木村由樹(212キッチンストア)せかほし登場バイヤーの妻は?ドイツイタリアのキッチン事情!

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ。

今日は2018.5.21 NHKで

11:55から放送の

【世界はほしいモノであふれている】より、

212kitchenstore(キッチンストア)バイヤーの

木村由樹さんを紹介するわね♪(・∀・)

今回のバイヤーさん、

Kさんというところまでは

事前に分かっていたものの

それ以上が分からず・・・

開けてみるととてもお茶目で

明るい方だったわね!

復習もかねて、

バイヤー木村由樹さんについて

そして番組でもあった

ドイツ・イタリア、

MC2人の台所事情を

まとめてみるわね!

出典:KITCHEN MEISTER

スポンサーリンク
目次

  1. 212キッチンストアのバイヤー・木村由樹って?妻は?
  2. 212キッチンストアのバイヤー・木村由樹がせかほし登場!MC2人のキッチン観を引き出す!!
  3. 212キッチンストアのバイヤー・木村由樹が伝えるドイツ・イタリアのキッチン事情!

1.212キッチンストアのバイヤー・木村由樹って?妻は?

今回登場のバイヤーは

212キッチンストアの

木村由樹さん。

年齢は不明だけど30代くらいかしら?

今回はドイツ編とイタリア編があり

ドイツ編では、

フランクフルトメッセで行われた

「アンビエンテ」での、

イタリア編では「バッラリーニ工場」を

訪れた旅の様子の紹介でした。

木村由樹さんがイタリアを訪れたのは、

今年2月のこと。

年に一度開催される

世界最大級の展示会「アンビエンテ」

向けてドイツに渡り、

その後にイタリアに移動されたみたい。

ちなみに「アンビエンテ」とは

2月の9日~13日の4日間開催されて、

キッチン・家庭用品はもとより

芸術品やアクセサリー、

室内照明、装飾画、時計などなど

かなり幅広いジャンルの品々を

取り扱う見本市とのこと。

木村さんは2日間で40社回って

ひとつも即決しなかったって・・・。

気が遠くなるような話ね~(゜Д゜;)

このドイツ・フランクフルトの展覧会は

毎年2月に開催されるようね。

この頃には、チケットや宿が

撮りにくくなるくらいみたい。

木村さんも用意周到に

向かわれたんでしょうね~!

今回、本当に和やかな様子で

収録が行われた感じを受ける放送で、

それは木村さんの人柄によるものが

大きかったと思うんだけど、

そこには奥様の存在も大きいと

アフロは見たわ~(*゜∀゜*)

木村由樹さんを

「女子力が高い」と評した

奥様の木村有香さん

とても仲良しな様子が伝わって

見ているこちらまで

優しい気分になれたわねー♪

こうやって認めてくれる存在が

身近にいることで、

木村さん自身が伸び伸びと

自分らしくバイヤーとして

活躍できるのかもね♪

あ、ちなみに関係ないけど

うちのムッシュも女子力高めよ♡

スポンサーリンク

2.212キッチンストアのバイヤー・木村由樹がせかほし登場!MC2人のキッチン観を引き出す!!

そんな木村さんのトークに

乗せられて(!?)か、

MC2人もご自身の素敵なお話を

紹介してくれたのが

今回は印象的だったわねー!

三浦春馬さんの

そうめんに対する熱いこだわり!(笑)

JUJUさんの、どんなにケンカしても

食卓についたら終わり・・・って話は

母親として凄く納得し、

これから更に心がけたいなぁって

思いました。

やっぱりね、どんな美味しい料理でも

不機嫌で食べると台無しだもんね。

「どんな事も食卓につけば終わり。

嫌なことも食卓につけば終わり」

イタリアのマンマの言葉が沁みる。。

とても基本的なことで

とても大切なことを

改めて気付かせてもらいました。

やっぱり、良い番組や(T^T)

3.212キッチンストアのバイヤー・木村由樹が伝えるドイツ・イタリアのキッチン事情!

キッチンって意外と

お国柄が出るのね・・・というのが

今回の放送で気付いたこと。

ドイツでは働く女性が多く、

「時短」がテーマっていうのは

初めて聞いたわ~!

で、人気なのが万能調理器!

「これがあれば

子供との時間が作れる」と。

三浦春馬さんは

「作ってても話は出来るし

作ってるところを僕はみたい」と。

うん、どっちも分かるんだよね-。

出来ればみんなで作りながら話せると

理想的なのかもしれないけど。

しゃべりながらだと

思わぬポカで台無しになったり

(出来たのを落としたりね←私)

子供が手伝ってくれるのを

フォローするだけで

話の内容がおろそかになったり・・・。

(適当に相づちをうって怒られたりね←私)

アフロも共働きしていたときは

ただ温め直して食べるという道のりが

こんなに長くて険しいのか・・・orz

という体験がしばしばあったわね。

(遠い目・・・(;´Д`))

ま、料理担当がムッシュだったというのが

大きな救いだったけどね。

さっきのマンマの話にも通じるけど

食べるときの心の在り方って

ホンマに大切だと思う。

だから、家庭の状況やスキルにあわせて

木村さんが紹介してくれたような、

思わず笑顔になるようなアイテムなどを

取り入れながら、

美味しく笑って頂きたいわね(*^_^*)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

「衣・食・住」

どれも大切だけど、

個人的に特に大切にしたい

「食」のために、

世界各地で逸品を探して下さっている

木村由樹さん。

そのお人柄も、そして奥様も、

本当に素敵な方だったわねー!!

そして、やっぱり

どこの国でも

より良い「食」のために

色んな事を考え、

色んな事を生み出している・・・

違いはあれど食事を楽しみたいという

世界各国のマンマたちの姿にも

勇気をもらった時間でした。

今日も美味しくゴハンを頂けることに

感謝をしながら、

来週のせかほしも

楽しみに待ちたいと思います。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうね-!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする