鈴木裕之(文化人類学者)ニャマカンテとの馴れ初めから結婚まで!コートジボワールの恋が本に!【激レアさん】

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

男と女が出会い、恋をして、

結ばれる…そして結婚。

ロマンチックに見える一連の流れも

その中で多かれ少なかれの障害が付きもの。

だけど、ここまで激しい道のりを乗り越え

無事に結婚されたお二人は

なかなかおられないんじゃないかしら?

日本人で国士舘大学教授、

文化人類学を学びアフリカ音楽を研究する

鈴木裕之さんと、

コートジボワールのアイドル・グループ

「レ・ゴー」の一員で、

国民的アイドルだったニャマ・カンテさん。

波乱万丈の2人の結婚秘話と

そこから見える人類文化学までを

調べてみたので、

良かったら一緒に見ていってねー!

スポンサーリンク
目次

  1. 文化人類学者・鈴木裕之プロフィール
  2. 鈴木裕之とニャマ・カンテの馴れ初めから結婚まで!
  3. 鈴木裕之とコートジボワールのアイドルの恋・結婚が本に!

1.文化人類学者・鈴木裕之プロフィール

出典:アフリカ理解プロジェクト

鈴木裕之さんは1965年

山梨県生まれ。

18才の時に上京して

慶應大学・法学部政治学科へ入学するが、

授業を面白いとも思えなくて、

お金を貯めては貧乏旅行をしていたみたい。。

親からしたらたまらないでしょうね(ー▽ー;)

でも、それが後に鈴木裕之さんの運命を

大きく動かすことになるから、

やっぱり人間感情に従って動くのが

良いってコトかしら。

しかし、旅行中にA型肝炎に罹患した鈴木さん。

それでも鈴木さんは

「インドへ行く」と医者に相談・・( ・∀・;)

もちろんドクターストップがかかるわよね。

でも、鈴木さんの熱意に押された医師は

「どうしても行きたいなら、先進国ならOK」と。

その結果、パリに向かうことに。

そこで出会ったのが

アフリカの音楽家たちを追っている

フォトジャーナリスト。

同行したコンサートでパパ・ウェンバなど

アフリカの音楽家と知り合いになって

彼らに興味を持ったとのこと。

これが鈴木さんとアフリカとの

長い付き合いの始まりだったのね。

なんとかタダでアフリカに行きたいと

思った鈴木裕之さん(笑)。

大学の教授に相談したところ、

「文化人類学者になれば、

アフリカに行けるんじゃない?」

と指導されます。

その結果、大学院で社会学研究科へ進学し

文化人類学を学ぶことに・・・。

・・・着々とアフリカに呼ばれている感じがするわね-。

修士課程では、自費でだけど

ザイール・・今の今後共和国にわたり

リンガラ音楽の研究をされたとのこと。

その後、外務省の専門調査員を経て、

野間アジア・アフリカ奨学金を利用し、

同じフランス語圏のコートジボワール共和国へ!

ついに念願のアフリカへ!

そして願い通りタダで!!

行けるようになったのね(*゜∀゜*)

コートジボワールでは4年間、

ストリートボーイの研究活動に

帰国後は山梨に帰ろうと思った鈴木さん。

その目にうつったのが

「変なことを専攻している人材を探していた」

国士舘大学で講師の募集!!

その時にはニャマ・カンテさんとも

結婚していた鈴木さんは

彼女の音楽活動にも良いと考え

そのまま東京で過ごすことになったみたいよ。

ニャマさんと結婚されてから

かれこれ20年の月日が経ち、

鈴木裕之さんは現在、

国士舘大学教授としてご活躍のよう。

…パッションって大切ねー!!

スポンサーリンク

2.鈴木裕之とニャマ・カンテの馴れ初めから結婚まで!

鈴木さんがニャマ・カンテさんと出会ったのは

鈴木さんが24才、ニャマさんが10代半のとき。

ちょうど鈴木さんがコートジボアールで

ストリートボーイの研究活動をしていた時ね。

その時は結婚は意識しておらず、

ただただ一緒にいるのが楽しく、

共に過ごす時間が充実していたんですって。

知り合ってすぐ、ニャマ・カンテさんは

ミュージカル劇団「コテバ」の団員となり、

やがてアイドル・グループ「レ・ゴー」

一員として歌手デビュー。

もの凄く人気が出て

国民的アイドルへの道を

一気に駆け上っていったのね!!(゜Д゜;)

鈴木裕之さんとニャマ・カンテさんの

交際がはじまったものの、

それは知っているのはニャマさんの家族だけという

秘密の状態で、そのまま7年の月日が経過。

・・・長い春ね~^_^;

この期間に、鈴木さんは

独り身の気楽さより、ニャマさんとともに

社会的に認められながら

ふたりで人生を歩んでいきたいと

強く思うようになるのね。

そうなると必然的に辿り着くのが「結婚」!

出典:アフリカ理解プロジェクト

2人の間では自然の流れだけど

両者の家族間や、社会的に認められるには

なかなか大変な道のりがあった模様。

鈴木裕之さんは結婚を機会に

浄土真宗からイスラム教に改宗されているしね( ・∀・;)

2人の結婚は大きなニュースとなり

新聞を賑わせたみたいね。

そしてニャマ・カンテさんは

惜しまれつつ引退。

現在は東京で暮らしておられるわ。

詳しい経緯は「激レアさんを連れてきた」で

紹介されるかも!?

楽しみね-!(*゜∀゜*)

スポンサーリンク

3.鈴木裕之とコートジボワールのアイドルの恋・結婚が本に!

鈴木さんと結婚し日本にやってきた

ニャマ・カンテさん。

そのファーストアルバムがこちらの「ヤラビ」

出典:アフリカ理解プロジェクト

横浜のアメリカン・フェスタに出演されたりと

日本でも精力的に活動されているみたい。

ちなみに、お二人の結婚に至るまでの

ながーい道のりは、こちらでも

詳しく紹介されているわ。

出典:Amazon

お二人の出会い・恋から結婚までの経緯を

追っていくことで、

一見難しそうな文化人類学のことが

実体験のように入ってくるこちらの本。

「恋愛」という誰もが抱きそうな

感情をベースにすることで、

遠く異国の地で起きていることではなく、

とても身近にアフリカを感じることが

できそうね。

アフリカ音楽を研究された本としては

こちらも面白そう!

出典:Amazon

こちらの著書

「ストリートの歌―現代アフリカの若者文化」は

2000年渋沢・クローデル賞

(現代フランス・エッセー賞)を

受賞されているわ。

本当にアフリカと音楽を愛されている

方なのが分かるわねー(*^^*)

まとめ

いかがだったかしら?

アフリカを愛し、アフリカに愛された

アフリカ音楽研究家で

文化人類学者の鈴木裕之さん。

学者さんというと本をたくさん読んで

研究室でいっぱい研究室して、という

イメージだったけど、

鈴木さんの場合は、まさしく

人生かけて体当たりで

その研究対象に没頭されていた感じね。

結婚を決めてから、たどり着くまでの道のりが

大変だったけど( ̄▽ ̄;)、

そこを乗り越えた鈴木裕之さんと

ニャマ・カンテさんなら、

その後の人生に起きるトラブルは

さざ波のようなものだったかも!?

…愛は強い!?(* ̄∇ ̄*)

お二人のような大きな心を持てたらな、

と思ったアフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする