新谷梨恵子(さつまいも)がマツコに!オススメスイーツ&農カフェきららの場所メニューも!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

食べるもの全てが美味しく感じるこの季節。

秋・サイコー!!(笑)

天高く馬もマダムも肥えるわよっ!!( ̄▽ ̄;)

今回ご紹介するのは

「マツコの知らない世界」で

「サツマイモの世界」を紹介してくださる

新谷梨恵子さん!!

これまた、めくるめくスイートな世界が

展開されそうで今からドキドキワクワクね!

新谷さんとそのお店、

魅力のスイートポテトスイーツについて

調べてみたので良かったら一緒に

見ていってねー!!

プロフィール

出典:https://watashi-style.org/story/file21

新谷梨恵子(あらや・りえこ)

生年月日:1978年

出身地:東京都江戸川区

現住所:新潟県小千谷市

高校:東京都立小松川高等学校

大学:東京農大国際農業開発学科

スポンサーリンク
目次

  1. 新谷梨恵子(さつまいも)プロフィール!
  2. 新谷梨恵子(さつまいも)の農カフェきららの場所やメニューは?
  3. 新谷梨恵子(さつまいも)オススメスイーツ

1.新谷梨恵子(さつまいも)プロフィール!

新谷梨恵子さんは元は東京都出身。

高校一年・15才の時に

「さつまいも」と運命の出会いを果たし

その魅力にはまった新谷さんは

さつまいもを使った町おこしを

志したというから驚きね!

読売新聞の投稿欄に載った

将来の夢は「農家の嫁」…

普通の15才の女の子が

なかなか見る夢ではないわね(^^;)

高校卒業後は大学は行かず、

東京を出て農業をしに行くか…

はたまたムツゴロウ王国に行くか…(笑)

それとも海外で農業の勉強をするか…

いろんなことを悩み考え、

最終的に東京農大国際農業開発学科に進学。

世界の食糧不足問題を

さつまいもで救えないか…という野望を持ち、

タイ・ベトナムなどで農業実習をし、

イモ類の研究をする研究室に入ったという

まさに「イモ人生一直線」の新谷梨恵子さん。

収穫祭で大学イモをやるから、

という理由で「歩けの会」という

サークルに入った新谷さんは

そこで日本一の焼きイモ祭りに

出会ったとのこと。

そして願えば夢は叶う!…のか!?

2000年には新潟県出身の

農家の息子である男性と結婚!

結婚式は、その千葉県栗源町で行われたみたい。

出典:https://blog.goo.ne.jp/ritz5323

…食べておられるのは

サツマイモね…( ̄▽ ̄;)

自分の結婚式もさつまいものウェディングケーキにし、

席札もさつまいもの品種にするという

まさしく「サツマイモ・ウェディング」を

果たした新谷梨恵子さん。

出典:https://blog.goo.ne.jp/ritz5323

ウェディングプランナーの方も

これにはビックリでしょうね(^^;)

野上ゆう子のウエディングプラン価格は?経歴や夫・子供、年収やボタニカル結婚式も!【セブンルール】

そして新潟県小千谷市に移住。

嫁ぎ先の畑をさつまいもで埋め尽くし、

焼き芋屋さんでバイトもしたという

新谷さん。

さつまいもを栽培している

農業法人で就農もされて、

さつまいもスィーツ(プリン)を開発。

そして満を持して2015年独立!

新潟県初6次産業化プロデューサーとして

「農プロデュース・リッツ」を創業。

「さつまいも農カフェきらら」の

オーナーとなって、

新潟からさつまいもと農業の魅力を

全力発信されておられるわ!

その中でも一番思い入れが強い

「べにきらら」

さつまいも農カフェ「きらら」の名は

べにきららから来ているそうよ(*^^*)

スポンサーリンク

2.新谷梨恵子(さつまいも)の農カフェきららの場所やメニューは?

そんな新谷梨恵子さんの

さつまいもへの愛がいっぱい詰まった

「農カフェ・きらら」。

そこの看板メニューは

何といってもコレ!!

焼き芋ソフトクリーム 420円

出典:食べログ

半分にカットされた焼き芋の上に

ガンジーソフトクリームが乗ったコチラ。

美味しくないわけがない!!

注文を受けてから焼き芋を温めているようで、

食べられるまでに5分少々かかるんだとか。

この待ち時間もワクワクの時間♪

新谷さん自身、

この焼き芋ソフトをマツコさんにずっと

食べてもらいたいと

長年ずっと思っておられたようで

今回の「マツコの知らない世界」では

その夢が実現!!

すくうスプーンにもこだわったという

新谷さんの焼き芋ソフト…

食べたマツコさんがどんな

リアクションをされるか楽しみね!

土台となるコーン代わりのさつまいもは

その時で変わるみたい。

10月中は紅はるかと紅あずまで

提供とのこと。

新谷さんの愛する「べにきらら」は

生産されている農園と相談の結果

本当に熟成し甘くなってから

出荷することになり(こだわり!!)

11月以降になるらしいわ。

「本当に美味しいさつまいも」が食べられる

「農カフェ・きらら」!

秋の新潟に行ったら外せないわねえ(^_^;)

「さつまいも」や「農業」に関する

色んな情報発信・販売をされている

農カフェ・きららでは

ランチも食べられるようで、

  • 日替わりランチ
  • 農家の焼きチーズカレー
  • さつまいもイエローカレー
  • さつまいもグラタン

が、1080円で提供されているみたい。

さつまいものグラタンやカレーはもちろん

新鮮な野菜を使った日替わりランチも

気になるところ!

お茶やご飯のおかわりは

無料という情報も!?

太っ腹ね~!!

場所は小千谷インター隣。

小千谷駅からは2,742mと

ちょっと歩かないといけないから

車で行くのが良さそう?

でも、しっかり歩いてから食べるのも

美味しいかも!

農カフェ・きらら

住所:新潟県小千谷市桜町2495-1

電話:0258-94-5995

営業時間:10:30~18:00

定休日:水曜日・木曜日

新谷さんのおすすめスイーツは
次のページに進みます!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする