高橋藤一杜氏がNHKプロフェッショナルに!秋田の極上美酒・雪の茅舎(ぼうしゃ)の通販も!!

こんにちは。

マダム・アフロよ。

少し寒さも緩んできたけれど

まだまだ三寒四温が続く今日この頃、

こころの底からあったまりたいところね~。

今日はそんな時にぴったり(!?)の

日本酒のプロフェッショナル

秋田の伝説の杜氏・高橋藤一さんをご紹介。

素敵なお酒は素敵な人から作られるのね…と

しみじみ感じる高橋藤一さん。

今回はNHK「プロフェッショナル」

夏からの密着取材で、その技を惜しげもなく

披露するというから見逃せないわね(*’ω’*)

そんな高橋藤一さんについて調べてみたので

良かったら一緒に見ていってね♪

プロフィール

出典:http://www.osake.or.jp

高橋藤一(たかはしとういち)

生年月日: 1945年7月8日

出身地:秋田県横手市(旧山内村)

職業:齋彌酒造店杜氏

スポンサーリンク
目次

  1. 高橋藤一(たかはしとういち・秋田杜氏)プロフィール
  2. 高橋藤一(たかはしとういち・秋田杜氏)の極上美酒・雪の茅舎って?
  3. 高橋藤一(たかはしとういち・秋田杜氏)の雪の茅舎の通販は?
  4. 高橋藤一(たかはしとういち・秋田杜氏)がNHKプロフェッショナルに!

1.高橋藤一(たかはしとういち・秋田杜氏)プロフィール

高橋藤一さんは、

1945年7月生まれの73才。

終戦の年に生まれた苦労人だったのね。

山内杜氏の里として有名や

山内村で育った高橋藤一さん、

当時は農閑期の冬は蔵に入って

酒造りをするのが当たり前だったとのこと。

生まれながらの酒職人だったのね。

19才の時に北仙酒造に入った高橋藤一さん、

ここで出会った重鎮・照井酉松氏から

酒造りの基礎を仕込まれるんだけれど、

まず「蔵をきれいにすること」

大切にするよう言われたみたい。

これは今の高橋さんの

杜氏としての基盤になったのね。

そして青森の蔵での修行を経て、

1975年に杜氏の資格を取得、

翌1976年に31才という若さで

杜氏になられたとのこと!

…キャリアが凄いわねー(;・∀・)

その2年後には秋田清酒の国の誉蔵に移動。

そこから高橋藤一さんの本格的な

活躍が始まるのね。

当時はアルコールを添加した

普通酒が主流だったようなんだけれど、

高橋藤一さんは「純米酒」こそお酒だ!という

信念を持っておられたのね。

同じころ齋彌酒造店4代目の齋藤鉄四郎さんも

普通酒全盛時代の業界の未来を心配し、

どうやったら良いお酒を造れるか

悩んでいたとのこと。

この運命の2人を引き合わせたのが

秋田の醸造試験所の池見元宏さんという方。

この結果、高橋藤一さんは1984年に

39才の若さで齋彌(さいや)酒造店の

杜氏となるのね!

そんな高橋藤一さんは

当時としては異色の酒造りを行い

異端児・風雲児として注目されたよう。

その特徴は

  • 櫂入れをしない
  • 炭素濾過をしない
  • 割り水(加水)しない

で、高橋藤一さんの出身地である

山内(さんない)村に語呂合わせをして

「三無い(さんない)造り」と呼ぶそう。

ちなみに、命名したのは

日本酒漫画家の高瀬さんらしいわ(*^_^*)

これにより、酵母菌の力が

じっくりと引き出され強いものに。

また炭のフィルターを通さず、

加水もしない原酒で出荷されるので

うまみ成分がしっかり残った

作りたての風味豊かな美酒が

消費者のもとに届くことになるのねー!

また自然に生み出される酵母菌を大切にし

協会の酵母は加えないのも特徴。

(これって結構たいへんそう(;・∀・))

菌が健康に元気に働けるよう

活動する冬場だけでなく夏場も

蔵の清掃を徹底されている高橋藤一さん。

また糠が出ないようにと

「米研ぎ」にも物凄く

心を砕いておられるよう。

こうして美味しいお酒を造るため

手間暇と人件費をかけて作られる

齋彌(さいや)酒造店の美酒の数々…

なんだか楽しそうに動き回る

「もやしもん」のオリゼーくんを

想像してしまったわ(*’ω’*)

「かもすぞー・□・」

出典:Amazon

そんな高橋藤一さんの

強い想いから来る酒造りは

徐々に人々の心を突き動かし

多くの酒造り職人に大きな

影響を与えてきたのね。

この功績が認められ黄綬褒章受賞!

その生き方を含めて多くの人を魅了し、

うっとりと酔わせてくれる

お酒の革命児の活躍は

まだまだ留まることを知らなそうね~!!

スポンサーリンク

2.高橋藤一(たかはしとういち・秋田杜氏)の極上美酒・雪の茅舎って?

そんな秋田の伝説の杜氏・

高橋藤一さんの手から生み出される

極上のお酒が「雪の茅舎」!!

アフロは最初

「ゆきのかやしゃ」と読んでいたけれど

「ゆきのぼうしゃ」と読むのね(;^_^A

この名前の由来は

ある作家さんが蔵を訪れたときに

「雪に埋もれた茅葺き屋根の農家が点在している冬景色」と

表現したことがもとになったよう。

この描写も素敵で、

名前から雪の酒処のイメージが

瞬時に伝わってくるわね!!

そのお味もモチロン素晴らしく

口当たりがよくって、さっぱりしていて、

味は甘さと辛さが絶妙なバランスを

保っているんだって。

飲んだ後味のすっきりした喉ごしが人気で

全国新酒鑑評会では

金賞を19回も受賞するという快挙を

遂げておられるわー!!

数々のラインナップや

さらに詳しいこだわりの製造方法、

作り手さんの想いなどは

以下のページに詳しく載っていたので

気になった方は是非一緒に

チェックしてみてね!!

雪の茅舎ホームページ

高橋藤一(とういち)杜氏の
渾身の美酒・雪の茅舎(ぼうしゃ)の
通販などについては次のページへ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする