小野節子経歴がオノヨーコ級に凄い!アート作品に本、小野姉妹家族の銀行と美術の関係は?【爆報フライデー】

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

「Imagine~♪」なんて

今も口ずさんでしまう名曲を生んだ

ジョン・レノン。

そして言わずとしれた、その妻

オノ・ヨーコ。

「Love&Peace」を人生で表現し続ける

二人の生きざまは、やっぱり

アーティストとして人として凄いなぁって

思う今日この頃…。

そんな世界クラスのアーティスト

オノ・ヨーコさんの妹である

小野節子さんもまた凄い人だったのね。

今回は、そんなオノ・ヨーコさんの妹

小野節子さんについて調べてみたので

良かったら一緒に見ていってね♪

プロフィール

出典:ART IT

小野節子(おの・せつこ)

生年月日:1941年

出身地:東京都

出身校:聖心女子大学英文科

スイス・ジュネーブ大学付属高等国際問題研究大学院

スポンサーリンク
目次

  1. オノ・ヨーコの妹、小野節子のプロフィールが凄い!
  2. 小野節子は世界銀行出身、小野姉妹家族の銀行と美術の関係は?
  3. 彫刻家・小野節子のアート作品に本は?

1.オノ・ヨーコの妹、小野節子のプロフィールが凄い!

小野節子さんは1941年生まれ。

姉のオノ・ヨーコさんとは8才違いというから

結構年の離れた姉妹だったのね。

日本興業銀行総裁を務めた小野英二郎さんの

息子で同じく銀行家で

東京銀行常務だった父・小野英輔さんと、

安田財閥の祖である安田善次郎の孫である

母親の磯子さんとの間に、

次女として生まれておられるわ。

…なんかもう、これだけで

家柄の圧倒的凄さを感じてしまうわね( ̄▽ ̄;)

ちなみにご兄弟は3人ということで

オノ・ヨーコさんと節子さんの間に

長男の啓輔さんがおられるとのこと。

1952年には父親の東京銀行

ニューヨーク支店長赴任に伴い、

5年間をアメリカで過ごすことに。

…小さいころから移動距離も

格違いだったのね~!(゚Д゚;)

そんな小野節子さんは

1963年に聖心女子大学英文科を卒業。

その後はスイス・ジュネーブ大学付属

高等国際問題研究大学院で博士号を取得!

そして1976年に、世界銀行に入行!!

…育った環境が環境だけに

日本で収まる気持ちは最初から

なかったのかもしれないわね。

世界で活躍できる仕事を探した結果

出会った世界銀行…

アジア開発銀行の初代総裁・渡辺武氏の

推薦を受け、小野節子さんは無事(!?)

世界銀行で活躍することになります。

ちなみに、もともと語学は堪能だった

小野節子さんだけど、

スペイン語を学んだのは50才の時!

しかも必要に迫られてフランス語で学び

1か月でマスターというから驚きね!

現在は日本語・英語・フランス語・スペイン語の

4か国語マルチリンガルの小野節子さん。

さらに、ご主人はイタリア人

ピエロ・グライエーゼンさんという方なので

イタリア語についても慣れ親しんでおられそう!

芸術家としても、この語学力は

凄く生きてくることでしょうね~!(・∀・;)

スポンサーリンク

2.小野節子は世界銀行出身!小野姉妹家族の銀行と美術の関係は?

さて、採用面接の競争率が

なんと100倍という世界銀行で

働き始めた小野節子さんは、

日本人女性として初めて米州開発銀行の

業務局次長に就任されているわ。

もともと1944年に設立された

世界銀行の目的とは、

第二次大戦後の先進国の復興と

発展途上国の開発。

戦後復興が終わった今、

発展途上国の経済成長促進に力を入れ

現在184か国が加盟するという国際機関。

そこで西アフリカのモータリアを

担当することになった小野節子さん。

当時のモーリタニアについて、

小野節子さんは

「本当に大変な国だと思った」

「資源も少ないし、

開発の可能性はほとんどゼロに感じました」

と語られているわ…。

聞いているだけで心が折れそうね(・_・;)

それでも小野節子さんは現地での調査を続け、

モータリアに農業ができる可能性を見出すのね。

そして水田、ダム、道路、住居、病院・学校を作る

巨大事業を立ち上げ、成功を収めることに!!

日本人とか、女性とか、

そういうこと抜きにして

めちゃくちゃ凄い人だったのねー!!

事業の立ち上げには

世界銀行総裁からプロジェクトの却下という

壁もあったのね。

投資に対してリターンが少ないから。

それでもあきらめなかった小野節子さんは

国際会議で先進諸国や国際基金に

自らプロジェクトの重要性を説明。

8つの国や基金の出資を取り付け、

世界銀行総裁からの

承認を取り付けることにも成功。

凄い人が日本にもいたものねー(;・∀・)

そんな小野節子さんが業務に勤しむ傍ら、

通い始めたというのが

コルコラン大学の美術コース

これが芸術家になるキッカケだったみたい。

もともと銀行家のイメージが強い小野家だけど

実は芸術家もたくさん輩出しているのね。

画家の伯父・安田周三郎さん

彫刻家の伯父・安田岩次郎さん

バイオリニストの叔母・小野アンナさん

画家の従兄弟・岩井茂雄さん

そして音楽家・画家で平和活動家の

姉・オノ・ヨーコさん!

銀行家と芸術家…

どちらも頭が良い人でないとなれない

職業であることは確かね(^^;)

小さいころからきっと

「勉強する」というわけではなく、

生活の中に自然と、芸術や知性があって

呼吸するように吸収されていったんだろうなぁ。

そういう環境を一般家庭で作るには

どうしたらいいんだろう?って

頭を悩ましているアフロよ( 一▽一;)

スポンサーリンク

3.彫刻家・小野節子のアート作品に本は?

62歳で定年を迎える。小野氏は現在芸術家として活動し、絵画や鉄の彫刻を制作している。小野氏の作品は世界中の展覧会に出展され、そのいくつかは常設展示されている。

出典:ART IT

常設展示として置いてあるのが

群馬県にある

「ハラ ミュージアム アーク」

住所:群馬県渋川市金井2855-1

TEL:0279-24-6585

FAX:0279-24-0449

開館時間: 9:30am-4:30pm(入館は4:00pmまで)

休館日: 木曜日

HP:ハラ ミュージアム アーク

原美術館の別館として作られた

「ハラアートミュージアムアーク」は

磯崎新さんの設計で作られており

黒い色調で統一されたシャープなフォルムが、

周囲の豊かな緑とのコントラストで

凄くカッコよい美術館。

そんな自然豊かな場所にある

小野節子さんのステンレス製の「夢」は

これまたその鮮やかなコントラストに

目が奪われて素敵ね~♪

小野節子さんは、また、

ご自身の世界銀行での活動の一部を

本にされているわ。

出典:Amazon

2005年に発売されたこの本は

世界銀行のリアルな現場の状況が

良くも悪くも生々しく描かれている模様。

グローバル化が叫ばれている今、

子供が世界で働くことも視野に入れると

2018年の今でも色褪せない

一読の価値のある一冊ではないかしら?

ちょっと手にとって見たいわね。

…怖いけど(;・∀・)

そんな壮絶な経験をされたからこそ

「夢」のような彫刻に昇華できるのかな

とも思ったり。

芸術家もまた世界のステージで

自分の才能で戦う戦士のようなものね。

まとめ

いかがだったかしら?

ジョン・レノンの妻、

オノ・ヨーコさんの実の妹で、

世界銀行で活躍した後に

芸術家となった小野節子さん。

日本人離れしたメンタリティは

日本でも有数…トップクラスの

家族構成・環境の影響もあるのかも、って

思ったアフロよ。

オノ・ヨーコさんも凄く規格外の方だしね。

そういう人たちが見る世界って

いったいどんな感じなのかしら?

今回の「爆報THEフライデー」では

その一端がのぞけるかもしれないわね~!

ちょっと知ってみたい気もするれど、

知るためのキャパシティが無いと

精神的に追い詰められそう!?(;・∀・)

テレビ越しにチラっと覗かせてもらうのが

ちょうど良いくらいかもしれないわね(*^_^*)

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする