マタハリ伝説の女スパイがドキュランドに!画像や子供、波乱の人生エピソード

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ。

楊貴妃やクレオパトラ、

歴史を動かした背景に存在する

美しい女性は、伝説となって

今の私たちの心にも

ドキドキと夢を与えてくれるわね~!

今回ドキュランドで取り上げられる

「マタ・ハリ」もその一人。

ダンサー・ストリッパーとして活躍し

第一次世界大戦中にスパイ容疑でフランスに捕らえられ、

有罪判決を受けて処刑された伝説の踊り子さん。

謎に包まれた彼女の人生を調べてみたので

良かったら一緒に見ていってねー!

出典:Wikipedia

スポンサーリンク
目次

  1. 伝説の女スパイ「マタ・ハリ」、その数奇な運命は?
  2. マタ・ハリに子供はいたの?画像と胸当てのエピソード!
  3. マタ・ハリは実は無実だった!?ドキュランドに登場!

1.伝説の女スパイ「マタ・ハリ」、その数奇な運命は?

マタ・ハリ(Mata Hari)は1876年8月7日

オランダフリースラント州・レーワルデン生まれ。ア

ムステルダム生まれの父親アダム・ツェレと

フリースラント系の祖先をもつ母親

アンテェ・ファン・デル・ムーレンの間に生まれた

マタ・ハリの本名はマルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ

(Margaretha Geertruida Zelle)。

4人兄弟の長女として生まれたマタ・ハリは

唯一の女の子ということもあって

父親からすごく溺愛されたみたいね。

石油産業への投資の成功や

人気帽子店の経営で裕福だった実家で

何不自由無い生活を送っていたマタ・ハリ。

13歳までは上級学校に通えたとのこと

箱入り娘のお嬢さん…といった感じかしら?

羨ましい限りだけど、だからこそ

転落の落差が激しくなるのね(*T^T)

事態が一変するのは

マタ・ハリの父の石油株投資への失敗!

損失を借金で補填すると、

その借金は雪だるま式に増えていき、

ついには1889年に破産!!( ノД`)

その後両親は離婚。

マタ・ハリと兄弟たちは、

それぞれ別の親戚に引き取られることに。

母親は1891年に死去。

一方の父親は1893年2月9日に

スザンナ・カタリーナという女性と

再婚してるあたり、なんだか怒りを

覚えるのはアフロだけかしら(・ω・;)

マタ・ハリは後見人のいるライデンに移住。

自立・独立するために、

ここにある幼稚園で先生になろうと働くの。

が、その学長がマタ・ハリに魅了され(笑)

気を悪くした後見人はマタ・ハリを

施設から追放!( ゚Д゚)

「美し~さ~は、罪~♪」

地でいく人生ね…( ̄▽ ̄;)

幸福な人生を望むマタ・ハリは19才の時、

新聞に掲載された結婚相手募集の広告に応募。

21歳年上のオランダ軍将校

ルドルフ・ジョン・マクリード大尉と

出会いからわずか100日足らずで電撃結婚!

ようやく人並みの幸せを

手に入れたかに見えたマタ・ハリ。

旦那さんに連れ添って

結婚後は駐留先のボルネオ、スマトラ、

そしてジャワへ同行。

だけど、元々そこに愛はなく、

あるのは大きな年齢さと価値観の違い…

さらに旦那さんは女グセが悪く

しかも暴力をふるったとか。

夫婦仲はすぐに悪化し、

結婚から7年後の1902年に離婚

離婚したマタ・ハリはオランダへ帰国し、

さらに職を求めフランス・パリへ。

なかなか苦労の生活を送っていたのね。

ところが、そんな彼女に転機が!

友人のパーティーの余興で

見よう見まねのジャワ舞踊を披露。

それが大好評!!

これをきっかけに1905年、

エキゾチックな容姿を活かして

ダンサーとしてデビューすることに!

その時の触れ込みが

「インドネシア・ジャワ島からやって来た王女」

「インド寺院の踊り巫女」というから

なかなか面白いわねー!(*▽*)

「オリエンタル・スタイル」のショーは

興行的にも大成功で、話題となっていき、

小さなサロンで踊っていたマタ・ハリは

やがてヨーロッパ全土を席巻!

遂にはイタリアのミラノ・スカラ座

公演を果たすまでになったのね!!

出典:Wikipedia

ちなみに「マタ・ハリ」の名は

この辺りから名乗るように。

観客受けを狙いより東洋的な

「マタ・ハリ」の由来はムラユ語で

(マレー語またはインドネシア語)

「太陽」あるいは「日の眼」

意味するらしいわ。

彼女らしい魅惑の芸名ね~(*^^*)

出典:Wikipedia

こうして社交界の華となった彼女はまた

高級娼婦としても人気を博し、

幾多の政治家や貴族…そして、

敵同士だったドイツ・フランスの

高級士官ともベッドを共に

することに…!!( ゚Д゚)

その自由奔放さが仇となったのか

戦局が大詰めとなった頃に

二重スパイの嫌疑をかけられてしまうのね(T^T)

1917年7月24日、マタ・ハリは

有罪となり死刑判決が下され、

同じ年の10月15日に、

サンラザール刑務所にて銃殺刑に…。。

若干40才で幕を閉じた

マタ・ハリの波乱万丈の人生。。

彼女の持って生まれた美しさが

計らずも彼女の命を縮めた印象を

受けるわ…。

美人薄命とは良く言ったものね。

スポンサーリンク

2.マタ・ハリに子供はいたの?画像と胸当てのエピソード!

波乱万丈の人生を送った

マタ・ハリことマルガレータ。

出典:Wikipedia

ストリップダンサーとして活躍を始めたのは

離婚後の29才からというから驚きね。

さらに、それまでに実は

二人のお子さんを産んでいたとのこと!

いやいや、子供を二人の産んでの

この体型・スタイル・美貌は凄いわ(・・;)

出典:Wikipedia

ただストリップの際も

ブラジャー(胸当て)は取らなかったようで

一説には胸が垂れているのを気にして…

という噂もあるみたい。

出典:Wikipedia

勝手な想像だけど、

母乳で育てるとそうなるわよねー(^_^;)

子供に対しては愛情を持っていたと

信じたいところね。

そのマタ・ハリの子供さん、

一説には毒殺の噂もあるの…Σ( ゚Д゚)

女遊びが大好きだった旦那さんが、

現地の娘さんに手を出して、

その報復として殺されたという話も…。

これが事実だとすると

いたたまれないわね…(*T^T)

【追記】

息子ノーマンの死は

夫が性病(梅毒)を患い、

それをもらったマタ・ハリから

体内の息子にうつったためか、

治療に使った「水銀」毒によるものか

というのがドキュランドで

語られていたわね。

しかも、それをマタ・ハリのせいだと

責め立てる夫…こりゃ、いかんわね(・_・;)

娘のノンも同じ病気にかかったというから

お父さんの女遊びの飛び火は

本当に大きかった感じ。。

娘が傍にいたら、この道を進むことは

無かったであろうマタ・ハリ。

本当に数奇な運命をたどっていったのね。

スポンサーリンク

3.マタ・ハリは実は無実だった!?ドキュランドに登場!

小麦色の肌、黒々した髪に

エキゾチックな光を放つ黒壇の瞳。。

敵対するドイツ人・フランス人両方の

兵士たちと枕を共にしたマタ・ハリが

非常に低いレベルで諜報的な働きをしたことは事実。

だけど、その情報が独・仏双方にとって

大きな意味を持つものであったかというと

そこは疑問視されているのね。

むしろ、今は、戦況の悪化の責任転嫁のために

マタ・ハリは都合よく二重スパイに

仕立て上げられた…という説が強いわ。

当時、フランスは戦争において劣勢で、

政府は戦争の被害の責任の所在を

追及されていたのね。

その軍事上の失敗を、

「すべてマタ・ハリのせい」とすることで

様々なものからの追及から逃れることが

出来て、政府的には好都合だったとのこと。

戦争の状況が悪いのも、

輸送船がUボートに沈められたのも、

全てはマタ・ハリの二重スパイのせい!!

…いやいやいや、アカンやろ~!(;・∀・)ノシ

そう考えると本当に

悲劇の女性だったのね、マタ・ハリは。

彼女については、

「裁判の際は処刑を免れるため

妊娠していると支援者より申告を

勧められたが本人が拒否した。」

「処刑の際、銃殺隊は

マタ・ハリの美貌に惑わされないよう

目隠しをしなければならなかった」

などなど、いろいろと尾ひれが付いていそうな

伝説や噂話があるけれど、

本当のところはどうなのかしらね?

今日のドキュランドでも取り上げられるけど、

正直なところ、

ちょっと(いや、かなり)美しい女性が、

思いのまま自由奔放に生きていたところ、

社会の闇に呑まれて葬られた、って

ところかしら…( ̄▽ ̄;)

出典:Wikipedia

こうして「伝説の女スパイ」となったマタ・ハリは、

今もたくさんの人に語り継がれ、

これからも名を残していくことになるのね。

本人が望んだのは

こういう名声の残し方だったのかしらね~?

まとめ

いかがだったかしら?

伝説の女スパイ「マタ・ハリ」。

父親の事業の失敗による一家離散。

愛のない結婚の失敗。

そしてダンサーから高級娼婦となり

ヨーロッパを席巻したとの

二重スパイ容疑による銃殺刑。。

…壮絶ね( ̄▽ ̄;)

父親の事業の失敗がなければ、

裕福なお嬢様として一生を終えたのかしら?

あるいは、ここまで

美しい容姿をしていなければ

却って穏やかな日々を過ごしていたかも

しれないと思うのはアフロだけかしら?

ずば抜けた容姿がなくても

日々を穏やかに平穏に暮らせるのって

一番の贅沢かもしれない…って

つくづく思ったアフロよ。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする