先崎学(うつ病克服棋士)が世界一受けたい授業に!妻は?病気による休場から復帰が本に!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

マンガ好きなアフロは

「3月のライオン」も大好き。

あの中で描かれる棋士の姿って

凄く過酷で壮絶なものがあるわね。

自分の身を削りながら

一手一手を指していくプロ棋士の姿

そういうものに私たちは

惹かれるのかも…!?

そんな過酷な世界で生きながら

一時表舞台から消えた棋士が

先崎学さん。

なんとうつ病を患っていて闘病、

入院もされていたんだとか。

そんな先崎さんが復活し

「世界一受けたい授業」に登場して

色んな話をしてくれるというから

気になるところ!

今日はそんな先崎学さんや

妻の穂坂繭(ほさかまゆ)さん

うつ病になった経緯、

そして復活までを描いた本について

調べてみたので良かったら

一緒に見ていってね。

プロフィール

出典:https://www.shogi.or.jp/

先崎学(せんざき・まなぶ)

生年月日:1970年6月22日

出身地:青森県

スポンサーリンク
目次

  1. 先崎学(うつ病克服棋士)プロフィール
  2. 先崎学(うつ病克服棋士)の病気による休場の真相は?
  3. 先崎学(うつ病克服棋士)の妻は囲碁棋士・穂坂繭(ほさかまゆ)!
  4. 先崎学(うつ病克服棋士)うつ病からの復帰が本に!

1.先崎学(うつ病克服棋士)プロフィール

先崎学さんは1970年青森県生まれ。

とはいえ生後半年で親の転勤で

青森を離れ、小学校低学年には

北海道札幌市にいたとのこと。

少年時代は吃音だったものの

田中角栄氏が浪曲を歌って克服したのを知り、

節をつけてしゃべってみて

吃音を改善されたというわ。

小さい頃から棋士としての才能を

発揮していた先崎学さんは1979年

「よい子日本一決定戦

小学校低学年の部」で優勝!

しかも準優勝は同い年の

羽生善治さんだったというから驚きね!

1981年の秋、小学5年で奨励会に入会。

入会の前年から小学校卒業まで、

師事していた米長邦雄永世棋聖のお宅に

内弟子として住み込み、

同期の林葉直子さんと二人で

新宿将棋センターへ将棋を指しに

行っていたともいうわ。

将棋にどっぷり浸った生活を

されていたのね~(*^^*)

実は同い年の羽生善治さんや

森内俊之さん・郷田真隆さんは、

1年遅れての入会。

当時の活躍は目ざましく、

小学生て2級まで昇級した先崎さん、

「天才先崎」と呼ばれていたとのこと。

しかし、その頃、

ちょっと調子に乗ってしまったのか

先輩に誘われ雀荘デビューしたという

先崎学さん…敗戦が続き

1級に上がるのには2年近く

かかったというわ。

ある意味、順調な(?)

男の子の過程を経験された

先崎学さんだけれど、この間に

羽生さんに追い越されることに。

ストイックさって大切ね(^_^;)

少々ぐれていた時期も経験した先崎さん、

「将棋マガジン」誌(日本将棋連盟)の

羽生さんの四段デビュー戦の記事で、

「天才」羽生さんの写真の横に、

「元天才?の先崎初段」と自身の

写真を掲載されたんだとか。

…これは凹むわ( ̄▽ ̄;)

色んな棋士に追い抜かれていることに

気付きいた先崎学さんは、

向上心が芽生えここから発奮。

1987年の第1回三段リーグで

12勝4敗で2位となり1期抜け。

1位の中川大輔さんと同時に17才で

プロ入りを果たされたとのこと。

1990年度のNHK杯戦では羽生善治さんを

準決勝で破り、棋戦初優勝!

2014年には九段に昇段されているわ。

幼少期に天才と呼ばれ、

勝つことが当然であっただけに

負けること、追い抜かされることは

辛かったと思うんだけれど、

きちんと帳尻をあわせて

あきらめずプロになっておられることに

心打たれるところがあるかも。

とはいえ、悪友・中田功さんに誘われ

パチスロにはまったこともある

先崎学さん。

…なかなか人間臭い人ね(^_^;)

スポンサーリンク

2.先崎学(うつ病克服棋士)の病気による休場の真相は?

そんな人間的魅力にもあふれた

先崎学さんが罹患したのが

まさかの「うつ病」!

その予兆は先崎学さんの

47回目の誕生日の翌日から

生じた…と後述する本の中で

書いておられるわ。

自分の体の中でムズムズした違和感を

感じるようになった先崎学さん。

特に寝起きの調子が悪く、

朝は4時に目が覚め、

寝入りも悪くなっていったとのこと。

だけど最初はそれほど深刻に

捉えていなかったのね。

人間気分の浮き沈みは良くあるもの…

7月の上旬に順位戦の初戦があり、

そのプレッシャーが原因で、

一時的なものだろうと

自らを納得させていたのね。

ところが症状は悪くなるばかり…。

その7月の順位戦で自身のおかしさを

確信することに…

対局中にまったく集中できず、

思考が全然まとまらず、

読みもせずふらっと指してしまう…

そんな状況が順位戦の間

ずっと続いたという先崎学さん。

7月に指した対局はどれもひどく、

心身ともに調子は悪くなるばかり。

得体の知れない不安が襲い、

決断力がどんどん鈍くなっていき、

ひとりで家にいると猛烈な不安が、

でも家を出ようとすると、

今度は家を出る決断ができない…という

八方塞がりな状況に…( ω-、)

幸いなことに(?)先崎学さんの兄は

優秀な精神科医だったのね。

そのお兄さまと奥さまが相談し、

かかりつけの慶応病院に行くことに。

そして、そこで「うつ病」の

診断を受けられたとのこと。

そこから1年の闘病を経て、

今年6月に対局への復帰を果たすまで、

文字で書くとあっさりだけれど、

その間、先崎学さんは

まさしく「死闘」を繰り広げておられたのね。

喜怒哀楽を感じなくなり、眠れなくなり、

ネガティブな考えに陥り、

常に「死」のイメージがつきまとう日々。

やがて兄や妻から説得され

入院することになる先崎学さん。

「うつ病」とは決して

心の弱さが原因ではなく、

あくまで「脳の病気」なのね。

だから、お兄さまは

「必ず治ります」という

一行のラインを先崎学さんに

送り続けたとのこと。

少しずつ少しずつ出来ることが増えていき、

退院して、勇気を出して外に出ようとする

先崎学さん。

だけど回復するに従って、

今度は復帰への不安と、

活躍する棋士に激しい嫉妬を覚えることに。

折りしも、世間は

当時四段だった藤井聡太さんの連勝による

藤井フィーバーがはじまったころ。

実は先の2~3月頃に

「不正ソフト使用疑惑事件」

揺れていた日本将棋連盟。

それを立て直そうと

奔走されていた1人が

先崎学さんだったのね。

しかも、そのころ、先崎さんが

長年監修としてかかわってきた漫画

「3月のライオン」が映画化され

封切りされたとのこと。

失墜した将棋界のイメージを復活するべく

張りきった先崎学さんは

原稿、イベント、取材…などなど

全ての仕事を受けるという荒業に(゚Д゚;)

その2か月の間、

休みは1日しかなかったというので

これがトリガーのひとつでも

あったのかもね。

そんな先崎さんがあれほど望んだ

棋界の復活劇…その最中、

先崎学さんは自分のふがいなさに

いらだちと不安、そして自己嫌悪という

負のスパイラルに陥り、悶々とした

とても辛い時期をすごされていたとのこと。

あの華々しい藤井フィーバーの裏で

こんなに苦悶していた

棋士がおられたなんて…

人生って切ないわね(T-T)

スポンサーリンク

3.先崎学(うつ病克服棋士)の妻は囲碁棋士・穂坂繭(ほさかまゆ)!

こんなに献身的に夫を支え、

また辛い時の先崎学さんを

見守り続けた奥さま。

すごく辛かったと思うし

なかなか出来ることではないと

思うのよね…。

いったいどんな人格者かしら?

気になって調べてみたところ

先崎学さんの奥さまは

プロの囲碁棋士とのこと。

囲碁もまた棋界同様

激しい頭脳戦が繰り広げられる世界。。

一力遼(囲碁棋士)高収入高身長高学歴のハタチの経歴!御曹司の両親は?【情熱大陸】

ご夫婦そろって頭を使う

お仕事をされているわね~(;・∀・)

出典:NAVERまとめ

囲碁界のアイドルとも呼ばれる

穂坂繭(ほさかまゆ)さんは

昭和44年10月20日生まれ。

兵庫県出身で小林光一名誉棋聖の

門下生として活躍されているわ。

結婚前に先崎学さんの師匠・米長さんの家で

当時の米長さんの内弟子・高崎一生さんと

二枚落ち対局を命じられ、

米長さんは囲碁で二子のハンディをもらって

穂坂さんと対局するという「祝福」を受けた

なんてエピソードもあるみたい。

対局は途中で打ち切られたというものの

師匠からこんな棋士らしい祝福を受けたら

きっと一生忘れられないわね(*^_^*)

平成2年に入段し、

平成6年に二段、平成14年に三段と

進んでおられるわ。

日本棋院東京本院に所属している

穂坂繭(ほさかまゆ)さんは現在

夫で将棋棋士の先崎学と共に

「囲碁将棋スペース☆棋樂」

始めておられるとのこと。

興味のある方はこちらも

要チェックね!!

「囲碁将棋スペース☆棋樂」

スポンサーリンク

4.先崎学(うつ病克服棋士)うつ病からの復帰が本に!

エッセイストとしても活躍する

先崎学さんが、

ご自身のうつ病体験を執筆し

本にしたのがコチラ。

【うつ病九段】

出典:Amazon

この中には先に書いた

うつ病になるまでの経緯や、

一番症状がひどく、心身共に参って

忍び寄る「死のイメージ」に

取りつかれていたときのこと、

そこから少しずつ

まさに一歩ずつ一歩ずつ

回復していく過程…

と同時に心の中に湧き上がる

いろんな感情や葛藤を赤裸々に

生々しく記しておられるの。

色んな感情に翻弄する中で

先崎学さんが強く強く固執するのが

「将棋が弱くなりたくない」という想い。

棋士としてだけでなく、

1人の人間として

すさまじく足掻くその姿は

私たちの心を強く打つわね…( ノД`)

それをプロ棋士らしく

あくまで客観的に自分を見つめて

「記録」していったこの本…

棋士の底力みたいなものも感じ、

別の意味でも震えるものがありそう。。

人として「生きる」ということ

今回の「世界一受けたい授業」

この「うつ病九段」での

先崎学さんの闘病の話から

もう一度ゆっくり考えてみたいわね。

まとめ

いかがだったかしら?

「天才少年棋士」として

わずか小学校5年生にして

華々しく奨励会入りを果たすも、

悪い付き合い(笑)で学んだ

麻雀などで同期の羽生棋士たちに

追い越されるという辛酸を舐めた

経験ももつプロ棋士・先崎学さん。

その後、悔しさをバネにプロになり

将棋はもちろん、

マンガ「3月のライオン」の

将棋監修を行うなど、

棋士界を盛り上げるために奔走されてきた

先崎学さんが昨年、休場していた理由は

「うつ病」による入院・闘病だったとのこと。

妻で囲碁棋士の穂坂繭(ほさかまゆ)さんと

精神科医の兄の支えによって

棋士の世界に戻ってこられた

先崎学さん。

そこには将棋の世界以上の死闘が

あったようね。

そのことを記した本が「うつ病九段」!

そして今回の

「世界一受けたい授業」でも

その病との戦いを赤裸々に語って

下さる模様。

凄く大変な試練だったけれど

それを超えた人間にしか見えない

さらなる高見が先崎さんには

備わっていそうね。

そんなバージョンアップした先崎学さんを

これからも応援したいなって思う

アフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする