少年騎手シラ&フィルマンのドキュランド感想!インドネシア競馬ジョッキーの宿命や賞金は!?

こんにちは。

マダム・アフロよ。

親が子を想う姿…

数々のドキュメンタリーの中で見る

無償の愛には、親子愛の原点を思い出し

思わず涙がこぼれてしまうわね…(T_T)

今回は逆の、さらにピュアな愛に

涙がこぼれそう…。

一家の生活のために小さくして

競馬界で活躍しているという

インドネシアの少年ジョッキー・シラ(Sila)くん、

そしてライバルのフィルマン(Firman)くん。

そんな二人とインドネシアの少年競馬について

調べてみたので、良かったら一緒に見ていってね。

スポンサーリンク

1.インドネシア・スンバワの少年競馬について

舞台となるのはインドネシア

スンバワ島(Pulau Sumbawa)

ロンボク島とフローレス島の間にある

この波上の卓状地からなる島は、

面積は15,448km2で人口100万人。

米・トウモロコシ、綿、タバコ、白檀や

天然ハチミツ、紫小玉ねぎなどを作っているけど

長く続く乾季に耕作ができる土地は

3万haしかないらしいわ…(-_-;)

お金を稼ぐ手段がほとんどないスンバワは

インドネシアの中では貧しい地域の一つのよう。

出典:Google Map

そんな貧しいスンバワの、

もう一つの名産が「馬」!!

色んな条件が重なって

スンバワの子供たちは

小さいころから馬と慣れ親しむ

環境にあるようね。

スンバワでは教育レベルは最小限。。

それよりも生きていくために

現金を手にする方が死活問題。

だから、スンバワの子供たちにとって

(親や家族にとっても)

騎手になってレースに出ることは、

自分のためにも家族のためにも

最後にして最高の希望として

光り輝いて見えるのね。

その結果、スンバワの伝統として

少年競馬レースが何世紀にも渡って受け継がれ、

父親・祖父・曾祖父まで

皆ジョッキーだったという家族も

たくさんあるようね。

…過酷すぎるわ~( 一_一;)

一応、法律上、インドネシアでは

15才未満の子供が働くのは違法なのね。

でも、実際には多くの子供が3才ころに

騎手として活動を始めているのが現実。

スンバワの馬は小さいこともあり

騎手が小さいほど、軽いほど、

馬は速く走るのね。

その結果、馬のオーナーが若年齢の

少年騎手獲得に積極的という背景も。

レースは貧しいスンバワの

大きなマーケットでもあり、

違法なギャンブルだけど、

お役人も目をつぶっているんだとか。

需要と供給のバランスとはいえ、

ちょっと辛いわねー。

少年競馬は凄く活気のある市場で、

小さいジョッキーの需要はとても大きいのね。

実際1人のジョッキーが家族全員、

世代全体を養えるというから凄いわね。

小さい男の子は家族のため、自分のため、

まさしく自分の人生をかけて

早くから稼ぐことに…泣けてしまう。。

馬は大きくて、一人では乗れない。

だから父親など大人の人に

乗せてもらって、走るのね。

そして発する事故。。

多くの小さなジョッキーが身体不自由になり、

何人かは命を落としてしまうのね。

幼稚園クラスの男の子が

家族を養うために、

疾走する馬に身を預ける姿…

男の子の親としては

本当に身につまされるものがあるわね。

スポンサーリンク

2.少年ジョッキー・シラ(Sila)とフィルマン(Firman)

NHK「ドキュランドへようこそ」

今回、登場するのは

スンバワ(Sumbawa)の主要都市ビワで

少年騎手・ジョッキーとして活躍する

シラ(Sila)くんと

出典:https://ridersofdestinyfilm.com/

フィルマン(Firman)くん。

出典:https://ridersofdestinyfilm.com/

主人公の一人・シラ(Sila)くんが

初めて馬に乗ったのは僅か2才の時。

乗せたのは自らもかつて

騎手として活躍していた父親。

そのさらに父親で、

シラ(Sila)くんの祖父にあたる男性も

ジョッキーだったというから、

ある意味サラブレッド騎手でもある彼は、

連戦連勝の大スター!!

馬のオーナーをして

「彼と馬は完全に一つになった」

言わしめるほどの才能を見せる

シラ(Sila)くんのおかげで、

家族はもう働かなくて良いように。

引く手あまたの人馬一体天才騎手だけど

読み書きは苦手で、

家族も学校教育なんて必要ないと

考えているようなのね。

…うーん。。

色々と考えてしまう(-_-;)

もう一人の主人公・フィルマン(Firman)くん。

どうやらシラ(Sila)くんの2才年下のようね。

幼くして父親が失踪し、

貧しい母親はフィルマンくんを養えない。。

そんなフィルマンくんは

親戚のところに身を寄せて

暮らしているとのこと

ジョッキーとして活動を始めたばかりの

フィルマン(Firman)くんは、

年間100日間レースに出ているんだとか。

満身創痍になりながら馬に乗り続ける

フィルマン(Firman)くん。

その原動力となっているのが

お母さんを助けたい…という気持ち。

アカン、泣けるわー!!!(T_T)

まだ学校にも行っていない

あどけない少年…というか幼児が

自分より大きな馬に身を預け、

レースに身を投じる姿。。

それしか選択肢がないという

インドネシア・スンバワ島の環境も含め

色々と考えてしまうわねー。

スポンサーリンク

3.インドネシア競馬、少年騎手の賞金は?

インドネシアのスンバワ島・ビワ近郊で

日々行われている競馬レース。

1周1400メートルのコースで

裸足で馬に乗った子どもたち5~6人が、

約2000人の観客が見守る中

熱戦を繰り広げる日々。

出典:https://jp.reuters.com/

それに熱狂する観客たち。

そしてお金を数える

オーナーや運営する大人たち。。

色んな思惑やお金が動く

賞レースに参加している

無垢な子どもたちの心の中は

本当のところ、どうなのかしら?

家族が幸せになるように…そう思って

自分の背丈以上の馬にまたがる少年の姿は

純真であるが故に、

余計に切ないものがあるわね。

番組の中では1200m周回を走るごとに

数万ルピアの報酬がもらえると

あったわねー。

ちなみに優勝賞金は

100万ルピア(約8200円)なんだとか。

グループを制覇すると

牛2頭ももらえるらしいわ。

…嬉しいよね。

うん、素直に嬉しいよね。

それがまた切ないのよねー(´-ω-`)

4.インドネシアの少年騎手の宿命がNHK「ドキュランド」に…感想も!

そんなインドネシア・スンバワ島、

ビワ近郊で行われている少年競馬。

その小さな少年騎手・ジョッキーに

スポットを当てた番組

NHK「ドキュランド」が

2019.8.9に放送!

貧しい土地で生まれた宿命か…

その貧困から抜け出すために

家族の期待を小さな背中で

一心に受け止めて、

大きな馬にしがみついて走る

シラ(Sila)くんとフィルマン(Firman)くん。

出典:https://ridersofdestinyfilm.com/

多くの仲間が落馬して傷つき、

時に命を失うような世界で、

残された選択肢・希望に向かって

失踪する彼らの姿…

子を持つ親としては

涙なくしては見られないわー(´;ω;`)ウゥゥ

「ドキュランドへようこそ」

なかなかスゴいのをやってくれるわね。。

2019.8.18追記

いやー、思っていた以上に、

色んな感情に飲み込まれた

秀逸なドキュメンタリーでした。

子どもを騎手にするときに

ずっと泣いていたという母親…

決して喜んで騎手にしたワケでは

ないのが、また切ないところ。

でも現実問題、息子が騎手になることで

家はとても豊かな暮らしが出来て、

お金の心配はしなくてもよくなる。。

大きくなった子は馬の調教師として

第二の人生を送る子が多いみたいだけれど、

成長期に何度も落馬して

曲がった足や体はもう

一生治らないのよね。

同じように育ってきた父親や祖父…

その人生に悔いはないのかしら?

だから息子にも同じことをさせるのかしら?

そもそも選択肢がないからこその

「騎手」という選択でもあるわけで…

難しいところね。

改めて感じたのは

「知識は武器」ということ。

今、日本に住んでいたら、

色んな方法・選択肢の情報が

スマホの端末一つで手に入る。

こっちがダメなら、

こっちを試してみよう…と

選ぶこともできる。

選択肢が多すぎる、というのも

悩みの一つではあるけれど(;^_^A

色んな人の伝記や話を聞くことで

「未来は切り拓くことができる」と

感じることが出来る。

この「感じることができる」のが

大切なことなのかもしれないわね。

だから、頑張ってみようと思う。

頑張ってみようと思う子供の心を

どういう方向で伸ばしていくか…

そこには大人の思惑や環境が

大きく影響を与えるのね。

シラくんやフィルマンくん…

その人生を「惨め」だとは思わない。

一生懸命生きている姿は、

やっぱり輝いている。

特にシラくんは誇りをもって

騎手(ジョッキー)をやっている様子が

伝わってきたように思うわ。

ただ、疾走する馬に裸足でしがみつく

子どもの姿を見ていると、

やっぱり「正しい姿」とは思えなかったのね。

まぁ、正解なんてないのかもしれないけれど。

子どもが命の危険を感じることなく

のびのびと成長できる世界で

あってほしいな、って改めて思った

アフロでした。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

NHK「ドキュランド」に登場する

インドネシア・スンバワ島の

少年騎手シラくんとフィルマンくん。

家族もきっと、我が子を喜んで

ジョッキーにしているわけではないと思うのね。

身も蓋もないけれど

「みんな貧乏が悪いんだー」!!

でも、夢と希望に向かって走る

少年たちの目に映っているのは

大人の色んな思惑ではなく

ただひたすら家族の幸せなんだろうなー。

少ない選択肢の中で、

どうすれば家族が笑顔になるか。

そのために自分は何が出来るのか。

そんな思いはきっと万国共通。

だからこそ見ていて

親としてさらに辛いものがあるのも事実。

運命は自分の手で変えられる!

そう豪語できる日本という国は

何のかんの言って、

本当に豊かで恵まれた国なんだな、と

改めて思ったりして。

その幸運を、チャンスを、

どのように活かして、

家族以外の人も笑顔にしていけるか…

そんなことを子供にも伝えていけたら

良いなって思うアフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする