小林龍二竹島水族館長が激レアさんに!タケスイの魚解説ネタが面白い!彼女や結婚は?おみやげ・本も!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

水族館って素敵ね♪

昔はあまり面白味を感なかったけど

子供が生まれて訪れた最近の水族館は

趣向を凝らした演出や

ダイナミックなイルカショーで

見別世界の体験ができて

癒されるわね~(*^_^*)

今回の「激レアさんを連れてきた」

登場するのは、最近話題の水族館

竹島水族館(タケスイ)館長の

小林龍二さん!!

閑散としていた竹島水族館を

行列が出来る水族館に生まれ変わらせたという

伝説の館長の素顔はいったい

どんなものかしら?

調べてみたので良かったら一緒に

見ていってねー♪

プロフィール

出典:https://www.tfm.co.jp/smile/

小林龍二(こばやし・りゅうじ)

生年月日:1981年(月日不明)

出身地:愛知県蒲郡市

出身校:北里大学水産学部

スポンサーリンク
目次

  1. 小林龍二(竹島水族館館長)プロフィール!
  2. 小林龍二館長の竹島水族館(タケスイ)の人気の秘密・魚解説ネタが面白い!
  3. 小林龍二(竹島水族館館長)彼女や結婚は?
  4. 小林龍二館長の竹島水族館(タケスイ)本も!

1.小林龍二(竹島水族館館長)プロフィール!

小林龍二さんは1981年生まれ。

父方のおじいさまも

母方のおじいさまも漁師で、

子供の頃から水族館の飼育員は

小林龍二さんの夢だったのね(*^^*)

地元の蒲郡高校卒業後、

北里大学水産学部に入学して

水生生物について学んだ小林龍二さんは

2003年大学卒業後に運命となる

竹島水族館へ就職!

Uターン就職だったのねー(*^^*)

愛知県南東部蒲郡市にある

竹島水族館…通称「タケスイ」は

全国でも1、2を争うほど

古い、いや歴史ある建物だそう(;・∀・)

今どき珍しい1階建て…

ニュースなどで知って訪れた人も

想像以上の小ささにまず驚くとのこと。

10分あれば充分回れるコンパクトな

竹島水族館は当時、

老朽化も進みボロボロで、

お客さんもほとんどおらず

閑古鳥状態…(・・;)

とはいえ、他の飼育員さんも、

好きな魚の飼育・研究をして

給料をもらえるので、

どうすればお客さんが

たくさん来てくれるかまで考えても

仕方がない…という風潮だったよう。

まぁ、一般飼育員が普通

経営やマーケティングまで

考えることってあまり無いわよね。

そうこうしているうちに

竹島水族館(たけすい)は

老朽化と入館者数減少を理由に、

閉館の危機に!!(゚∀゚;)

さらに、先輩飼育員さんは

将来を不安視してどんどん退職!!(*゚Д゚*)

こうしてあっという間に

若くして小林龍二さんは

主任に昇格するのね(^_^;)

しかし!

ここで小林龍二さんの才能発揮!!

竹島水族館に斬新な大改革を施し、

年間来場者数12万人の弱小水族館を

約40万人のお客さんが訪れる

大人気水族館へと変貌!!(゚∀゚;)

この功績が話題となり

小林龍二さんは2015年4月に

竹島水族館館長に就任!!

さらに2018年7月には人間環境大学の

客員教授に就任されているわ。

スポンサーリンク

2.小林龍二館長の竹島水族館(タケスイ)の人気の秘密・魚解説ネタが面白い!

竹島水族館(タケスイ)は元々

凄くこじんまりしたレトロな水族館。

建物も老朽化して

「ショボい」と言われても

仕方ない状況だったし、

それをどこかで受け入れていたのね。

だけど、小林龍二さんの企画で

アイデアを凝らした企画や展示を

行ったことにより観客は急増!!

入場者は今や年間40万人を

超えるまでになったというから

どこにでも切り口、というか

チャンスはちゃんとあるのねー(゚Д゚;)

小林さんの溢れる情熱と行動力…

その原点は小林龍二さんが大学生の時、

鳥羽水族館に勤務していた中村元さんから

(現在はフリー水族館プロデューサー)

言われた言葉とのこと…。

「魚の魅力を

人に伝えることができなかったら、

飼育員として失格だ」

まさしく飼育員魂ね…!!

その魂を受け継ぎ

小林龍二さんが行ったことの

一例がコチラ!!

  • 一目見たら忘れられないユニークな手書きのPOP
  • 魚や水生生物を触れる「さわりんぷーる」の設置
  • さらにその「さわりんぷーる」にオオグソクムシなどの深海生物を投入
  • 魚や亀に餌をあげられる「パクパクおさかなプール」の設置
  • カピパラショーを毎日開催

さらに、新企画を提案した人は

金一封をもらえる制度を作ったり、

飼育から展示までを一人の飼育員が行う

「担当制」を取り入れたり…

外から内から大掛かりな

平成の大改革を行ったのねー(*’ω’*)

「年間の入館者が16万人を割ったら

スタッフ全員が坊主になる」と公言し、

なんと20万人突破を達成!!

…やれば出来る水族館ね(;・∀・)

1人1人が真剣に「自分事」として

水族館の運営に当たるような

改善を行ってきた小林龍二さん。

その結果今の竹島水族館は

チーム一丸になって自発的・自燃的に

盛り上げようとしている

すごく良い企業に変貌を遂げたのね。

小林龍二館長が手がけた様々な仕掛けの中でも

特に面白くて人気なのが

手書きの魚の解説・説明書POP!!

出典:https://www.travel.co.jp/

思わず読み込んでしまう内容ね。

これが無ければ10分くらいで

通り過ぎることが出来るタケスイ(笑)

魚好きにはたまらなく

3時間は滞在できるとのこと。

そしてリピート率高し!!

写真OKというのも大きな魅了ね!

出典:https://www.travel.co.jp/

出典:https://www.travel.co.jp/

小さい子供が水族館で純粋に楽しいのは

ホンモノの魚・水生生物との

距離が近づくこと。

そのニーズに色んな形で応えようとしたのが

小林龍二館長だったのね。

お金があれば良いってもんでもないのね。

知恵と勇気と行動があれば、

どんなところでも

楽しいテーマパークになる…

またどんな夢でも叶えることが出来る。

そんな勇気をもらえるのも

竹島水族館(タケスイ)の大きな

魅力化もしれないわねー(*’ω’*)

小林龍二竹島水族館館長の
彼女や結婚、タケスイ関連書籍については
次のページに進みます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする