山口幸隆(やま幸社長)マグロ仲卸人が情熱大陸に!会員制鮨店「乃南」や鉄板焼の「HIBACHI」も!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

魚に情熱をかける男性というと

夏に「情熱大陸」で放送された

「魚職人」前田尚毅さんが

まだ記憶に新しいわね。

前田尚毅のサスエ魚店の場所や値段・評判は?妻子や経歴、年収も調査!【情熱大陸】

色んな問題をはらみつつ

天下の台所が「築地」から

「豊洲」へと移った今週。

マグロをこよなく愛する

マグロ仲卸人「やま幸」社長

山口幸隆さんが「情熱大陸」に登場!

マグロ一筋36年というキャリアを持ち

素晴らしいマグロの目利き力と仕入れで

業界を牽引する山口幸隆さんについて

調べてみたので、

良かったら一緒に見ていってね♪

プロフィール

出典:https://news.yahoo.co.jp/

山口幸隆(やまぐち・ゆきたか)

生年月日:1963年

出身地:東京都

スポンサーリンク
目次

  1. 山口幸隆(やま幸社長)プロフィール!
  2. マグロ仲卸人・山口幸隆(やま幸社長)のこだわりが凄い!
  3. 山口幸隆オーナーの完全会員制鮨店「乃南」
  4. 山口幸隆オーナーの完全会員制鉄板焼店「HIBACHI(ひばち)」

1.山口幸隆(やま幸社長)プロフィール!

今週、世界最大の

水産マーケット・築地市場が

83年の歴史に幕を閉じ

豊洲へと移転したのは、

工事における色んな問題も含めて

とても話題になったわね。

この市場には現在、マグロの仲卸だけで

200店舗が存在するらしいけれど、

そのうちの31店舗のシェアを持ち

トップクラスの売り上げを誇るのが

「マグロ仲卸人の雄」と呼ばれる

「やま幸」グループの社長

山口幸隆(ゆきたか)さん。

元々築地で仲卸の一番番頭を務めていた

父親のもとで育った山口さん。

大学2年生の時、お父さまの店に

手伝いに入ったお父さまの店で

マグロの魅力にハマり、

それ以来自他ともに認める

「マグロに魅せられた男」になるのね。

「もしお前がマグロを

やりたいというなら独立する」

これまたオトコマエなお父さまと一緒に

「やま幸」を立ち上げることに。

マグロに対する愛情が本当に凄くって

一日にマグロの握りを50貫以上は食べるという

大のマグロ好きである山口さん。

心も半分マグロになっているのかしらね?

前世は「かつお節」と公言する

美人かつお節職人のこの人も凄かったけど

永松真依のかつお食堂のメニュー・値段は?彼氏や年収も調査!【セブンルール】

マグロに対する研究を日々怠ることなく続け

その優れた目利きと仕入れで

業界で一目おかれる存在になった

山口さんも物凄い人ね~1

その会社「やま幸」は、

最初半店舗程度だったのに

今や31店舗に拡大…

「やま幸グループ」として

業界を牽引する存在に。

その仕入れの強化はすごく

「マグロのデパート」とさえ

呼ばれているようね。

成功の秘訣は

「飽きずにやり続けること」らしいわ。

耳に痛いお言葉ね~(・▽・;)

「商品をプロとして責任をもって

出せなくなったらマグロやめます」

公言する山口幸隆さん。

そこにはプロフェッショナルで

真っ直ぐな心意気・情熱が

伝わってくるわねー!

スポンサーリンク

2.マグロ仲卸人・山口幸隆(やま幸社長)のこだわりが凄い!

今年の初セリでマグロを最高値

3645万円で落としたことでも

その名が知られる築地の仲卸「やま幸」

その存在感たるや市場ではとても大きくて

築地場内に、場内で最大級(543.5㎡)の

超低温冷蔵庫(-60℃)を持っていたとのこと。

この超低温冷蔵庫によって

冷凍本マグロや冷凍インドマグロなどの

良い品物を品切れせずに

安定して出荷する事が出来るらしわ。

マグロの美味しさは、

餌や漁の仕方、熟成、温度で変わり、

春のマグロは香り高く冬は脂を楽しむと

四季によってもその味わい方が異なるようね。

「マグロの本質を伝え、価値観を変えたい」

奮起した山口さんは、

いいマグロがあればあるだけ落札!!

そのポリシーは

「良い鮪は絶対に他の鮪屋に渡さない」!!

売れなくても最高級の生のマグロを

毎日競り落としては店に並べたとのこと

家族がいたら悲鳴をあげそうね…( ゚Д゚;)

そして、興味を持ってくれた鮨職人さんに、

その店のシャリの味に合う身質をコーディネイト。

返品もOK、リスクは自らが背負う覚悟で

顧客との信頼関係を築いていって、

今の「やま幸」に繋がったみたい。

オーダーメイドみたいな仲卸業者ね!

名だたる高級すし店の職人からの信頼は厚く、

今や国内だけでなく

シンガポールやハワイの高級店が

そのマグロを心待ちにするというから驚きね。

とはいえ、

マグロに関する経験値は

ピカ一の山口さんですら

さばいてみるまで味がわからないのが

マグロの恐ろしさ…(・_・;)

そして満足のいく商品を

お客様に手渡すために、

納得のいかないものは

仕入れ値以下の値段で卸すことも( ゚Д゚;)

一本600万円で買ったマグロを

200万で売ることもあるというから凄いわね。。

だけど山口幸隆さん曰く

「裏切られるから、マグロは面白い」。

プロ職人の生きざまが

この言葉からも伺えるわね~(*^_^*)

スポンサーリンク

3.山口幸隆オーナーの完全会員制鮨店「乃南」!オススメマグロは!?

そんな山口幸隆さんがオーナーを務める

完全会員制の鮨店「乃南(のなみ)」の情報が!

山口幸隆さんが自らが競り落とした

築地で一番のマグロ。

マグロ好き中のマグロ好きが選んだ

究極のマグロが食べられる

麻布十番のこちらのお店は

超予約困難店…というか

紹介者同伴でないと入れない幻のお店…( ノД`)

インスタなどで少しその様子を

伺うことが出来たけれど、

「もの凄い世界が存在する!!」の一言ね(・_・;)

出典:https://deskgram.net/pateknautilus40

出典:https://deskgram.net/pateknautilus40

ネタは「乃南」に出すために

納得のいく最高級のマグロを選び、

食べ頃まで熟成をかけてから

お客様に提供。

出典:https://goetheweb.jp/

一日50貫は食べるという山口幸隆さんが

納得して提供してくださるマグロ

・・・あまりにも貴重すぎるっ!!

その他のネタも含めて

本当に幻のお店・幻のお寿司ね。。

出典:https://deskgram.net/pateknautilus40

ちなみに山口幸隆さん自身が一番好きなマグロは、

春先の佐渡マグロらしいわよ~(・∀・)

スポンサーリンク

4.山口幸隆オーナーの完全会員制鉄板焼店「HIBACHI(ひばち)」

もう一つ山口幸隆さんが

オーナーを務めるのが

鮨店「乃南」の隣にあるという

完全会員制鉄板焼き店

「HIBACHI(ひばち)」

なんと会員は

たったの30名!!

入れるのは一日一組のみ。

そしてこちらも紹介者同伴のみ

入店可能という超予約困難店・・・!

正確な住所や電話番号など

すべて非公開となっているわ。

出典:https://goetheweb.jp/

その30名のためだけに

最高級の食材を取り揃え、

その日に食べたいものを

なんでも作ってくれるという

超エグゼクティブなレストラン!

まず最初にその最高級食材を一覧し、

希望すると好きなものを

好きな料理にして出してくれるというわ。

山口幸隆さんの仕入れは

魚介のみならず肉も独自の仕入れを

持っておられるらしい…

凄いというか羨ましいというか(T-T)

料理長は30才の佐藤隆亮さん。

小学校に入る前から

料理人になると決めていた佐藤さんは

フランスで料理の勉強をしたあと

「うかい亭」で鉄板の面白さに

夢中になったんだとか。

その後、パリの「鉄板焼 銀座おのでら」で

二年間料理長の経験を積んだのち、

「HIBACHI(ひばち)」へ。

自由な発想と独創性、

そして圧倒的な腕前と世界観。

最後にナポリタンが出てくるんだけど

それが今までの概念を覆すような

絶品ナポリタンなんだとか…。

出典:https://www.pixpo.net/

生クリームとバターを加えて

味をまろやかにしている

トマトソースが異常においしいんだとか。

どんなナポリタンだろ?

世界を見る目が

変わってしまいそう!?(・∀・)

ここはあのZOZOタウン前澤友作さんと

剛力彩芽さんがデートして

写真に撮られたレストランでもあるのね。

山口幸隆さんが生み出す

贅を尽くした食の世界は、

リアルな世界も動かす力も

持っている感じがするわね。

食の力、恐るべし!( ゚Д゚;)

まとめ

いかがだったかしら?

マグロの仲卸人で

「やま幸」グループ社長の

山口幸隆(やまぐち・ゆきたか)さん!

今の「やま幸」グループの

大きな活躍の裏にあるものは

「絶対美味しいものを手に入れる」

「絶対美味しいものを届ける」という

山口幸隆さんの熱い熱い想いだったのね。

妥協を許さない山口さんのマグロへの思い、

それが卸してもらう側の

絶対的な信頼を勝ち取り、

「ホンモノ」だけが存在する世界に

昇華していった印象ね。

好きなものをトコトン「追求」するって

本当に大切で大きなことね。

成功の秘訣…

「飽きずにやり続けること」

言葉は本当に深いわ。

本物が集う鮨店「乃南」

鉄板焼店「HIBACHI」

そして、そこに集う本物の人々。。

天下の台所が「築地」から

「豊洲」に変わっても

世界に向かって美味しいものを届け続ける

山口幸隆さんの姿勢は変わらないでしょう。

これからのご活躍も楽しみね!

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする