名脇役・小松利昌プロフィール!妻子は?劇団sundayは?【ラブラリン】

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロです。

最近、じわじわと人気が出ている

バイプレイヤー・小松利昌さんを

ご存知ですか?

名前は知らなくても、顔を見たら

「あー!あの人!!」となるかもしれません。

最近では

「忍びの国」や「シン・ゴジラ」、

「殿、利息でござる」などの

人気映画にも多数出演。

そんなこれからブレイクしそうな

小松利昌さんを、

今回は調べてみました!

それでは一緒に見ていきましょう!

プロフィール

出典:キューブオフィシャルサイト

小松利昌(こまつ・としまさ)

生年月日:1973年3月28日(45才)

出身地:大阪府

出身校:大阪芸術大学

血液型:O型

目次

  1. 小松利昌プロフィール
  2. 小松利昌出演作品。妻子はいるの?
  3. 小松利昌、木曜ドラマ【ラブリラン】に出演!

スポンサーリンク

1.小松利昌プロフィール

小松さんは1973年大阪生まれ。

高校は清風高校に通っておられました。

↑ここね、結構な名門高校ですよ(゜Д゜;)

卒業後は大阪芸術大学に

進学されています。

これは、頭が良すぎて

規格外になったパターン

とアフロは見ました(*゜∀゜*)

大阪芸術大卒業後は

後輩達と劇団を旗揚げ。

ほとんどが演劇未経験という

なかば実験的な劇団だったようですが

パッションで作品を創って

こられたようです。

そこでの経験をもとに

1999年「劇団☆世界一団」

いまの劇団「sunday」に移籍され、

そこから俳優としての人生を

歩み出されました。

2.小松利昌出演作品。劇団「sunday」での活躍や妻子は?

この「sunday」なんですが、

実はアフロ・・

ムッシュと一緒に観たことがありました!

演劇好きのムッシュに連れられて

独身時代に行ったのが

「ニューデリーの恋人たち」。

出典:Sunday

お芝居はね、覚えているんですよ。

あー、骨太な劇団だなぁ、と思った記憶が。

でも小松さんの演技が思い出せない。

いえ、小松さんの演技が悪いわけではなく

これはもうアフロの記憶障害です。

ちなみに、ムッシュイチオシの芝居が

「サンプリングデイズ」だそうです。

一人で何役もするという

人との繋がりが延々と繋がるという

かなりラビリンスな芝居だったそう( ̄▽ ̄;)

DVDも出ているようなので、

気になる方は是非チェックしてみて下さいね。

最近はsunday自体の活動が止まっているようなので

こちらも再開されると嬉しいな、と思うアフロでした。

そんなsundayにいた小松利昌さん、

最近では本当に活躍の場が広く

「シンゴジラ」では

国土交通省危機管理・運輸安全政策審議官

竹尾保役。

「忍びの国」の伝吾役。

そして何かと異色をはなっていたのが、

「仮面ライダーアマゾンズ」加納省吾役!

今、観ているとね、

本当に味のある良い演技をされているんです。

作品の軸を邪魔しないようにしながらも

どこか心に引っかかる、

そんな素敵なバイプレイヤー。

本当に懐の深い役者さんだと思います。

多分、これから色んなところで

重宝されるタイプなんじゃないかしら?

今後の活躍に期待です(*^_^*)

ちなみに妻子の情報ですが、

Twitterなどを見る限り

独身色が強いですね~^_^;

芝居の時は大道具・小道具も作ったという

DIYも得意そうな小松利昌さん。

ちょっと癖はあるかもしれませんが、

きっと中身は良い人です。

良き伴侶が見つかると良いですね~。

(って余計なお世話か・・・!?( ・∀・))

スポンサーリンク

3.小松利昌、木曜ドラマ【ラブリラン】に出演!

そんな小松利昌さんが

今、テレビで見れるのが

読売テレビで毎週木曜日

23:59から放送の

「ラブリラン」。

3ヶ月の記憶を失い、

目覚めると

ぱっとしない処女から

リア充ガールになってた・・という

30才の女性が主人公の

漫画原作のドラマです。

この中で小松利昌さんは

主人公のデザイナー・南さやかの

良き理解者である菅野太一郎役を

好演されていますね!

今後の展開にも期待です!

まとめ

いかがだったでしょうか?

これからブレイクしそうなバイプレイヤー

小松利昌さん!

生の劇場で観ていたときに

もっとチェックしておけば良かったと

ちょっと公開しているアフロです^_^;

小松さんは映画・ドラマはもちろん

毎年年末に単独ライブ

「コマツマツリ」も開催されています。

メジャーになっても

生のお客さんの熱を感じる場に

敢えて身を投じている小松利昌さん。

そんな小松さんだからこそ

あのような

小松さんにしか出来ない演技が

出来るのかもしれませんね。

今後の活躍が本当に楽しみです。

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする