Kageカゲ(中西景仁)カリカチュアリストとアニマル浜口親子の絆!作品の値段や場所、本も!【激レアさん】

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

アフロの親戚に「似顔絵描き」をする

人がいるんだけど、

そういう人って一瞬で相手の特徴を

とらえるのが本当にスゴいわね。

なかなか一種の才能だと思うんだけど

ある意味、スポーツに通じるものもあるのかも。

そういう関連もあるのかも?と感じるのが

今回「激レアさんを連れてきた」に登場する

プロレスラーを目指しながら似顔絵描きの

世界チャンピオンになった

カリカチュアリストのKage(カゲ)さん!!

最近、何かとプロレスラーさんを

調べることが多いんだけど、

総じて頭が良く、努力家な人が多いわねー!

パパはわるものチャンピオン棚橋弘至寺田心で映画化!木村佳乃にオカダカズチカ・真壁刀義ほか新日プロレスの面々も!!

藤波辰爾(プロレスラー)の藤波家の食卓がデパ地下オンラインで大人気!販売イベント情報!!

謎のプロレスラー「スーパー・ササダンゴ・マシン」ことマッスル坂井って?【コンとコトン】

数奇な運命を経て

「夢を描く」世界の頂点に立った

Kage(カゲ)さんについて調べてみたので

良かったら一緒に見ていってねー!

スポンサーリンク
目次

  1. カリカチュアリストKage(カゲ)の経歴!アニマル浜口親子との意外な関係
  2. Kage(カゲ)の描くカリカチュアアートって?
  3. Kage(カゲ)のカリカチュア作品の値段や場所は?著書も調査!

1.カリカチュアリストKage(カゲ)の経歴!アニマル浜口親子との意外な関係

Kage(カゲ)さんの本名は中西景仁さん。

1977年東京都神田生まれ。

小さい頃は重度の喘息持ちで

身体が弱かったというKage(かげ)さん、

入退院を繰り返し、左手にはいつも点滴…

その状態、右手だけで出来ることは

「絵を描くこと」ということで、

少年期はよく絵を描いて過ごしていたのだそう。

「カリカチュア」とは幼少期に旅した

アメリカ・ラスベガスで最初に出会い

その独特の表現方法は凄く心に

残っていたんだとか。

そんなKage(カゲ)さんの人生を変えたのが

あるプロレスラーが書いた一冊の本。

それがコチラ!

出典:Amazon

前田日明さんの著書

「パワーオブドリーム」!!

この本をきっかけに「強さ」への

憧れを強く持つことに。

体を鍛え、5年かけて少しずつ

喘息を克服していったKageさん。

高校ではレスリング部に入部!

さらに「あの」アニマル浜口さんに弟子入り!!

さらに同い年という「あの」浜口京子さんの

スパークリングの相手も務めていたとのこと!

過酷で熾烈な浜口さんのトレーニングや指導、

そしてKage(カゲ)さん曰く

僕より強く、10kgくらい重く、

獣のような目をした京子さん

と共に過ごした成長の時間は、

今のKageさんの行動力や忍耐力に

繋がっているのかもしれないわね。

1996年高校卒業と同時に

プロレスラーを目指し渡米した

Kage(カゲ)さん。

しかし、そこで数多の強者たちに出会う中、

挫折し目標を見失うことに…(*T^T)

その時に、カリカチュアと運命的な再会をするのね!

そこからアーティスト・カリカチュアリストを目指し

カリカチュアの修行を始めたKage(カゲ)さん。

初めてのイベント参加では、

自分の実力不足に打ちのめされる中、

カゲさんが似顔絵を描いた人々が

スタンディングオベーションで

見送ってくれたことに感動。

「人を倒す」プロレスから

「人を笑顔にする」似顔絵描きになる…と

改めて決意されたそう…!(T▽T)

カリフォルニア州サンディエゴを拠点に

全米各地で約500ものイベントをこなし、

描いた似顔絵は数万人以上!

約6年の滞在生活を経て凱旋帰国後は

カリカチュアジャパンを起業!!

そして

2007年NCNカリカチュア世界大会優勝をはじめ、

2005年欧州大会2006年英国大会など、

数々の国際大会で優勝し、

世界的アーティストの一人に!

2007年にはNewsweek誌が選ぶ

「世界が尊敬する日本人100」にも

選出されているわ!

今はカリカチュアジャパンの社長業のほか

NCN(National Caricaturist Network:国際カリカチュアリスト連盟)アジア大使としても

カリカチュアの普及に尽力されているわ!

…もっと知名度があっても良さそうね。

ものすごい人が日本にいたものね~( ̄▽ ̄;)

スポンサーリンク

2.Kage(カゲ)の描くカリカチュアアートって?

最近、日本でも見かけることの多くなった

「カリカチュア」の似顔絵。

その特徴は激しいまでの個性の誇張。

Kage(カゲ)さんが日本に

カリカチュアを持ち込んで広めるまで

主流だったのは本人を「可愛く」表現する

肖像画や漫画タッチの似顔絵。

そんな日本人に、

ともすればコンプレックスを刺激される

個性の強い「カリカチュア」を

浸透させること…。

今では馴染みが深いけど、

最初の頃は大変だったでしょうね。

だけど、

誇張・デザイン・ユーモアを加え、

モデルのチャームポイントや個性を

表現するカリカチュアは、

モチーフの内面性も表現することが出来る

ものすごくポテンシャルの高い技法。

その本質を伝えたいKage(カゲ)さんは

試行錯誤を繰り返していくのね。

本人がコンプレックスに思って

誇張を受け入れられないパーツは、

アングルを変えて極端にならないようにしたり。

数人の絵を一枚に入れるときは

その関係性も大きさや表現で現したり。

そうして内面から溢れ出る個性や

感性を心で受け止め

「その人らしさ=真のlikeness」を描くことに

最も重きを置くスタイルを確立していった

Kage(カゲ)さんの作品は

ただの似顔絵以上に、その人を表すものとして

たくさんの人と世の中に認められていったのね。

その独特の表現、カリカチュアは

最初の30秒が勝負!

そこで、被写体の「本質」を掴みとるのは

ものすごい観察力と直感が必要そうね。

スポンサーリンク

3.Kage(カゲ)のカリカチュア作品の値段や場所は?著書も調査!

Kage(カゲ)さんの設立した

カリカチュアジャパンは大きく成長し、

現在、確認できるところ2017年11月1日

博多天神西通りにオープンした新店を含め

全国に28店舗もの「爆笑似顔絵専門店」を

展開しているわ~!(; ゚ ロ゚)

詳しい店舗や、お近くの店舗については

コチラでチェック!!

また、後進の育成にも力を入れておられ

世界で活躍するアーティストを

数多く育てておられるわー。

なんとKageさんこと中西景仁さんの他にも

本間雄太さん・宮城康助さんと計3人の

カリカチュア世界大会チャンピオン

擁しておられるわ!!

店舗でサクッと描いてもらえる

「クイック(白黒・カラー)」から、

丁寧に描き上げて後日お渡しの

「スタンダード」「プレミアム」。

「お誕生日」や「結婚式」

「記念日」「イベント」など、

いろんなシーン・ケースにも

対応されているわ。

料金はカリカチュアリストのランクによって

設定されている模様。

お誕生日などの「ギフトカリカチュア」は

プレミアム作画で

Aランクアーティスト:¥10,800から/1人

世界ランカー:¥21,600から/1人

Kage(カゲ)さんほか3人の世界チャンピオンで

¥129,600から/1人とのこと。

「ウェルカムボード」ならプレミアム作画で

Aランクアーティスト:¥43,200から/2人

世界ランカー(Sランク):¥64,800から/2人

世界チャンピオン(SSランク):¥259,200から/2人

という感じ。

そのほか、数々のイベント出張サービスや

作品をゴルフボールマグカップなどに

するという遊び心!

作品以上に被写体とのコミュニケーションや

パフォーマンスを楽しんでもらい

「笑い」「感動」「サプライズ」

提供していきたいとされている

「カリカチュア・ジャパン」

これからもますます伸びていきそうな

予感がするわねー!

そんなKage(カゲ)さんこと中西景仁さんの

生き方の指針になりそうな本がコチラ。

出典:Amazon

失敗経験を掘り下げるのみならず、

成功体験をしっかりと分析し、

その分析がまとめられている

Amazonレビューより

この一冊には、Kage(カゲ)さんの

想いやビジョンが詰まっていそうね!

前田日明さんの著書

「パワーオブドリーム」みたいに、

誰か未来の「KAGE・中西景仁」さんの

希望の一冊になるかもしれないわね!

まとめ

いかがだったかしら?

身体が弱かった幼少期から少年期を経て

プロレスラーを目指し

アニマル浜口父娘と切磋琢磨し、

その後、アメリカでプロレスから

カリカチュアの修行に転向し、

世界チャンピオンに輝いた

Kage(カゲ)こと中西景仁さん。

Kageさんがいつも似顔絵を描くときに

忘れないようにしているのが、

人生の師・アニマル浜口さんの

「一瞬は一生」という言葉だそう。

生き方の軸が整っている人は

どこにいっても愛され成功し

人を幸せにする力を

持っているのかもしれないわね。

そんなKage(カゲ)さんの生き方のそのものに

「夢を描く力」の素晴らしさを見て

ちょっと心打たれたアフロでした(*^^*)

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする