宮本喜臣(チーズ洗練士)ソムリエの店コパンドゥフロマージュの商品!湯浅醤油チーズって?

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロです。

今日は現在、日本に1人しかいない

チーズ洗練士

宮本喜臣さんを紹介するわねー!

夜のお供にチーズとワイン…

そんな暮らしに憧れつつ、

お世話になるのは6Pチーズ…(*T^T)

だけど、たまには贅沢して、

本当にチーズそのものの薫りが楽しめる

ナチュラルチーズを楽しむのも良いかも♪

今回の宮本さんは

そんなチーズの世界にハマりすぎて

凄いことになった

世界に誇る日本人の1人!

一緒に見ていきましょ♪

プロフィール

出典:コパン・ドゥ・フロマージュ

宮本喜臣

生年月日:1973年月日不明

出身地:和歌山県紀の川市

目次

  1. チーズソムリエ・チーズ洗練士、宮本喜臣とは?
  2. 宮本喜臣の仕事・チーズ洗練士とは?
  3. 宮本喜臣の店コパンドゥフロマージュの商品

スポンサーリンク

1.チーズソムリエ・チーズ洗練士、宮本喜臣とは?

宮本喜臣さんは1973年、

和歌山県紀の川市生まれ。

自然豊かな環境の中、

のびのびと大きくなられた模様(*^^*)

そんな宮本さんに転機が訪れたのは2003年、

花びらの形にカットされたチーズを見て

衝撃を受けたんですって。

食べるほどに広がるチーズの世界に

どんどん魅力された宮本さん。

そこから独学で勉強を始め、

2018年には和歌山県内初の

チーズプロフェッショナル協会の資格を取得。

2013年には

フランスチーズ鑑評騎士の会から騎士の称号

ジュヴァリエ・デュ・タストフロマージュ

を受賞!!

本場から認められた宮本さんも凄いけど、

フランスチーズ鑑評騎士の会、っていうのが

あることにまずビックリだわ。

リボンの騎士ならぬチーズの騎士…

素敵すぎじゃない!?(*´∀`)♪

ついには2014年

サラリーマンを辞めて、

地元の和歌山紀の川市に

ナチュラルチーズ専門店

Copain de Fromage(コパン・ドゥ・フロマージュ)

を開業されました!

コパン・ドゥ・フロマージュは

「チーズの仲間」っていう意味が

あるんですって。

チーズを愛する宮本さんらしい

愛とセンスがあふれたお名前ね♪

2.宮本喜臣の仕事・チーズ洗練士とは?

さて、そんな宮本さん、

実は日本で唯一の

チーズ洗練士!

チーズ洗練士っていうのは

スパイスやハーブ、お酒などで

チーズに風味付けをして

「洗練する」職人さんのことなんですって。

ただでさえ美味しいチーズが

宮本さんの手にかかると

さらに美味しいことに…!

そのままで美しい女性が

一流プロデューサーの手によって

さらに輝きを増すスターになるみたい☆

うーん、ロマンティック!!

宮本さんの素敵なところは

その風味付けに

地元和歌山の特産品を使っていること。

金柑や紀州備長炭、

肉桂、ぶどう山椒…

そして湯浅醤油!!

コパン・ドゥ・フロマージュの

オンリーワンのチーズ、

食べてみたいわねー!!

スポンサーリンク

3.宮本喜臣の店コパンドゥフロマージュの商品

そんなチーズのソムリエにして

日本唯一のチーズ洗練士の宮本さん。

宮本さんの更に素敵なところは、

その風味付けに

地元和歌山の特産品を使っていること!

金柑や蜜柑に紀州備長炭、

肉桂、ぶどう山椒…

そして湯浅醤油!!

2016年には湯浅醤油を使った

今までにないオリジナルチーズ

「MOROMI formaggio」(モロミ・フォルマッジョ)

イタリアで開発。

イタリアの硬質系チーズに

和歌山の湯浅醤油のもろみで

風味付けしたものなんですって!

凄く気になるわー!!

コパン・ドゥ・フロマージュの

オンリーワンのチーズたち…

食べてみたいわー!!(o>ω<o)ノシ

出典:コパン・ドゥ・フロマージュ

まとめ

いかがだったかしら?

日本唯一のチーズ洗練士、

宮本喜臣さん。

「チーズの仲間」と名付けられた彼のお店が

その人柄を現しているようで

とっても素敵ね☆

お店には宮本さんがセレクトした

選りすぐりのチーズが常時20種類以上あるほか、

オンラインでも注文できるみたい。

コパン・ドゥ・フロマージュ

和歌山まで行くのが厳しい人は

こちらも利用したいところ。

プレゼント用のラッピングも可愛くて

ちょっと人とは違う贈り物を

探している人にはぴったりかも!

ぜひチェックしてみてね。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする