山口とも(ともとも:廃品打楽器協会)本名・年齢は?廃材楽器イベント情報!

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロです。

今回は、

アフロのオススメアーティスト

山口ともさん(愛称:ともとも)

お伝えしたい思います。

出典:トモオフィス/日本廃品打楽器協会

1度見たら忘れられない風貌と

パフォーマンス。

2018.4.15(日)には

心斎橋に来られます。

あなたの町にもやってくるかも!?

スポンサーリンク
目次

  1. 山口とも(ともとも)とは?
  2. 山口とも(ともとも)の廃品楽器とは?
  3. 山口とも(ともとも)のイベント情報。今月は心斎橋にやってくる!

1.山口とも(ともとも)プロフィール。本名・年齢は?

山口ともさんは東京都出身。

しかし、

生年月日や本名などは不明

多分「とも」では

ないと思うんですけどね~(^_^;)

ご家族が

超音楽一家だということは

分かっています。

祖父は「かわいい魚屋さん」などの

作曲で知られる山口保治氏。

出典:愛知の郷土史、偉人、祭り・伝統産業

父は新日本フィルハーモニー交響楽団

名誉首席ティンパニ奏者

日本打楽器協会会長山口浩一氏。

出典:Pearl

さらに叔父・叔母は

打楽器奏者の山口恭範と吉原すみれ

曾祖父は愛知県で霞座という

芝居小屋をもっていたという、

恵まれた音楽環境下

育っておられます。

しかし、

ご本人は子ども時代

祖父の音楽教育について行けず

「音楽家にはなるまい」

考えておられました(笑)

なので音楽大学には進学せず、

自己流で打楽器演奏を学んだ

いうことです。

「音楽」に括られない

自由な発想・演奏は

きっとそこから来ているのでしょうね。

音楽の世界へ足を踏み入れたのは

つのだ☆ひろのアシスタント

してだそうです。

もともとはドラマーでしたが

つのだ☆ひろが既に

ドラマーだったため、

パーカッションに転向しました。

1980年には

「つのだ☆ひろとJAP’S GAP’S」でデビュー。

解散後は、フリーの

パーカッショニストとして活動。

中山美穂・今井美樹・平井堅・石井竜也など

さらには狂言師の大倉基誠氏、

2013年には石川さゆり

数多くのジャンルを超えた

アーティストと共演されています。

今の廃品楽器を使うようになった

きっかけは1995年の

音楽劇「銀河鉄道の夜」。

宇宙的な音を要求され、

概製の楽器ではどうしても

思った通りの音が出せず、

それならば自分で楽器を

作って見ようと思った。

出典:トモオフィス/日本廃品打楽器協会

これをきっかけに

今のキャラクターが出来上がり、

2004年「打楽器コメディアン」として

浅草東洋館(フランス座)に出演。

2003年~2006年には、

UAと一緒にNHK教育テレビ

「ドレミノテレビ」

「ともとも」の愛称で出演しました。

出典:トモオフィス/日本廃品打楽器協会

この番組、

色んなものを音で表現するという

かなり実験的なものでしたが、

面白かったですよ-。

スポンサーリンク

2.山口とも(ともとも)の廃品楽器とは?

山口ともさんの音楽の特徴は

なんと言っても

廃品・廃材から音楽を作り出す

というところです。

出典:トモオフィス/日本廃品打楽器協会

↑例えばコレ。

頭と両足に一斗缶を履き、

廃材で叩きながらかつ

歩きながら足で床を打ち鳴らし、

リズムを出すという

パフォーマンス!

正統派音楽の重鎮が見たら

目を丸くしそうです(゚Д゚;)

「音楽」が

「楽器を作る」ところから

始まっているんですね。

廃材に命を吹き込むところからです。

そこから、とても

温もりと動きをもった音が

発生するのです。

そして何より

演奏している

ともともさんが楽しそう!

僕は ”音楽=音を楽しむこと” と思っている。

決して音を楽しむことを忘れてはいけない、

自分自身が音楽を楽しんでいなければ、

それを聴きにきてくれた人を楽しませたり、

気持ちよくさせることができないと思う。

僕は子供から老人まで楽しめる

言葉のいらない音楽を目指している。

頭で難しく考える音楽よりも、

単純に目や耳で楽しめる音楽のほうが

僕は好きだ。

音楽を楽しむということは

世界共通 だと思う。

出典:トモオフィス/日本廃品打楽器協会

それは幼少期、

自らが音楽教育の中で体験した

つらい挫折を乗り越えて得た

心からの想いであり

使命のように

アフロは感じました。

今、世界でも廃材を使った

オーケストラが注目を浴びているとのこと!

ランドフィルハーモニックの曲購入は?ゴミ捨て場オーケストラがドキュランドに!日本のガラクタ演奏家山口ともも!

音楽を楽しむというハードルを下げること。

それはこれから子供たちが音楽に触れていくときに

一番必要なことかもしれないですね。

スポンサーリンク

3.山口とも(ともとも)のイベント情報。今月は心斎橋にやってくる!

そんな山口ともこと

ともともさんは、

全国各地で巡業イベントを

行っています。

2018.4.15には

大阪心斎橋BIG STEPへ。

心斎橋大階段イベントスペースにて

ミッチェリーさんと共に

「ピアニカの魔術師」 フリーライブ

開催されます。

なんと入場無料!

時間は1回目が 13:00~13:30

2回目が 15:00~15:30です。

他にも各種会場で色んな

イベントや公演を行われ、

また受け付けておられますので

気になる方(特に学校関係者)は

お問い合わせしてみるのも

良いかもしれません(*^_^*)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

廃品打楽器協会会長

山口とも、こと

ともともさん

ご自身の紆余曲折を超えて

「廃品楽器」という

唯一無二のジャンルを築かれましたね。

そこには抑えても溢れる

あつい音楽への渇望が

あったのかも。

音楽とは楽しむこと。

そんな「音楽」の本質に

触れさせてもらえる

山口ともさんの活躍に

今後も期待していきたいです。

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする