肩の石灰化・肩関節石灰沈着症、原因や予防法は?衝撃波で治療!?【スゴ腕専門外来】

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロです。

40過ぎてくると

身体のあちこちに

昔には感じなかった

痛みや違和感が出てきますねー。

健康番組に興味津々な

今日この頃です^_^;

今日は2018.4.10

20:00から放送の【スゴ腕の専門外来SP】より、

「肩関節石灰沈着症」をご紹介したいと思います。

肩の関節の石灰化!?

めっちゃこわいやん!

と思ったアナタ。

ちゃんと普段の生活で気をつけると

防げることもあるので、

一緒に見ていきましょうね!

目次

  1. 肩の石灰化・肩関節石灰沈着症とは?原因は?
  2. 肩関節石灰沈着症を予防するには?
  3. 肩関節石灰沈着症に衝撃波で治療?

スポンサーリンク

1.肩の石灰化・肩関節石灰沈着症とは?原因は?

私たちの身体、

特に骨を維持するカルシウムは

とても大切な栄養成分です。

カルシウムは栄養として腸から吸収される量と

尿で排泄される量でバランスが取られています。

ところが上手く排泄しきれなかった

カルシウムは、身体の中に蓄積していまいます・

それが、なにかのきっかけで

身体の異物反応にひっかかると、

自分を守ろうとする機能によって

カルシウムが蓄積している部分を攻撃し、

炎症による激痛を引き起こします。

蓄積したカルシウムは

血管内膜や関節内の腱、靭帯などに溜まりますが、

そのうち肩の関節にたまったカルシウムに

この生理反応が起きた場合が

肩関節石灰沈着症となります。

主に40~50代の女性に多い病気だそうです。

アフロ・ピーーーーンチ!!(゜Д゜;)

2.肩関節石灰沈着症を予防するには?

では、肩関節石灰沈着症はどうやったら

防げるのでしょうか?

予防法はあるのでしょうか?

そもそも石灰化はなぜ起こるのか

というところがキーになりそうです。

実はカルシウムの摂取量が多いからなるのではなく

カルシウムが不足することで石灰化は

引き起こされるそうです。

普段の食事で不足したカルシウムを補うため

人の身体は、自分の骨を溶かして補給する

という働きが生じます。

この溶け出す量が人体にとって「大量」となり

血液中のカルシウム濃度が

とても高くなってしまうのです。

必要以上にあふれたカルシウムは前述のように

身体の組織に沈着し、石灰化を起こします。

予防のためのポイントは3つです。

  • 酸性体質の改善
  • 身体を動かす(同じ姿勢を防ぐ)
  • カルシウム不足を補う

まずは酸性体質の改善

酸性の状態だとカルシウムが溶け出しやすくなります。

夜食を減らす

酢・野菜・海草などのアルカリ食品をとる

便秘の予防

が、効果的です。

次に身体を動かす

長時間同じ姿勢をしていると

腰や首に負荷がかかり、

そこにカルシウムが沈着するようです。

こまめに身体を動かし

体操するなどして、身体を柔らかく保つことが

予防に効果的だと考えられます。

最後に、カルシウム不足を補う

カルシウムが不足すると、

骨から溶け出して石灰化が進むため、

不足した状態に陥らないようにすることが

大切です。

サプリメントも良いですが、

ちゃんと骨に届く良質なものを

選ぶようにしましょう。

吸収が良いだけの活性化したカルシウムは

必ずしも骨に届くというわけでは

ないようです。

むしろ自然な、小魚・海草・野菜・豆類などの方が

よりよい形で身体にカルシウムを届けてくれるようです。

やっぱり本来の形をしたものが

いちばんですね(*^_^*)

スポンサーリンク

3.肩関節石灰沈着症に衝撃波で治療?

さて、石灰化したカルシウムですが

衝撃波で治療できる!?

というのが今日の

【スゴ腕の専門外来SP】

で紹介されるようですね。

見ているとおそらく

「体外衝撃波治療法」

というものらしいです。

尿路結石などを衝撃波で破壊する、というのを

聞いたことがあるので、

アフロ個人としてはそれに近いものかなー、と

考えています。

尿路結石を衝撃波で破壊する場合は

お風呂のようなところに入ってあてると聞いたような。

はたして

肩関節石灰沈着症の治療の場合は

どのような形でアプローチしていくのでしょうか?

注目したいです!(*^_^*)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

肩の石灰化「肩関節石灰沈着症」。

ちょっと怖い病気でしたね。

今のところ大丈夫、と人ごとに思っている

アナタ!(私もか^_^;)

見ていると、生活態度次第で誰もが罹患する

恐れがありそうです。

やっぱり、健康のためには

食事と運動が大切なんだなぁ、

あらためて思いました。

スクワットでもしながら

今日の番組を見たいと思います。

本日も最後までお読み頂き

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする