日和佐裕子(スタントマン)経歴年収調査!結婚や子供は?交通安全教室スケアードストレイトって?

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ。

皆さんは交通事故に

遭ったことはあるかしら?

幸いアフロはないんだけど

いかんせん周りへの

注意が足りない子供だったので

親はいつ車にひかれるかと

いつもドギマギしていたみたい^_^;

アフロの息子も

アフロの血を

色濃く引いているので(笑)

今となっては親の心配が

よーーーく分かります(;´Д`)

そんな良い子たちの味方(!?)

交通安全教室で

年間300回はひかれるという

驚異のお仕事をされている

日和佐裕子(ひわさゆうこ)さんが

2018.6.11にテレビ朝日で

23:15から放送の

「激レアさんを連れてきた」に

登場されます!!

今回はそんな日和佐さんを中心に

スタントマンのお仕事や

交通安全教室で行われる

スケアードストレイトという

教育について調べてみたの。

是非一緒に見ていってね!

プロフィール

出典:NEWS ZERO

日和佐裕子(ひわさ・ゆうこ)

生年月日:1972年8月15日

出身地:東京都

出身校:我孫子二階堂高等学校

血液型:O型

身長:163.5cm

スポンサーリンク

目次

  1. 日和佐裕子(スタントマン)の経歴調査!結婚や子供は?
  2. 日和佐裕子(スタントマン)の年収は?
  3. 日和佐裕子(スタントマン)の行う交通安全教室・・・スケアードストレイトって?

1.日和佐裕子(スタントマン)の経歴調査!結婚や子供は?

日和佐裕子さんは

1972年東京生まれの46才。

笑顔がキュートで

スポーツジムの

インストラクターさんとかで

見かけそうな

魅力的な女性ね。

しかし、そんな彼女が

足を踏み入れたのは

身体を使った激しいお仕事

スタントマン業界!!

ここで彼女は

年間300回車にはねられる

交通安全教室のほか、

数々のドラマや映画、特撮などに

出演し、活躍されているわ。

その筋では名の通った

スタントウーマンみたいね!

出典:NEWS ZERO

この世界に入ったきっかけは

16才の時に見た

ジャッキーチェンの映画(笑)。

私もやりたい!!

スタントを始め、

芸歴はかれこれ25年以上!!

この世界、

やっぱり肉体的な敏捷性が

求められるので、

年齢的な厳しさも出てくると思うけど

見ている限り日和佐さんは

長年培った経験からか

衝撃の流し方や身体の使い方が

すごく上手いようで、

そこが彼女が

超一流のスタントである

由縁だと思うのね。

好きなスポーツは

新体操、器械体操、トランポリン、中国武術。

趣味は

特技ジャズダンス、アクション、スタント、京劇、ドラム。

趣味がスタントと

言っちゃうところが

凄いわね・・・^_^;

結婚してお子さんがいるのかしら?

と勝手に想像していたけれど、

その情報は全く見当たらず。。

あくまで一般の方なので

情報公開されていないのか、

あるいは人生の全てを

スタントにかけてこられたのか。

でも、おそらく

子どもは好きなんだろうなぁ、と。

この仕事のやりがいは

子どもに事故の恐ろしさを知ってもらい

安全に気をつけてもらいたい

ってところみたい。

やり方がちょっと特殊だけど(笑)

子どもたちの安全を守るのに

なくてはならない存在よ!(・▽・)

スポンサーリンク

2.日和佐裕子(スタントマン)の年収は?

そもそもスタントマンって

どうやってなるもんなんでしょうね?

調べてみると、まずは

プロダクションなどが運営している

養成スクールに入り、

演技、マット運動、ジャズダンス、

中国武術、少林寺拳法、時代殺陣、

現代アクションなど幅広く勉強。

しっかりと知識と技術を

身につける必要があるみたい(;´Д`)

その後、専門のプロダクションに所属。

資格や学歴などは要らないけれど

優れた運動能力と

反射神経が必要みたいね~。

スタントマンの年収は

トップクラスでも300万円程度

・・・めっちゃ意外(ーー;)

こんなに身体をはっているのにね。

仕事自体が定期的なものではないから

高収入は難しいとのこと。

ちなみに、内容でも相場があって

  • 車にはねられる:30000円
  • 階段を転げ落ちる:50000円程度
  • 火だるまになる:100万円

この相場通りで行くと

日和佐さんの年収は

30000円×300で

9000000万円!?(゜Д゜;)

おぉーー!

超トップクラスかも!?

まぁ

危険度や経験、回数によって

色々ずれなども生じてくるので

正確なところは分からないけれど、

それくらいのギャラを

頂かれても良いんじゃない?ってくらい

彼女のスタントに対する

情熱は凄そうね~!

ちなみにハリウッドなどに行くと

報酬はぐんっっと上がるみたい。

いっそハリウッドを

目指しても良いんじゃないかしら、とか

要らぬコトを考えてしまう

アフロでした。

スポンサーリンク

3.日和佐裕子(スタントマン)の行う交通安全教室・・・スケアードストレイトって?

日和佐さんが活躍するのは

学校などでリアルに交通事故を

再現する交通安全教室。

この教育方法を

スケアード・ストレート

(scared straight)

というみたい。

「スケアード」とは

「怖がる・おびえる」の意味。

リアルな模擬交通事故を見て

恐怖を実感することで

「そうならないように」

危険行為を未然に防ぎ、

交通ルールを守ることの大切さを

実感する教育方法

なんですって。

ショック療法に近いかもね。

・・・確かにね~。

怖いわ!!(゜Д゜;)

本人が納得するまで口で伝え、

体験や失敗から学ぶことを

重視したいアフロ家ではあるけれど、

ことこういう

交通事故などに関しては

遭ってからでは遅いもんね。。

日和佐さんを始めとする

スタントマン・スタントウーマンの方が

身体を張って伝えてくれることで、

子供らはひやっとする経験から

本能的に危険を避けようと行動する。。

日和佐さんが話されています。

「いかにリアルに

(事故の再現を)できたか。

それによって、

生徒たちの反応が

恐怖になったときに

『よしやった!教えてやった!』」

(中略)

「もっとひかれたいですね。

みんなをいっぱい怖がらせたいです。

それを思い返してくれれば

何よりです」と、

笑顔で語っていた。

楽しんでやっているワケでは

ないんですよね。

いや楽しんでいる部分も

あるかもしれないけど・・・^_^;

そこには

子供らに事故にあってほしくない

っていう

使命が感じられて、

ホンマに凄い女性だなぁって

胸が熱くなったアフロです。

ちなみに日和佐さんの十八番は

車の死角で起こる自転車事故で、

自転車ごと吹っ飛ぶスタント

だそう・・・(;´Д`)

轢かれる前にボンネットに

足をかけて衝撃を

受け流すのがコツだとか。。

・・・くれぐれもご自愛下さい!(T^T)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

一年を通して

車に300回はねられる

スタントウーマン

日和佐裕子さん!

ホント人並み外れた

桁違いなことを

されているわね~!!

でも、そこにあるのは

子どもたちの安全を願う

強い想い・・・。

だからこそ、

本気で怖がってもらうために

本気で車にぶつかっていく。

子どもを持つ親としては

そんな風に身体を張って

伝えてくれる人がいることに

ちょっと感動。。

日和佐さんの活動で

ひとつでも多くの

命の安全が守られて

いくことでしょう。

でも本当に、

お身体の無事を

心から祈るわね。。。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする