小林邦宏(世界の花屋バイヤー)ケニア・ソジャンミ農園のバラをせかほしと大阪梅田蔦谷で語る!

スポンサーリンク
  1. こんにちは!

マダム・アフロよ。

バラの美しい季節に

なってきたわね~♪

そんな季節に合わせてか

2018.6.7 NHK放送の

「世界はほしいモノにあふれている」

では、

「世界の花屋」のチーフバイヤー

小林邦宏さんが

「日本未上陸!幻のバラ ロンドン&ケニア」

について語って下さいます!

幻のバラ・・・気になるわぁ!(*^_^*)

「新しくユニークな花」

見つけるために

1年の大半を海外で過ごしている

小林邦宏さん・・・

その熱い想いがこもった

「世界の花屋」

小林邦宏さんの活動を

今回は調べてみました!

スポンサーリンク

目次

  1. 小林邦宏がチーフバイヤーを務める「世界の花屋」って?
  2. バイヤー小林邦宏イチオシのケニア・ソジャンミ農園のバラ
  3. 小林邦宏が大阪梅田の蔦谷書店でトークショー!ケニヤのバラとコーヒーを語る

1.小林邦宏がチーフバイヤーを務める「世界の花屋」って?

出典:PR TIME

今回ご紹介するのは

「世界の花屋」のチーフバイヤー、

小林邦宏(こばやし・くにひろ)さん。

小林邦宏さんは1977年

東京都出身。

大手総合商社勤務を経て

2005年に

株式会社グリーンパックスを設立。

切り花の輸入業がメインの仕事だけど、

「世界のユニークなモノ」を探しつつ

1年の半分以上海外で過ごす

別名「フラワートラベラー」!!

これまでに訪れた国は

100カ国以上・・・!

アフリカだけでも

15カ国以上訪問しているって。

まさしく「世界の花屋」ね!!

その「世界の花屋」レーベルは

2017年からプロデュースとのこと。

「お花の世界に新たな風を吹かせる」

を使命に、

それこそ全国津々浦々・世界各地を

飛び回っておられるみたい。

その活動は国内だけでなく

アフリカでも高い評価を

受けておられるそうよ。

「フラワートラベラー」

まさしく小林邦宏さんの

天命って感じねー!

小林邦宏さんの

「世界のユニークなモノ」を探す旅は

「世界の花屋」HP内で

コラムとして都度アップされていて

こちらも人気とか。

覗いてみたけど

本当にその国の良さが伝わってくる

写真が凄かったわー!!

例えばコチラ

中米コスタリカの首都サンホセ

出典:小林邦宏の「月に一回 世界一周の旅」

草の匂いや、風の感じさえ

届いてきそうな

素敵なフォト・・・!

もうね、本当に

見ているだけで

世界旅行が出来た気分。

この感じは

インスタグラムでも

受け取ることができるわ。

小林邦宏インスタグラム

花を、そして旅を

心から愛し、

楽しんでおられるんだろうなぁ。。

フラワートラベラー

恐るべし!!

スポンサーリンク

2.バイヤー小林邦宏イチオシのケニア・ソジャンミ農園のバラ

「世界の花屋」は文字通り

アフリカ、中南米、アジアなど、

世界中の農園に

バイヤーが直接足を運び、

そこで出会った素敵なお花を

日本にいる私たちとを

繋いでくれます。

その中でも

メインパートナーになっているのが

ケニアのソジャンミ農園

出典:世界の花屋

場所は、

首都ナイロビから

車で片道4ー5時間ほど

行ったところにある

リフトバレーの

ナクルという町。

ケニアでバラって

個人的には

とてもビックリだったけど、

実はバラの栽培には

最適な気候条件が

揃っているのね。

赤道直下にあるケニアは

海岸部は一年中高温多湿だけど、

ナイロビ~ケニア西部にかけて

標高1700~2000メートルの

高地が広がっていて、

こちらは湿度が低く

一年中涼しいみたい。

雨が降り続くことも少なく

花の育成に必要な日照が安定し、

日中の気温は年間通して20~23度、

夜も10~15度、と

バラの育成に

とても適した気候条件が

揃っているとのこと。

ケニアの主要な輸出品は

紅茶と(これも意外!?)

バラをはじめとした切り花のよう。

そのいくつかある

主要なバラ農園のうちのひとつが

標高2400mにある

ソジャミン農園。

出典:世界の花屋

「世界の花屋」に卸すため

大切に育てられたバラは、

茎が太く大きな花をつけるのが

特徴的とのこと。

「グリーンウェイ」4,000円~(税抜)

出典:世界の花屋

「レディバタフライ」4,000円~(税抜)

出典:世界の花屋

他にはなかなかない

「生産者」と「売り手」の

密なコミュニケーション

商品のバラに更なる輝きと

生命力を与えているような

気がするわね~!!

出典:世界の花屋

スポンサーリンク

3.小林邦宏が大阪梅田の蔦谷書店でトークショー!ケニヤのバラとコーヒーを語る

さて、そんな素敵な

小林邦宏さんが

大阪でトークイベントを

されるとのこと!

開催の日にちが

今週の金・土ということで、

間際なんだけど、

現地のコーヒーを頂きながら

ケニアとバラのリアルな話、

聞いてみるって楽しそう!

しかも参加者には

「名もなきバラのブーケ」の

お土産つき!

出典:PR TIME

「世界はほしいモノにあふれている」の

裏話も聞けるかも?

開催情報

開催日 2018.5.25-26
時間 19:00~20:30
(開場18:30)
場所 梅田 蔦屋書店
4thラウンジ
参加費 3000円
定員 50名

申し込みは店頭か

オンラインで出来ます。

T-SITE SHOPPING 梅田蔦谷書店

(イベントは終了しました)

場所&お時間の都合が

つきそうな方は是非!

そして頂いたバラで

素敵な週末を過ごしましょ♪

さらに今の季節は

直接バラ園に足を運ぶのも

オススメよ(*゜∀゜*)

関西バラ園情報①霊山寺(りょうせんじ)【奈良】、開花とカフェ情報

関西バラ園情報②靭公園【大阪市西区】、毎年恒例のバラ祭は中止!?

まとめ

いかがだったかしら?

「世界の花屋」のチーフバイヤー

小林邦宏(こばやし・くにひろ)さん。

旅と花を愛して

世界を何周もされている

小林さん・・・本当に凄いわねー!

そこには、

生産者の想いや熱意を

消費者に届けたい、という

真っ直ぐな想いも感じられ、

だからこそ

作り手にも買い手にも

愛される存在になっているのでは

ないかしら?と思ったアフロです。

5月末の梅田の蔦谷書店、

ならびに6/7の放送では

どんなお話が伺えるのかしら?

楽しみです(*^_^*)

本日も最後まで読んでくれて

ありがとうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする