ゴンドウトモヒコ(ゴンドリー)ムジカピッコリーノ音楽監督プロフィール!愚音堂のYMO高橋幸宏との関係は?

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

みんな大好き

「ムジカ・ピッコリーノ」!

新メンバーによる第6シーズンが終了し、

今は過去の放送が再放送されているわね。

戸松恵哉(ムジカエリオット)wikiプロフィール!現在や彼女、ブログは?ピアノが凄い!!

ピッピ・ジュリオ・フローラ…ムジカ・ピッコリーノが新メンバーで新シリーズ!!ハッチェルもいるよ♪

近藤利樹(ムジカのジャンゴ)ウクレレ関西弁少年はナニワの小学生!事務所は?CD発売メジャーデビューも!!

アフロとしては懐かしいアリーナが見れて

嬉しいところ♪

斎藤アリーナの歌声とルックスに釘付け!ムジカを卒業したアリーナの行方は?

フローラの歌声も恋しくなったりするけどね。

高沢英(フローラ)は中学生?彼氏や読み方、事務所と歌声の秘密を調査!【ムジカピッコリーノ】

今回、調べてみたのは

ゴンドリー役のゴンドウトモヒコこと

ユーフォニアム担当の権藤知彦さん。

実はこの「ムジカ・ピッコリーノ」を

陰で仕切っているのはゴンドリーだった!?

そんな情報なども含めて調べてみたので

良かったら一緒に見ていってね♪

出典:https://www.cinra.net/

権藤知彦(ゴンドウトモヒコ)

生年月日:1967年9月11日

出身地:東京都新宿区

出身校:日本大学芸術学部・ボストン大学

血液型:B型

スポンサーリンク

目次

  1. ゴンドウトモヒコ(ゴンドリー)プロフィール!YMO高橋幸宏との関係は?
  2. ゴンドウトモヒコ(ゴンドリー)のレーベル「愚音堂」って?
  3. ゴンドウトモヒコ(ゴンドリー)ムジカピッコリーノ音楽監督として活躍!

1.ゴンドウトモヒコ(ゴンドリー)プロフィール!高橋幸宏やYMOとの関係は?

ゴンドウトモヒコさんは1967年

新宿区生まれの東京育ち。

日本国内では稀な

「ポップスがわかるユーフォニウム奏者」

また管楽器のアンサンブルを得意とする

「アレンジャー」という側面を持ち、

コンピュータや電子楽器を自在に操り、

それらを融合した奥行きの深いサウンドを構築する

独自の世界観を持つ音楽が業界で高い評価を持つ

ゴンドウトモヒコ(権藤知彦)さん。

そんなゴンドウトモヒコさんが

音楽と出会ったのは中学生の時とのこと。

この時、既にブラスバンドでユーフォニアムを

始めていたゴンドウさん。

そのお父さまがダブル・カセットのデッキを

買ってきて、何だかおもしろそうと思い、

いろいろな音を録っては重ねたりして

遊んでいたらしいわ。

採集した音は楽器の音ではない缶カラだったり、

ラジオのノイズだったり…

音が増えていくのが楽しく、

「音の実験」…録音という行為が

面白かったと語るゴンドウトモヒコさん。

やっぱり「面白い」って思う気持ちが

何でも大切なのね~(*^_^*)

高校は日大三高出身とTwitterで書かれているわね。

高校野球馬鹿を自称し、

母校のためによく演奏したんだとか。

ブラバンと宅録を並行して行っていた

ゴンドウトモヒコさん。

そのころとても流行っていて

ゴンドウさんもハマっていたのが、

高橋幸宏さん、細野晴臣さん、坂本龍一さんという

今の音楽業界のビッグネーム3人による音楽グループ

「YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)」!

YMOをメインに、ほかにも洋楽や

ヒットー・チャートものなど、

まんべんなく色んな音楽に触れていたそうよ。

大学は日本大学芸術学部に進学し

ユーフォニアムを専攻。

その後、ボストン大学へ留学し

電子音楽とユーフォニアムを専攻して

修士課程を修了されているわ。

音楽一色の人生ね~(・∀・;)

日本に帰国後は

「オフィス・インテンツィオ」に入社。

私たち株式会社オフィス・インテンツィオは、1982年の創立以来、音楽制作の現場で、一貫してアーティスト、作・編曲家、オペレーターやエンジニアなどのマネージメントに携わってきました。その第一線に立って日々実践の中、研鑽につとめてきましたが、それと同時に、レコーディングからコンサートに至る総合的なプロデュース・ワークについても実績を重ね、高い評価をいただいています。

これまでに培われた音楽制作の技術とノウハウを生かして、これからも新しい時代の中で、熱い音楽作りを目指します。「ナイスな人柄、確かな仕事」のプロフェッショナルな音楽集団として、日本の音楽界をさらに豊かにしていきたいと考えます。

出典:オフィス・インテンツィオ(http://intenzio.co.jp/)

そんなゴンドウトモヒコさんの転機は

高野寛さん・高橋幸宏さんのライブに

マニピュレーターとして参加したとき。

マニピュレーターとは…

電子音楽の分野においては、シーケンスソフトを用いてプログラミングされた音そのものをミュージックシーケンサーでライブで流すミュージシャンを指す。「シンセサイザープログラマー」と表記されることもある。

出典:Wikipedia

ライブで足りない音源を

コンピューターで補う仕事なのね。

それをきっかけに、

高橋幸宏さんが率いるoffice Intenzioに所属。

その後いろいろなライブや

レコーディングに参加するようになった

ゴンドウトモヒコ(権藤知彦)さん。

憧れのYMO(Yellow Magic Orchastra)

日本でのライブおよびヨーロッパ、アメリカツアーに

サポートメンバーとして常に参加することに!!

こうして日本の音楽業界の

中心へと足を踏み入れ

活躍することになった

ゴンドウトモヒコ(権藤知彦)さん。

…メロトロン号での

静かなユーフォニアム奏者の姿からは

想像できないくらい(失礼)、

実は偉大な方だったのね!!

スポンサーリンク

2.ゴンドウトモヒコ(ゴンドリー)のレーベル「愚音堂」って?

ゴンドウトモヒコさんの特徴は

なんといってもコンピューターと

管楽器を使ったユニークなスタイル。

これは中学時代から宅録と

ユーフォニアムを続けてきた

ゴンドウさんだからこそ確立した

オリジナルで斬新なスタイルね。

そんなゴンドウトモヒコさんは

Love Psychedelico, The Beatniks,

Chara, UA, くるり,Def Tech他、

多くの超有名ミュージシャンの録音や

ライブなどに参加しておられる様子。

本当に活動の幅が広い方なのね(;・∀・)

2004年には音楽家集団

「anonymass」を結成。

このユニット名はanonymous(匿名)と

mass(集まり)を混ぜた造語らしいわ。

メンバーは以下の3人。

  • チェロ:徳澤 青弦(とくざわ せいげん)
  • ユーフォニアム:権藤 知彦
  • キーボード:山本 哲也

おっとー!!

ここで「ムジカ・ピッコリーノ」の

チェロ奏者・ゴーシュ役の

徳澤青弦さんが出てくるのね!!(・∀・)

また2014年には高橋幸宏さん率いる

一夜限りのバンド「高橋幸宏&METAFIVE」から

改名して結成された「METAFIVE」にも

参加されているわ。

(そのほかのメンバーは

小山田圭吾さん、砂原良徳さん、

TOWA TEIさん、LEO今井さん)

2014年にはセルフレーベルである

「愚音堂(ぐおんどう)」を設立。

これは名前の「ごんどう」と

音楽に対して愚かに開かれた者たちの

集まる場所として活動していきたいという

ゴンドウトモヒコさんの想いから

来ているとのこと。

ごんどう ─ ごぉんどう ─ ぐぉんどう。
漢字をあてて愚音堂。
愚は動きが鈍く機略に乏しい意味であるが、大賢は愚かなるがごとし、甚だ高次の特性を意味する語、人間の至境を意味するものであると漢字学者の白川静。スティーブジョブスも言っていたstay foolishも同義か。

他人の思惑はどうでもよくて好きなことを好きな仲間と作り上げる、そんな開かれた愚か者が集うところとして機能していくための音楽レーベル。

出典:愚音堂(http://gooondo.com/)

自らの想いを発信する場としての

拠点「愚音堂」を立ち上げた

ゴンドウトモヒコ(権藤知彦)さん。

そんな愚直なまでに真っ直ぐに

音楽に向き合う姿勢が

きっと子どもたちの心にも響くのね。

スポンサーリンク

3.ゴンドウトモヒコ(ゴンドリー)ムジカピッコリーノ音楽監督として活躍!

そんなゴンドウトモヒコさん

そして愚音堂がNHKのEテレ

「ムジカ・ピッコリーノ」と関わるのが

第2シーズン2015年から。

ゴンドウトモヒコさんは音楽監督として、

演奏曲のアレンジおよびプロデュース、

劇伴の提供、またゴンドリー役として

出演もしておられるわ。

第2シーズンの時、プロデューサーから、

「アレンジの仕事をやりませんか?」

尋ねられたゴンドウトモヒコさん。

第1シーズンを面白く興味を持って

見ていたということで

「是非お願いします」と快諾されたのね。

調べていて心打たれたのが、

番組を構成する中で気を付けておられること。

「音楽を教える番組」ではなく

「大人の音楽に対する本気を伝える番組」

にしようと心がけておられる様子。

子供が聴くからこそ、

下手なものは作れない。

その子の中にずっと

残っていくかもしれない音楽に対して、

真剣でありたい…。

それは合唱音楽家・弓削田健介さんも

仰っていたわね。

しあわせになあれ・弓削田健介の名曲が松成真理子の絵で絵本に!瑞雲舎発売の事前予約特典や泣ける動画も!

そんな一流ミュージシャンたちが

自分たちの「本気」を魅せてくれる

「ムジカ・ピッコリーノ」

「ホンモノ」を嗅ぎ分ける子供たち、

そして、色んなものに触れてきた

大人たちからも支持されるのは

そんな作り手の想いが伝わってくるから

かもしれないわね~♪

ちなみに、今は卒業した

斎藤アリーナさんが

ゴンドウトモヒコさんのライブ

Gondo’s Carol Brass Night

-ゴンドウトモヒコのキャロルブラスナイト-

にスペシャルゲストとして

登場するとのこと!!

これは見逃せないっ!!

でも東京!!( ノД`)シクシク…

きっと更に大人っぽく

魅力的な女性になっておられるんだろうなぁ…!!

斎藤アリーナの歌声とルックスに釘付け!ムジカを卒業したアリーナの行方は?

お近くの方は是非ぜひ、

聖なる夜にアリーナのあの美しい歌声による

クリスマスキャロルを楽しんでくださいっ!!

まとめ

いかがだったかしら?

NHK・Eテレの音楽番組

「ムジカ・ピッコリーノ」

陰の支配者(!?)ゴンドリーこと

ゴンドウトモヒコ(権藤知彦)さん。

中学の時からユーフォニアムと

宅録を同時進行で続けてこられた

ゴンドウさん。

YMOなど名だたる有名音楽ユニットと

活動を行いながら、真摯に音楽と

向かってこられた様子が伺えるわね。

そんなゴンドウトモヒコさんが

子どもに聴かせる音楽を真剣に考えた

音楽番組「ムジカ・ピッコリーノ」。

メジャー級の有名音楽家たちの本気の演奏を、

楽しく自然に耳にすることが出来る今の子供たち。

凄く良い番組があって恵まれているなぁって

感じるアフロよ。

これからも素敵な音楽で

子供も大人も魅了していってほしいわね(*’ω’*)

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする