佐藤蛾次郎の蛾次ママ(カラオケパブ店)の場所価格!寅さんカレーから妻子、死亡説まで!?【爆報フライデー】

スポンサーリンク

こんにちは!

マダム・アフロよ。

映画「男はつらいよ」は

ご覧になったことがあるかしら?

昭和の古き良き時代が

圧縮されたような

素敵な映画・・・。

渥美清さん演じる寅さんは

いつもどこか、それこそ

「つらい」思いをしている

日本男児たちの心に

寄り添って生きている気がするわね~。

そんな映画「寅さん」の中で

無くてはならない存在の一人が

柴又題経寺の寺男である

源吉こと源公。

出典:男はつらいよHP

寅さんを「兄貴」と慕う

あのコミカルで憎めないキャラは

気付いたら心に入り込んで

忘れられない存在になっていたわねー!

そんな源公を演じた佐藤蛾次郎さんが

2018.6.15の爆報フライデーに登場!

一時は死亡説まで流れた

佐藤蛾次郎さんについて

今回は調べてみたので

良かったら一緒に見ていってねー♪

プロフィール

出典:エ・ネスト

佐藤蛾次郎(さとう・がじろう)

本名:佐藤 忠和(さとう ただかず)

生年月日:1944年8月9日

出身地:大阪府高石市

血液型:A型

スポンサーリンク
目次

  1. 佐藤蛾次郎(寅さん源公)のプロフィール!妻子と死亡説についても調査!!
  2. 佐藤蛾次郎(寅さん源公)のカラオケパブ店・蛾次ママの場所や価格は?
  3. 佐藤蛾次郎(寅さん源公)のサービス満点の店・蛾次ママの裏メニュー「寅さんカレー」が大人気!

1.佐藤蛾次郎(寅さん源公)のプロフィール!妻子と死亡説についても調査!!

佐藤蛾次郎さんは1944年

大阪府高石市生まれ。

寅さんで魅せた

「関西で生まれ育った」源吉は

ある意味、地でされていたのね(*^_^*)

本名は佐藤 忠和(さとう ただかず)さん。

1953年朝日放送児童劇団に入団し

1961年に「神州天馬侠」で

泣き虫蛾次郎を演じたことがキッカケで

芸名を佐藤蛾次郎に・・・。

役名が芸名になるなんて

ある意味、役者冥利に尽きるんじゃ

ないかしら!?( ・∀・)

1968年にテレビドラマ

「男はつらいよ」に出演。

翌1969年、映画「男はつらいよ」で

蛾次郎さんの代名詞ともなる

柴又題経寺の寺男

源吉(愛称:源公)役に!

映画の中だけでなく私生活でも

寅さんこと渥美清さんを

兄貴として慕われていたみたい。

妻・和子さんと

結婚式を挙げる費用がなかった時は、

渥美清さんの計らいで、

山田洋次監督が花嫁姿の和子さんを

登場させるシーンを作成、

さらに撮影所にあった紋付き袴を

蛾次郎さんに着せて

撮影所でささやかな結婚式を

挙げたんですって!

しかも、篠山紀信さんが

そのお二人の写真を撮るという

おまけつき!!

出典:週刊女性PRIME

リアル・人情話やねぇ・・・!(T^T)

渥美清さんの訃報を聞いたときは

本当にショックで、

一年以上「男はつらいよ」の

音楽を聴くと

涙が止まらなかったみたい・・(T^T)

本当に人情に厚く、義理堅く、

面倒見が良い人で、

松田優作はじめたくさんの

若手役者にも慕われている様子。

そして、コミカルな演技とは一転、

芝居に対する姿勢は凄く真面目で

オダギリジョーさんや麻生久美子さんは

凄く感動したみたい。

そんな佐藤蛾次郎さんの

役者人生を支えたのが、

先ほども書いた

渥美さんの計らいで

撮影所で挙式を挙げた

妻・和子さん。

43年間連れ添った愛妻和子さんだけど

実は2016年7月30日に

多発性骨髄腫のため、

68歳の若さでお亡くなりに・・。

簡単な言葉で表せないほど

凄くショックだったことでしょうね。

佐藤蛾次郎さんに関しては

死亡説が流れたことがあったみたいだけど

その原因のひとつが

この妻・和子さんの死去が

誤って蛾次郎さん本人のものとして

拡散したことと言われているわ。

もうひとつは

TBSドラマ「天皇の料理番」で演じた

「おやっさん」役の劇中死亡が、

本人が死亡したと勘違いされ他という説。

いずれにせよ

災難なお話ね・・・(ーー;)

佐藤蛾次郎さんと和子さんとの間には

佐藤亮太さんという息子さんが

おられるみたい。

出典:ZAKZAK

俳優としても活動されている佐藤亮太さんは

「魔弾戦記リュウケンドー」で

蛾次郎さんが演じた

寅さんの源公をモデルとしたキャラ

「ガジロー」を熱演!!

出典:魔弾戦記リュウケンドーWiki

おぉッ!!

まんま「男はつらいよ」の世界!(*゜∀゜*)

「爆走!トミカヒーローグランプリ」では

親子共演もされているみたい。

これからも、この夢の

親子共演が見れる機会が

増えていくと良いわねー!!

スポンサーリンク

2.佐藤蛾次郎(寅さん源公)のカラオケパブ店・蛾次ママの場所や価格は?

そんな佐藤蛾次郎さんは

現在、東京都中央区銀座という

一等地で、カラオケパブ店

「蛾次ママ」

経営されているとのこと!

出典:PABU蛾次ママ

もともと料理が得意で

番組でその腕前を披露したり

別のカレーハウスを経営したり、

はたまた自前の薬膳酒で

山田洋次監督を酔いつぶし

撮影をストップさせたエピソードも

あるんだとか(笑)。

カラオケパブを始めたきっかけは

今は亡き奥様・和子さん。

40年ほど前に新橋で店をしていたとき

TV曲からもらった伴奏入りを

カセットテープ(!)を

店で流したのが始まりなんだとか。

「カラオケ発祥の店」とまで

いわれているそう・・・!

何かと凄いわねー!!

店では蛾次郎さんの歌を

聴くことも出来るみたい。

十八番は「吾亦紅」

蛾次郎さんが歌う「吾亦紅」

・・沁みそうね~(T^T)

千葉真一・桜木健一・小沢真珠・

矢部美穂・渡嘉敷勝男・城咲仁、

さらには猫ひろしが常連という

こちらのお店!

銀座という一等地にありながら

お値段が分かりやすくリーズナブルなのも

魅力のひとつ。

ウイスキー&ポップコーンが食べ飲み放題、

カラオケ歌い放題で1時間3000円

延長30分500円

おつまみ、ビールはすべて500円

(税抜き価格、別途サービス料10%+消費税)

めっちゃ明瞭会計ねッ!!(o゜▽゜)o

銀座で“自宅みたいにくつろげる店”がコンセプト

という素敵な「蛾次ママ」

気になる方は

足を運んでみるのは

いかがかしら?

蛾次郎さんと亮太さんが

にこやかに迎えてくれそうよー!!

(ただし、蛾次郎さんは仕事などで

不在の時もあるので、

会いたいときは要確認とのこと)

出典:PABU蛾次ママ

〒104-0061

東京都中央区銀座8-7-11

ソワレド銀座第2弥生ビル9F

(銀座8丁目 金春通り 博品館裏)

TEL.03-3571-8781

営業時間:18:30~24:00(日祝除く)

スポンサーリンク

3.佐藤蛾次郎(寅さん源公)のサービス満点の店・蛾次ママの裏メニュー「寅さんカレー」が大人気!

さて、こちらのお店の隠れた(!?)

人気メニューが、

常連客に大人気の

「寅さんカレー」1000円

出典:ZAKZAK

こちらは、映画「男はつらいよ」の

撮影のときに、蛾次郎さんが

共演者やスタッフに差し入れていたもの。

いつも半分くらい残していた渥美清さん

最終作の時は大きなお皿で平らげて

「おいしかったよ。

いつもありがとう。

ご苦労さん。」

と声をかけてくれたとのこと。

まさしく想い出の

「寅さんカレー」!!(T^T)

ミンチにした地鶏に、

フードプロセッサーにかけた

セロリ・人参・タマネギ・・・更には

高麗人参からクコの実まで!

じっくり煮込んだカレーは

ほんのりとした高麗人参の香りと

クセのないマイルドな辛さと

深い味わいで

凄く美味しいみたい(*^_^*)

書いているだけで

お腹が鳴ってきそうだわー(ー▽ー;)

初めて「蛾次ママ」に来店した人には

なんと蛾次郎のサイン入り

寅さん写真のプレゼント

あるとのこと!!

出典:PABU蛾次ママ

良心的な価格設定といい

めちゃくちゃサービスが良い

こちらのお店・・・

放送後は凄く人気に

なるんじゃないかしら?

家族で回せるかしら?

と要らぬ心配をするアフロです( ・∀・;)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったかしら?

「男はつらいよ」の名脇役

寅さんの弟分の源吉こと源公を

演じた佐藤蛾次郎さんの現在!

私生活でも兄と慕った渥美清さんや

清さんに結婚式を取り持ってもらった

最愛の奥様の死・・・と

つらいことも、いっぱいあったご様子。

でも、息子の亮太さんと一緒に

カラオケパブ「蛾次ママ」という

たくさんの人に寛げる場を提供している

佐藤蛾次郎さんは、

寅さんの世界そのままに

人情と男気あふれる方だったわねー!!

これからも源公さながらに

コミカルで誰からも愛される

佐藤蛾次郎ワールドを

繰り広げていってほしいわね(*^_^*)

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする