聴導犬の仕事って?犬種やしてはいけないこと、感動動画を紹介!【もふもふモフモフ】

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロです。

盲導犬は映画になったりと

色々と有名ですが、

耳の不自由な人を助ける

「聴導犬」、ご存知でしょうか?

こちらも厳しい訓練をくぐり抜けた

犬のエキスパートです。

本日のNHK 22:25からの

「もふもふモフモフ」にも登場するようですね!

そんな頑張る聴導犬に街中で出会ったとき

「してはいけないこと」があります。

今回は聴導犬の色々をご紹介したいと思います。

出典:日本補助犬協会

目次

  1. 聴導犬の仕事って?犬種は決まっているの?
  2. 街中で会った聴導犬にしてはいけないこと
  3. 聴導犬の感動動画を紹介!

スポンサーリンク

1.聴導犬の仕事って?

盲導犬は耳が不自由な聴覚障害者の方に

寄り添って、その耳の代わりをする

身体障害者補助犬の一種です。

音が鳴ると、パートナーの身体にタッチすることで

音が鳴ったことを知らせるのです。

そして、その音源まで連れて行き、

何の音かを知らせることもできます。

知らせる音は、

パートナーとなる人の希望にそって決めます。

なので聴導犬によって

伝える音は決まっておらず、

臨機応変に対応しています。

例えば次のようなものがあるそうです。

  • インターフォンの音
  • 火災報知機の音
  • 電話の音
  • メールの音
  • お湯が沸いた音(やかんの音)
  • 自転車のベルの音
  • 赤ちゃんの泣き声

「赤ちゃんの泣き声」は、なるほど!と思いました。

耳の聞こえない母親にとって、

赤ちゃんが唯一訴える方法である

「泣き声」が聞こえないのは厳しいです。

そんな時、聴導犬の助けで

赤ちゃんとのコミュニケーションが取れることは

大きな助けになるでしょうね。

障害で子を持つことを諦めそうになるとき

聴導犬の存在は、勇気と後押しをしてくれると

思います。

さて、犬種ですが。

警察犬は「シェパード」

盲導犬は「ラブラドール」

というイメージがありますが、

聴導犬に関しては犬種は特に決まっていません。

人が好きで温厚な性格であれば

大型犬でも小型犬でも大丈夫です。

2.街中で会った聴導犬にしてはいけないこと

聴導犬が街で「ケープ」を着用している場合、

お仕事をしていますというサインです。

出典:聴導犬サスケ

そんな時、聴導犬にしてはいけないことがあります。

  • 聴導犬に触れない
  • 聴導犬を見つめない
  • 聴導犬に話しかけない
  • 聴導犬に食べ物を与えない

聴導犬に限らず、

盲導犬や介助犬などの「補助犬」と呼ばれる犬にに対して

絶対にしてはいけないことだそうです。

ケープをつけているとき犬は完全に

お仕事モード!

そんなときに上記のような関わりをすると

集中力が途切れて

任務に支障が出てしまうのです。

そっと見守るようにしましょう。

ただし、補助犬の同伴の障害のある人に

絶対全く話しかけてはいけない、という

わけではありません。

たとえば災害時の緊急放送

聴導犬は内容までパートナーに伝えることは

できません。

なのでスマホの文字で示すなどの

お手伝いをすることは歓迎されるでしょう。

そのとき、その人が

どんなことをすれば喜ぶのか。

考えることで出来ることは

見つかってくると思われます。

スポンサーリンク

3.聴導犬の感動動画を紹介!

そんな人の耳となって働く聴導犬。

一人の女性が聴導犬と出会ったことで

人生が変わった、という動画があったので

ご紹介します。

短い動画ですが、

ユーザーさんの聴導犬に対する

感謝と愛情がひしひしと伝わってきますね(*T^T)

ただ「耳のかわり」としてだけでなく

人生に寄り添うパートナーとして

聴導犬は聴覚障害者にとって

なくてはならない存在のようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

聴覚障害者のパートナーとして頑張る聴導犬。

彼らの活動おかげ世界が広がり

生きる楽しみを見いだした人も

たくさんいると思います。

聴導犬の育成には

300万以上の費用がかかるようで

そのほとんどを寄付で賄っているそうです。

病院などに設置されている募金箱で募金が出来るので、

みかけた方は協力してみるのも良いのではないでしょうk?

また、協会での寄付受付もしているようです。

もちろん寄付金控除付です。

公益財団法人・日本補助犬協会

人と補助犬が

豊かな気持ちで暮らせる社会へと

進んでいくと良いですね♪

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする