本田大助(北海道物産バイヤー)オススメは?妻子に体重、次回開催展・通販も!【マツコの知らない世界】

大丸松坂屋の北海道物産展専任バイヤーとして、出身地神戸を離れ、北海道に駐在しながら「北のグルメハンター」として活躍する本田大助さんが「マツコの知らない世界」に登場!北海道愛が止まらない本田さんの気になる体重や妻子、そして北海道展のオススメや開催情報・通販などを調べてみました!北海道物産で被災地復興を応援したいですね。

江草仁貴の介護施設レコードブック場所・評判は?妻竹下佳江とのなれそめや子供も!【爆報フライデー】

中継ぎ左腕として活躍し、2005年阪神優勝にも貢献した江草仁貴さん。バレーボール選手の竹下佳江さんと結婚し2人の男の子にも恵まれた江草さんのセカンドキャリアは介護事業運営会社の㈱キアンの社長!デイケアサービス施設レコードブックのフランチャイズを地元広島で開いた江草さんの経歴やその評判、奥様との馴れ初めなどを調べてみました。

河原尚子(器デザイナー)の店SIONEの場所や販売価格は?夫や子供も!【セブンルール】

京都で6代続く茶陶「真葛(まくず)焼」に生まれ、宮川香山とも縁のある河原尚子さん。京都銀閣寺本店を含むショップ「SIONE」で、敷居の高い器とは趣向の違う、有機的で生命力とモノガタリがある器のある生活を提案する河原さんが「セブンルール」に登場!商品ラインナップや値段、海外にも展開する店、旦那さんや娘さんについて調べてみました!

林家たま平・正蔵息子のプロフィール!叔母泰葉や名門一族関係図は?【ザ・ノンフィクション】

元・林家こぶ平こと九代目正蔵さんの長男が親子の縁を切って「たま平」として弟子入りデビュー。名門一族に生まれた、たま平さんが厳しい芸の世界で葛藤する4年間を「ザ・ノンフィクション」が密着。スポーツマンの顔も持つたま平さんプロフィールや、正蔵さんのタッチ声優秘話、叔母泰葉さんを始めとする名門一族関係図を調べてみました。

川谷萌・めがね舎ストライク職人オーダーメイド眼鏡の価格は?経歴や彼氏、店の場所も!【セブンルール】

めがねに魅せられ、めがねの世界に入り、志を同じくする社長・比嘉大輔さんと共に「めがね舎ストライク」(神戸)の工房職人として働く川谷萌さんがセブンルールに登場。その経歴や、同じく「ものづくり」の志を持つ彼氏、鯖江で修行した技術と最新機器を使ったビスポーク(オーダーメイド)眼鏡の値段などを調べてみました!

ねんど大介が激レアさんに!恋力で中国台北ブレイクした芸人の経歴や結婚、東京紅茶&餐廳KANO(嘉農)も!

ハウステンボスで一目ぼれした中国雑技団の少女を追いかけ中国に渡り、日本料理店長を経て人気お笑いタレントになったねんど大介さん。尖閣諸島問題で仕事を失うものの、一から始めた台北での活動で再びブレイク!アジアを股にかけ活躍する粘土大介ことねんどさんが「激レアさんを連れ来た」に登場!魅惑のムレスナティー&スイーツのお店東京紅茶&餐廳「KANO(嘉農)」についても調べてみました。

西嶋ゆかり(女プロクイーン雀士)プロフィール!看護師・絵本作家兼オーナーのBAMSE場所は?【ノンフィクション】

高専中退・家出・路上生活…さらに大事故や突発性難聴という数々の困難に遭いながら、女流雀士としてプロクイーン輝き、同時にLiveBar・BAMSE(ばむせ)の二代目オーナーとして音楽活動をし、看護士の資格も持つ西嶋ゆかりさんが「ザ・ノンフィクション」に登場。絵本作家としての顔も持つ西嶋さんの経歴やBAMSEの場所などについて調べてみました。

桜川姫子(ロリータプロ女雀士)プロフィール!実家の病院や年収、彼氏は!?【ザ・ノンフィクション】

ロリータファッションに身を包み卓を囲むプロ女流雀士・桜川姫子さんが「ザ・ノンフィクション」に登場!実家は病院・父親は医者、という意外な経歴や年収、彼氏の存在…そしてプロの麻雀士になるために心・技、さらにマナーなどに重きをおいた厳しいプロテストについて調べてみました。麻雀のイメージが変わります!?

小野節子経歴がオノヨーコ級に凄い!アート作品に本、小野姉妹家族の銀行と美術の関係は?【爆報フライデー】

ジョン・レノンの妻でアーティスト&平和活動家として有名なオノ・ヨーコさん。その実の妹である小野節子さんが爆報フライデーに登場!実は名だたる銀行家と芸術家を生み出している小野ファミリーと、四か国語を操るマルチリンガル・小野節子さんの世界銀行での活躍を調べてみました!

シラノドベルジュラックのアマンディーヌレシピ!実在シラノの月世界旅行記が凄い!【グレーテルのかまど】

戯曲「シラノ・ド・ジュベラック」に登場する菓子職人ラグノー案のスイーツ・アマンディーヌが「グレーテルのかまど」に登場!実はシラノもラグノーも実在の人物!実在のシラノが書き、親友ルブレが出版した「月世界旅行記」は今なら当たり前だけど当時では異端と取られかねない描写が多数存在!そんな科学の造詣も深かったシラノの意外な一面などを調べてみました。