平賀千江(相田みつを妻)プロフィール!馴れ初めや息子の一人、長渕剛との関係は?【爆報フライデー】

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

人間ですから、色々やらかすわよね。

そんな時、免罪符のように使っていた

相田みつを先生のあの言葉…

「にんげんだもの」(笑)

清算前のレジで財布忘れたとこに気付いた…

いいじゃないか、にんげんだもの

子供の保育園のバッグを職場まで持ってきた…

いいじゃないか、にんげんだもの

買い物に行ったのに買ったものをスーパーに忘れてきた…

いいじゃないか、にんげんだもの( ̄▽ ̄;)

…いやいやアカンやろ、と

自分で突っ込みそうな日々の出来事にも

優しく寄り添ってくれる

みつを先生の言葉の数々…。

(使い方まちがってる!?(;・∀・))

それは相田みつを先生の人間臭い人生から

生まれてきたものかもしれないわね。

そんな相田みつをさんに振り回されたというのが

妻の平賀千江さんと息子の相田一人(かずひと)さん。

今回の爆報フライデーに登場するということで

気になって少し調べてみました。

良かったら一緒に見ていってね♪

出典:NAVERまとめ

スポンサーリンク
目次

  1. 相田みつをの妻・平賀千江のプロフィール!相田みつをの馴れ初めは!?
  2. 平賀千江と義母との確執、息子の一人との苦労が爆報フライデーで!?
  3. 平賀千江も感動!?相田みつをを有名にした大物歌手は長渕剛!?

1.相田みつをの妻・平賀千江のプロフィール!相田みつをの馴れ初めは!?

相田みつをさんの妻、平賀千江さんの

詳しい生年月日などは分からなかったけれど

現在91才ということなので

1927~28年(昭和2~3年)生まれと

考えられるわね。

ちなみに相田みつをさんは

1924年5月20日生まれなので

3~4才年下ということね。

みつをさんは不遇の時代を抜け

売れだした1991年に

道でころんで足を骨折し、脳内出血に。

それが原因となり急逝されているわ。

もし生きておられたら94才…

どんな物凄い作品が生まれていたか

つい考えてしまうわね(^^;)

一報の平賀千江さんは、実は

大きな商家の末娘…お嬢様だったみたい!

相田みつをさんとの出逢いは

「歌会」だったというのが

また相田夫婦らしくて素敵ね~!!

きっと元々歌がお好きだったであろう千江さん、

相田さんの才能にいち早く気付いたのか、

あるいは千江さんにほれ込んだみつをさんが

得意の詩歌で千江さんの心をつかんだかしら。

2006年に放送されたテレビ朝日開局記念ドラマ

「にんげんだもの~相田みつを物語」では

木梨憲武さん演じる相田みつをさんが

妻の千江さん(薬師丸ひろこさん)との

出会いのシーンが優しく暖かく表現されているわ。

千江さんと出会い初めて言葉を交わしたその日、

何度も「千江」「逢」という文字を書くみつをさん。

最初はきちんとした楷書だったのが

段々とやわらかく変容していく様子…。

千江さんとの出逢いによって

「書くことの楽しさ」に心から気付くというシーン。

詩人だなぁ…。

うん、詩人だったわね(*^_^*)。

でも、不器用で収入がなかった

相田さんとの結婚には周囲の人々が反対したみたい。

平賀千江さんが、お嬢様だったことも含めて

まぁ、そうなるわよね~( ̄▽ ̄;)

それを押し切って1954年に結婚!!

今よりずっと家同士の繋がりが強かった時代、

良く決断されたと思うわ…。

スポンサーリンク

2.平賀千江と義母との確執、息子の一人との苦労が爆報フライデーで!?

こうして1954年に晴れて夫婦となった

相田みつをさんと平賀千江さん。

お二人の間には男の子と女の子

二人のお子様が生まれたみたい。

その一人が1955年9月2日生まれの

相田一人(かずひと)さん。

名前の由来については、みつをさんの日記に

その理由や想いが綴られているわ。

気骨ある人に成長するように、

何事も一人でやっていけるように、

一日も早く一人立ちできるように、

という願いをこめて『一人』と命名した。

また、転じて後、人生の孤独、寂寥、悲哀等を

一人で堪えてゆかねばならぬ時の事を考えて、

あえて『一人』と名付けた次第なり。

出典:Wikipedia

ここにも相田みつをさんらしい

生き様のようなものが感じられるわね。

ちなみに一人さんは今、

「相田みつを美術館」の館長をされているわ。

しかし、決して順風満帆な結婚生活ではなく、

相田一家には色々な苦労があったみたい。

今回の爆報フライデーでも詳しく

放送されると思われるけど、

まず家族四人は八畳一間で暮らす一方、

みつをさんだけは三十畳のアトリエを独占

というから驚きよね。

…アフロなら、許さないだろうなぁ。。

さらに、人間臭く、わがままで、

嫌いな相手とすぐケンカになり、

しかも女性に凄くモテたという相田みつをさん。

…才能が無ければ社会不適合者の烙印を

押されかねないわね~(^^;)

その人間臭さが作品の魅力でもあり

たくさんの人々に愛されるきっかけにも

なったんだろうけど…

平賀千江さんの苦労を考えると

なんだか胸が痛むわ…(T-T)

それだけでも妻として大変だった平賀千江さんを

さらに困らせたのが義理の母親の存在。

実は、相田みつをさんには兄が2人いたんだけど

戦争でお二人ともお亡くなりになっているのね。

お母様からすると大切な3人息子のうち

2人も戦争で亡くすなんて

想像を絶する悲痛な心境でしょうね。

だから余計に、みつをさんへの執着が強かったみたい。

平賀千江さんとの結婚は、

「最後の息子まで取られた…」という気持ちに

繋がったのかもしれないわね。

結構ひどい嫁いびりがあったみたい。

商家のお嬢様から反対を押し切って嫁入りしたのに

義理の母からはイジメられ、

八畳一間の貧乏暮らし、

夫は自由気ままに作品に没頭…。。

「耐えて偲んで」の昭和の女を

地でいっておられた凄い女性だったのね。

でも、そうやって支える妻のおかげで

「相田みつを」という存在が世に出て認められ

私たちもたくさん知る機会を得たと思うと、

糟糠の妻・平賀千江さんの存在は

本当に「おかげさん」、ね。

出典:Amazon

相田みつをさんを有名にした大物歌手や
長渕剛さんとの関係については次に続きます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする