山田駿佑(しゅんすけ)14才オオバコ博士の小4研究レポートが凄い!【又吉直樹のヘウレーカ(NHK)】

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロです。

今日は2018.5.2 NHK Eテレで

22:00から放送の

【又吉直樹のヘウレーカ】より、

山田駿佑(しゅんすけ)くんを

ご紹介したいと思います♪(・∀・)

大人顔負けの研究者魂を持つ

山田駿佑くん。

アフロも息子に

こんなふうに日常の不思議を

とことん突き詰めるような

「研究者」になってほしいと思うことがありますが

…誰に似たのか

楽しいこと新しいことに

移り気の激しいジュニア。

ちょっと「研究者」というタイプではなさそうです。

今回は憧れの意味も込めて

素敵な小さな科学者を調査!

彼がオオバコの研究を始めたきっかけとは?

また、その驚きの手法とは!?

調べてみました!

目次

  1. 山田駿佑(しゅんすけ)が登場した「又吉直樹のヘウレーカ(NHK)」とは?
  2. 山田駿佑(しゅんすけ)が小4に作成したオオバコ研究レポートが凄い!
  3. 山田駿佑(しゅんすけ)14才オオバコ博士によるオオバコの検証

スポンサーリンク

1.山田駿佑(しゅんすけ)が登場した「又吉直樹のヘウレーカ(NHK)」とは?

出典:Seiichi Hayashi Blog

「又吉直樹のヘウレーカ!」

お笑い芸人かつ直木賞作家でもある

又吉直樹が

「言われてみればどうして?」という

日常の小さな不思議に迫り

謎を解いていく教養バラエティです。

「ヘウレーカ」とは

「分かった」「発見した」という意味。

古代ギリシャの科学者

アルキメデスが、

お風呂に入っているときに

かの有名な

「アルキメデスの原理」が閃いて、

驚きと喜びのあまり裸で

「ヘウレーカ!!」と叫んで

街中を走ったという逸話にちなんで

付けられたタイトルです。

もっともこの時代、

男性が裸で運動するのは

結構当たり前で、

裸で外を走っていても珍しくは

なかったらしいですけどね(〃・ω・〃)

もちろん今やると捕まります!

ダメ!絶対!!

番組では自然科学を中心に

色んな分野の研究者が招かれ

又吉さんと語らいながら

謎を分かりやすく解いて下さいます。

そんな文学者・又吉×自然科学という

おもしろ図式で進行していく

この番組。

記念すべき第1回は

「なぜ植物はスキマに生えるのか?」

というテーマで送られました。

これが人気で、今晩再放送されるようですね!

中でも注目された

14才のオオバコ博士・山田駿佑くん

迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

2.山田駿佑(しゅんすけ)が小4に作成したオオバコ研究レポートが凄い!

出典:う・さ・み・み・モード

左端が山田駿佑くん。

山田駿佑くんは岐阜県出身で現在14才。

そんな彼がオオバコの研究を行ったのは

関市倉知小学校の4年生の時。

家の駐車場にたくさん生えていたオオバコを見て

「どうして道の真ん中に生えているのだろう?」

不思議に思って調べ始めました。

オオバコって舗装されていない

道の真ん中に生えているんですね-。

それを「当たり前」としないところが

山田くんの凄いところ。

彼は1年間かけて、その生態を調べます。

その手法は本格的!

例えば「左端」「真ん中」「右端」と

同じ面積の区切りをつくって

その中に生息するオオバコの数を調査。

自分の考えだけでなく、

きちんとデータをとって数値化しているあたりが

すでに立派な科学者です(゜Д゜)

さらにオオバコの「踏みつけ」に対する

強度を調べるために、

オオバコを含めた色んな植物を

10週間続けて漬け物石で

ガンガン叩くんです!!

小学校4年生にして、

この発想力と行動力と持続力…。

末恐ろしいですね~^_^;

さらには水を含むと粘りが出て

靴にくっつくオオバコの種が、

どこまで遠くまで運ばれていくか、も

自分の手足を使って調査。

ホンマにね~、

どうやったらここまで

集中力と忍耐力のある子に育つのか

アフロは知りたいッ!!

その実験の結果などは

今晩の放送で是非確認して下さい!

スポンサーリンク

3.山田駿佑(しゅんすけ)14才オオバコ博士によるオオバコの検証

そんな山田駿佑くんのオオバコ研究

「オオバコはなぜ道の真ん中に生えているのか」は

見事、全国の小学校自由研究の大賞を取ります。

うん、異論無し!!(*^_^*)

山田くんは、この研究を通し

オオバコは踏まれて強くなることで

道の真ん中でも繁殖することができ、

水・養分・日光を独占できる。

また踏まれたときに種を運んでもらうことで

より広い場所で繁殖することができる。

と結論付けています。

オオバコ…普段、見ることはあっても

そこまで深く考えたことはなかったです。

まさしく

「ヘウレーカ!!」

これから道の真ん中で見つけたオオバコは

愛おしさをもって見つめ

そして踏みつけていきたいと思います(T-T)

まとめ

いかがだったでしょうか?

14才の若き研究者・山田駿佑くん。

真面目に愚直にオオバコと向き合う姿に

頭が上がらなくなったアフロです。

オオバコの研究を通して

「自分は背が小さいけれど、

それを生かすことができるんじゃないかと思って、

勇気をもらいました」

とコメントした山田駿佑くん。

そこが、また

心にグーーーッと来ますね!

小さなオオバコ博士の大きな未来への可能性、

精一杯応援したいと思います!!

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする