音羽山観音寺(奈良県桜井市)の極上精進料理!【やまと尼寺精進日記】の献立帳や行き方調査!

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ。

アフロは今、

関西の割と賑やかなところで

ムッシュと息子と暮らしているけれど、

実はもともとは

緑豊かな自然いっぱいの町で生まれ、

カエルの声を子守歌に育ってきたのよね。

そんなアフロ、

田舎の風景を映した番組には

否応なしに癒やされるんだけど・・・

今回ご紹介する

NHK Eテレの【やまと尼寺精進日記】も

そのひとつ。

空気感も登場人物も

そして出てくるお料理も!

目にも心にも優しくて

癒やされます(*^_^*)

見た目の優しさと違って

お寺に至る道は

かなりハードそうだけど・・・^_^;

その当たりも含めて

調べてみたので、

良かったら見ていってねー!!

出典:NHKドキュメンタリー

スポンサーリンク

目次

  1. 【やまと尼寺精進日記】の舞台・音羽山観音寺(奈良県桜井市)って?
  2. 音羽山観音寺(奈良県桜井市)の極上精進料理!献立帳は
  3. 音羽山観音寺(奈良県桜井市)への行き方調査!

1.【やまと尼寺精進日記】の舞台・音羽山観音寺(奈良県桜井市)って?

今回の舞台、

音羽山観音寺は

奈良の中南部にある桜井市の

山の中にあるお寺です。

その歴史は1200年以上!

飛鳥時代の学僧・定慧が

妙楽寺というお寺を建てたとき

(今の談山神社)

この寺の「鬼門よけ」として

建てた・・など由来は幾つかあるみたい。

ご本尊は木造の

千手千眼十一面観音菩薩立像

出典:桜井市観光情報サイト

音羽の観音さんと慕われる

こちらの観音菩薩は

古くから眼病平癒に霊験が

あるとのこと。

最近、視力が落ち気味のアフロ

・・いつかお参りしたいところね^_^;

境内の東端には

大きなイチョウの木があり、

県指定文化財みたいよ~!

こちらのお寺を舞台とした

「やまと尼寺精進日記」

初めて放送されたのは、

2016年の7月。

「文月 万葉ハーブの贈りもの」

というテーマで放送されたところ、

視聴者からの反響が良く

翌年2017年2月に続編の

「如月(きさらぎ) 冬ごもりの楽しみ」

が放送。

これまた大人気で

レギュラー化を求める声が

たくさんあがったんだとか。

(うん、分かる分かる!(*^_^*))

2017年4月から

月1回の放送で

レギュラーとなりました。

この月1回がクセモノなのよね~。

つい忘れちゃう(;´Д`)

基本、一ヶ月の最終週の

日曜18時でEテレで放送。

再放送は水曜 のお昼0時25分から。

再放送は土曜の5時30分から。

出来れば、

ふとテレビを付けたときに

映っていた・・というのが

個人的にはベストなんだけど、

忘れる確率が多いので

見たいときは録画必須よ~!(・▽・)v

内容は、奈良県桜井市の

山の中にある尼寺

音羽山観音寺での日々の生活と

そこに訪れる人たちとの交流、

そして何より見逃せないのが

そこで作られる精進料理!!

料理に関しては次で詳しく

書くけれど、

料理以上に良い味を出しているのが

ここに出てくる3人の女性。

音羽山観音寺のご住職である

「後藤密榮(ごとう・みつえい)」さん。

副住職の

「佐々木慈瞳(ささき・じとう)」さん。

そして、4年ほど

お手伝いをしている「まっちゃん」。

この3人が織りなす空気感が、

奈良奥山の景観との合わせ技で、

なんとも言えない良い癒やし感を

醸し出しています。

出典:NHKドキュメンタリー

月1回放送される度に

その「季節」を感じさせてくれる

「料理」と「自然」。

都会暮らしで、

とかく自然感を忘れてしまい

疲れてしまった大人に、

懐かしさと安らぎを与えてくれるわ。

なかなか実生活では難しいけど

「丁寧に生きる」ってこういうことね・・と

しみじみ思ってしまいます(T^T)

スポンサーリンク

2.音羽山観音寺(奈良県桜井市)の極上精進料理!献立帳は

さて見逃せないのが

番組で出てくる

「会席料理」と見紛うばかりの

手間暇&心がこもった

こちらの「精進料理」!!

出典:NHKドキュメンタリー

・・見ているだけで

しあわせ~♪な

気持ちになってくるわね!

地産地消というか

身土不二というか、

音羽寺の尼さん達が

食べる人のことを思いながら

自ら収穫した山菜や野菜。

その食材を丁寧に扱って

作られた料理の数々は、

素材の持つポテンシャルはモチロン

作り手の尼さん達のエネルギーも

詰まっていそうで・・・

出典:NHKドキュメンタリー

なんか・・・見てるだけで

泣けてきそう・・・!(T^T)

料理を作っている様子は

番組の中でもあるけれど、

作り方自体は放送の中では

扱ってないのよね。

でも、関連番組の

やまと尼寺精進日記

季節の恵み献立帳

紹介されているわ。

こちらは毎週火曜、

午後12時50分から

放送されているみたい。

再放送は金曜の午前11時50分からと

日曜の午前8時57分から。

こちらも要チェックね!

スポンサーリンク

3.音羽山観音寺(奈良県桜井市)への行き方調査!

さて、ここまで来たら

もう見ているだけでは

もの足りない!

実際に行ってしまおう!!と

思った猛者のアナタに、

音羽山観音寺へのルートを

紹介するわね。

音羽山観音寺の住所は

633-0023

奈良県桜井市大字南音羽832

(TEL:0744-46-0944)

大阪からなら近鉄線で

大和八木経由乗り換えで

「桜井」へ。

大体これで一時間弱ね。

「桜井」からは

南口にあるバス停から

バスに乗り換え。

奈良交通の1番のりば、

談山神社(多武峯線)に。

15分ほどで目的地

「下居(おりい)」に到着。

そこからが修行とも言える

登山の始まり!!

勾配30度はあろうかという坂を

歩くこと約50分で到着。。。

なので行くときは

「登山の格好で」が

マストのよう・・・(゜Д゜;)

途中に駐車場もあるので

車で来た人は

バスで来た人より

少し距離は短くなるみたいだけど、

それでも心臓破りの坂は

避けることが出来ないみたい^_^;

だからこそ、

そこに広がる空間に

生き返るような感動を

覚えるんでしょうね・・。

こちらでは宿坊なども

やっている模様。

一泊二食で7000~10000円。

先ほどの命に美味しい精進料理も

予約をしておいたら頂けそう♪

こちらは2500~5000円(要予約)

まさしくリトリート!!

でも、アフロは当分TVだけで

満足することにします・・^_^;

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

奈良県桜井市にある

尼寺・音羽山観音寺。

「やまと尼寺 精進日記」

住職・副住職、そして

お手伝いのまっちゃんが織りなす

本当に自然体の番組だと思うの。

「人間らしさ」って何だろう?って

思うとき、この番組から

何かヒントをもらえそう。

そして、本当に大切なものに

気付くきっかけも。

豊かな自然と

愛あふれる3人&料理を見ながら、

優しい気持ちにあふれた時間を

過ごせると思います(*^_^*)

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする