるほどね~」と思ったわ(>ω<)

【食の日韓論 ボクらは同じものを食べている】

出典:Amazon

天才的な胃袋を持つフードライターが、

「食」の一点で突破・展開する新しい日韓論が誕生!

と紹介されているこの一冊。

「食」という切り口から

日本と韓国を繋げようとする

八田さんの親善大使的な一面も伺えるわね。

何かと話題になりがちな日韓関係。

美味しいものを食べて世界平和って

素敵よね(*’ω’*)

そんなわけで慶尚北道、および

慶尚北道栄州(ヨンジュ)市広報大使

としての顔も持つ八田靖史さん。

食だけでなく日本と韓国の

「架け橋」となるべく奔走する

八田さんはハングル語に関する本も

出しておられるわ。

【イラストでわかる はじめてのハングル】

出典:Amazon

【八田式イキのいい韓国語あります。】

出典:Amazon

机上ではなく生身の身体で

食も言葉も体得してきた八田さんだからこそ

描くことができた韓国の食と文化の本。

美味しい韓国料理に出会うためにも

是非いちど手に取って

読んでみたいわね~(*^_^*)

八田靖史さんおすすめの
韓国料理については次のページに
進みます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする