漁師yado民宿さくら(高松市男木島)タコ壺たこ飯&価格!瀬戸内芸術祭と大江哲夫和美夫妻!【人生の楽園】

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ。

今日は2018.6.16テレビ朝日で

18:00から放送の【人生の楽園】より、

大江哲夫さん・和美さんご夫妻が営む

「漁師yado民宿さくら」

ご紹介するわね♪(・∀・)

紆余曲折を経て「楽園」を見つけた

大江哲夫さん・和美さんの宿は

料理と人情が魅力で大人気!

個人的に気になる

「瀬戸内芸術祭」の情報も

調べてみたので

良かったら一緒に見ていってね-!!

出典:you魚

スポンサーリンク

目次

  1. 漁師yado民宿さくら(高松市男木島)を営む大江哲夫和美夫妻
  2. 漁師yado民宿さくら(高松市男木島)のタコ壺たこ飯が絶品!宿の価格は?
  3. 漁師yado民宿さくら(高松市男木島)の繁忙期!瀬戸内国際芸術祭って?次回は2019年!!

1.漁師yado民宿さくら(高松市男木島)を営む大江哲夫和美夫妻

今回の舞台は香川県高松市男木島(おぎじま)。

この地で「漁師yadoさくら」を営むのが

大江哲夫さん・65才と妻の和美さん・58才。

出典:人生の楽園

大江哲夫さんは

この高松市男木島の出身。

島を出て高松市街で

サラリーマンとして働き出した哲夫さんは

そこで高松市出身の和美さんと出会い結婚。

2人の娘さんをもうけるわ。

ところが哲夫さんのお母様がお亡くなりになり、

家業の海苔養殖を継ぐため

36才で男木島へUターン。

順風満帆な生活の中、

3人目の娘さんが生まれるも、

周辺海域の環境変化による

海苔の色落ち被害で

2006年に廃業・・・!(゜Д゜;)

その後、二人は夫婦で

タコ壺漁と刺し網漁を始めたそうよ。

本当に夫婦で力を合わせて

人生の荒波を超えてこられたのね。。

3人の娘さんを育てるために

どれだけ頑張らはったことか・・・(T^T)

そんな二人に転機が来たのは2010年。

瀬戸内海の島々を舞台として開催された

瀬戸内国際芸術祭!!

出典:Hubliminal

アフロの大好きな大巻伸嗣さんの作品

「Liminal Air- core- 」

玄関口・高松港に!!

出典:excite.ism

ちなみに、大巻伸嗣さんについては

こちらで詳しく書いてるわよー♪

大巻伸嗣個展(ちひろ美術館)開催中。代表作「Memorial Rebirth」他についても!

これで一気に

瀬戸内がアートの場として

活気づいたのは記憶に新しいわね~!

一気に観光客が押し寄せた高松市男木島。

しかし当時、島の宿泊施設は

たったの2軒!!

そりゃ需要と供給のバランスが

悪すぎるわね~(゜Д゜;)

観光客を受け入れる

宿の確保が急務となった男木島で、

手を挙げたのが

大江哲夫さん和美さん夫妻

こうして2011年

「漁師yado民宿さくら」

オープンとなったんですって!!

スポンサーリンク

2.漁師yado民宿さくら(高松市男木島)のタコ壺たこ飯が絶品!宿の価格は?

さて、こちらの民宿・さくらの母屋 は

一見、ふつーーの民家です。

出典:うじブロ

大江哲夫さん和美さん夫妻も

住居として使っている母屋。

完全に「人の家に泊まる」形での宿泊は

お風呂やトイレも普通のもの、

泊まった人の話だと

「実家感」が満載で凄く寛げたみたい。

出典:男木島漁師yado民宿さくら

ご夫婦のお人柄によるものね~。

出典:男木島漁師yado民宿さくら

その他にも哲夫さんが

海苔養殖の加工所だった小屋を

リフォームして作ったゲストハウスなど、

出典:男木島漁師yado民宿さくら

若い客層向けに旅を満喫して貰えるよう

色々と環境を整えて下さっているわ♪

宿泊料は母屋で

素泊まり:4000円

1泊朝食付き:4500円

1泊2食付き:6500円

ゲストハウスで

素泊まり:3000円

1泊朝食付き:3500円

1泊2食付き:5500円

と、かなりリーズナブル!(・▽・)☆

みんなで食べる食堂も

お父さんの哲夫さん手作り!

出典:男木島漁師yado民宿さくら

ここで頂けるのが、口コミで評判となった

「さくらいろのたこ飯」!!

出典:you魚

タコ壺漁で取れた新鮮なタコを

さっと湯通しして、中は生の状態で

ご飯を炊いているとのこと。

取れたてのタコでしか出来ない

贅沢な調理方法よね~!

出典:you魚

炊きあがったご飯は優しいピンク色

そこに刻んだミョウガとシソをからめて・・・

出典:うじブロ

くはぁーーーっ!!

これを飯テロと呼ばずして

何という!!?(゜Д゜;)ノシ

他にも、刺し網漁で捕れる

新鮮な魚介類や自家製野菜を

漁師料理にして振る舞われるとのこと。

出典:うじブロ

海の幸満載の料理が食べられる

漁師yado民宿さくら

まさしく「漁師宿」の面目躍如たる

素敵なお宿ね~!!(*゜∀゜*)

男木島 漁師yado民宿さくら

場所:香川県高松市男木町1番地

電話:087−873−0515

HP:https://takoyado.jimdo.com

スポンサーリンク

3.漁師yado民宿さくら(高松市男木島)の繁忙期!瀬戸内国際芸術祭って?次回は2019年!!

さて、こちらの民宿が作られた

きっかけでもある

瀬戸内芸術祭についても軽く説明を。

瀬戸内海の島々を舞台に

3年に1度という

トリエンナーレ形式で行われる

現代美術の国際芸術祭!

開場は高松港周辺から始まり

直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、

大島、犬島、沙弥島、本島、粟島、

伊吹島、宇野港周辺

瀬戸内海一帯がアートに染まる

夢の時間!!(*゜∀゜*)

2010年に第1回が開催され

第2回が2013年、第3回は2016年。

ちなみに漁師yado民宿さくらには

会期中に真壁隆二さんや

会田誠さん・大岩オスカールさんなど

名だたるアーティストが

ご飯を食べに来て、

タコ壺にサインを書いて下さったとのこと!

それらが食堂に飾られているんですって。

瀬戸内に行ったら

そのアートも観に行きたいところね!

そして来年2019年に第4回が開催!!

会期は4月26日から。

日本の大きな特徴である「四季」を

海外の人々に知ってもらうため、

春・夏・秋の3シーズンに分けて開催。

今回からはじめて各会期に

シーズンテーマを設定し、

会期ごとの特徴のある展示がされる模様!

「ふれあう春」春会期 4月26日~5月26日

「あつまる夏」夏会期 7月19日~8月25日

「ひろがる秋」秋会期 9月28日~11月4日

これは・・・何度も瀬戸内に

足を運ぶようにという計略ねッ!(゜Д゜;)

大きなビジョンテーマとして

「みつける―瀬戸内に光る『モノ』『コト』『ヒト』の発掘と発信」

「つながる―人と人、島と島、地域と世界の交流」

「はぐくむ―島の『滞在』を彩る担い手の育成」

の3つを掲げ、それぞれの視点に基づき

「ものづくり発信プロジェクト」

「アジア交流プロジェクト」

「瀬戸内フラム塾」

が実施予定!

さらに2019年の

メインビジュアルが最近発表されたんだけど

そのひとつが・・・

出典:瀬戸内芸術祭HP

タコ!!

これは益々、

漁師yado民宿さくらの

「たこ飯」に注目が

集まるかも!!?(*゜∀゜*)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

高松市男木島で

大江哲夫さん和美さん夫妻が営む

漁師yado民宿さくら

口コミで人気が出たという

「たこ飯」は本当に

美味しそうだったわね~!(・▽,・)

そこに至るまでの紆余曲折は

色々と大変だったけど、

夫婦二人で力を合わせての

「おもてなし」

瀬戸内が誇るアートのひとつかも☆

いつか家族で足を運びたいと

思うアフロでした(*^_^*)

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする