大巻伸嗣個展(ちひろ美術館)開催中。代表作「Memorial Rebirth」他についても!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロです。

今日は、アフロ・イチオシの

現代美術アーティスト

大巻伸嗣さんについて

お伝えしたいと思います。

アフロが大巻さんに

初めて会ったのは

2008年横浜トリエンナーレ

3年に1度開催される

現代美術の祭典に

ボランティアとして参加した時でした。

大巻伸嗣さんの代表作ともいえる

「Memorial Rebirth」

たくさんのシャボン玉と

たくさんの仲間に囲まれた

飄々とした佇まいは、

そこに存在するだけで

ひとつの作品のようでした。

今、東京のちひろ美術館で

いわさきちひろ生誕100周年Life展

として、大巻さんの個展

「まなざしのゆくえ」

が開催されています。

今回は、その最新情報も含め

大巻伸嗣さんの作品と

その魅力に迫ってみたいと

思います。

目次

  1. 現代美術作家、大巻伸嗣氏とは?
  2. 大巻伸嗣氏の代表作について
  3. 大巻伸嗣氏最新個展「まなざしのゆくえ」情報

プロフィール

出典:あいトリナビ

大巻伸嗣

生年月日:1971年1月8日

出身地:岐阜県

出身校:東京藝術大学大学院

東京藝術大学美術学部彫刻科教授

スポンサーリンク

1.現代美術作家、大巻伸嗣氏とは?

大巻伸嗣さんは1971年岐阜県生まれ。

東京藝術大学大学院美術研究科の

彫刻専攻修了されており、

現在は、2016年より

東京藝術大学美術学部彫刻科教授を

されています。

作品は展示空間そのものをアートにする

インスタレーションが多く、

観るものの五感に強く訴えてくる

ダイナミックかつ繊細なのが

特長です。

【Echoes-Infinity/2010東京都現代美術館】

出典:Shinji Omaki.net

静謐さ、儚さ、

そしていつもどこか

生と死を想起させる作品は

1度観たら忘れられない

どこか引っ掻き傷のような

インパクトを与えてくれます。

写真や図録で

この独特の世界観が

完璧に伝わらないのが

少し残念です。

是非、ライブで

体験してみてください!

【Liminal Air Space Time/2019 岐阜県美術館(第8回円空大賞展)】

2.大巻伸嗣氏の代表作について

先にも紹介した、

空間をシャボン玉で彩る

「Memorial Rebirth」

大巻伸嗣さんの代表作とも言えます。

この作品は、

大量のシャボン玉発生機で作られる

シャボン玉はもちろん、

シャボン玉と風景、

またその場に居合わせた観客も

作品の一部となります。

そうして、人々の「記憶」に残ることで

作品は完成するのです。

【Memorial Rebirth -GIFU Project-/2009岐阜県岐阜市問屋町アーケード】

出典:Shinji Omaki.net

上の「ぎふ問屋町プロジェクト2009」は

問屋町が取り壊され

アーケードが無くなる前に行われたものです。

このアーケードの上で

大巻さんは幼少時代

よく遊んだとのこと。

無くなる前に多くの人の

記憶に残したいと、

大巻さんが呼び掛けて実現した

幻想的なインスタレーションです。

ムッシュと独身時代に行った

まさしくMemorialなイベントでした(*^^*)

大巻伸嗣さんの「Memorial Rebirth」

これからも各地で行われると思います。

あなたの町にも来たときは

ぜひ作品の一部になる体験を

してください!(⌒▽⌒)/

スポンサーリンク

3.大巻伸嗣氏最新個展「まなざしのゆくえ」情報

そんな大巻伸嗣さんの最新の個展が

東京のちひろ美術館で行われています。

いわさきちひろの生誕100年を記念して

「Life」をテーマに据えた『Life展』。

出典:いわさきちひろ生誕100年「Life展」

この中で、大巻さんは

美術館全体を使った

「生きる力」を呼び覚ます

作品を展示されています。

生涯水彩で子供を描き続けたいわさきちひろとは対照的なアプローチを行なう今回の展覧会では、草花を象徴的なモチーフの1つとして消えゆくものの儚さと「Life=生」の両極を捉え、いわさきちひろが捉えた「Life=いのち」を増幅させるようなインスタレーションを発表する。

出典:CINRA.NET

明日、4/1はいわさきちひろの息子である

松本猛さんによるギャラリートーク、

4/21には大巻さんの

アーティストトークもあるようです。

いわさきちひろ×大巻伸嗣の

「いのち」の世界、

是非、直接、身体で感じたいですね。

まとめ

いかかだったでしょうか?

現代美術アーティストの

大巻伸嗣さん。

とても魅力的な作品の数々ですが

インスタレーションということで

作品同様、あとに残らない

儚さがあります。

そこがまた魅力的でもあるのですが

一期一会のチャンス

逃さないようにしだいですね。

☆展覧会情報☆

いわさきちひろ生誕100周年Life展

個展「まなざしのゆくえ」ちひろ美術館・東京

【会期】2018/03/01(木)~05/12(土)

【会場】ちひろ美術館・東京

〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2

TEL.03-3995-0612

【入館料】大人800円、高校生以下無料

【開館時間】10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで

【休館日】月曜日(4/30は開館)

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする