塚本康浩(ダチョウ研究博士)抗体マスク化粧品の通販価格は?本に妻子、経歴年収も!【激レアさん】

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

京大の本庶佑さんがノーベル賞の

医学生理学賞を受賞されて

日本が沸き立ったわねー(*^_^*)

日々コツコツと地道な努力をされている

真面目な研究者の方々…、

その研究成果は成功して

評価を受けることで初めて

日の目を見ることが多いけれど、

世の中には注目されることが少なくても

自分の「好き」な道を淡々と

進んでいかれている方が

なんと多いことか…( ノД`)シクシク…

今回「激レアさんを連れてきた」で

紹介される塚本康浩さんは

鳥を愛し、人間界に背を向け

ダチョウと生きる道を選んだお方(・▽・;)

そんな鳥版ナウシカのような

塚本康浩さんについて調べてみたので

良かったら一緒に見ていってねー♪

プロフィール

出典:http://dachou-koutai.com/profile.html

塚本康浩(つかもと・やすひろ)

生年月日:1968年

出身地:京都府

出身校:大阪府立大学農学部獣医学科

スポンサーリンク
目次

  1. 塚本康浩(ダチョウ研究博士)プロフィール!
  2. 塚本康浩(ダチョウ研究博士)抗体マスク化粧品の通販価格は?
  3. 塚本康浩(ダチョウ研究博士)の妻子や年収は?
  4. 塚本康浩(ダチョウ研究博士)の書籍紹介

1.塚本康浩(ダチョウ研究家)プロフィール!

塚本康浩さんは1968年京都府生まれ。

小さいころから鳥が大好きだった塚本さん、

家ではずっと鳥を飼っており、

鳥と共に成長されてこられたみたい(*^_^*)

ただ、鳥を愛するあまり

小学校の時にある悲劇が…。

お風呂も寝るのも一緒だった黒文鳥を

誤って踏んで死なせてしまったんですって(゚Д゚;)

お尻から飛び出した内臓を前に

何もできなかった悔しさ…

そこから獣医を目指したというわ。

…アフロなら、トラウマになって

却って鳥から距離を置きそう(;・∀・)

そこから「自分に出来ることはなにか」を

小学生にして考える塚本さんは

小さいころからただ者ではなかったのかも!?

こうして大阪府立大学農学部獣医学科

進学した塚本康浩さんは鳥の研究に没頭。

1994年卒業後は、1996から97年の

カナダ・ゲルフ大学獣医学部での研究を経て、

1998年にはニワトリの砂肝から抽出される

タンパク質・ギセリンの分子が

ガン細胞の転移に関係することを突き止めて

修士論文とし博士号を取得!

…砂肝に対する

イメージが変わるわね( ̄▽ ̄;)

ただニワトリは古くから研究対象としてあり

結構、研究しつくされた感があったというわ。

そんな行き詰まりを感じていた塚本さんが

ダチョウと運命の出会い…!!

転機となったのは

「神戸でダチョウを飼っている牧場がある」

という話を耳にしたこと。

動物園で見て、その大きさに

憧れすら抱いたダチョウ…

そのチョウを間近で見ることができる!

ウキウキしながら

ダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」の

ダチョウ主治医に就任した塚本康浩さん。

そこでダチョウの恐るべき

生体の実態に直面するのね。

まずは「アホ」(笑)

それはもう

坂〇師匠も真っ青なアホっぷり!!

見てのとおり体は大きいけれど

頭は小さく、そしてモチロン

脳みそも小さいっ!!( ノД`)

そのため、見境なく色んな所に

ぶつかっていくダチョウ…アホです

そして「不潔」!

糞が体についていても一向に介さず、

仲間どうしで羽をむしりあい、

体を突きあい、血まみれになっても

何事もなかったように平然としている。

お尻を突かれ、血が出ているのに

頓着なく餌を食べるのに忙しい。。

ここまでくると若干ホラーな…(・_・;)

ヒッチコックの「鳥」とはまた違う

空寒いものを感じてくるわ。。

しかし、そこで塚本さんは閃くのね!

「なんでコイツらの生命力は

こんなにも強いのか!?」

不潔で不注意なケガも多いダチョウ。

なのに長寿命で60年間も生き続ける。

これは感染症に強いからではないか!?

…その発想の転換も凄いけどね(^^;)

こうしてダチョウの免疫力の

研究を始めた塚本康浩さん。

ダチョウの卵からインフルエンザなどの抗体を作る

技術を開発するのに成功!!

これ本当に画期的なことだったみたい。

それまでのインフルエンザの抗体は

ニワトリなどから作られていて、

製造コストがとても高く

1gあたり数億円もしたとのこと(゚Д゚;)

ところがダチョウの卵から取れる抗体は

わずか10万円程度で済むことに!!

インフルエンザ抗体を新たに

低コストで大量に素早く作製できる

方法として業界に革新を起こしたみたい。

こうして塚本康浩さんは2008年6月に

京都府立大学発のベンチャー企業である

「オーストリッチファーマ株式会社」を設立。

そこで、ダチョウの卵から抽出した抗体を用いて

新型インフルエンザ予防のためのマスクを開発!

ほかにもダチョウの抗体を利用して、

がん予防や美容に役立てるための研究を行い、

産学官連携推進功労賞

日本バイオベンチャー大賞など

数々の賞を受賞されているわ!

スポンサーリンク

2.塚本康浩(ダチョウ研究家)抗体マスク化粧品の通販価格は?

さてここにきて

大いに注目を浴びつつある

「ダチョウマスク」!!(笑)

3枚入り275円 (税込 297 円)

出典:楽天市場

その構造だけど、断面図を図解すると

以下のようになるみたいね。

出典:http://s-park.wao.ne.jp/archives/1383

緑色をしたYの形をしたものがダチョウ抗体

近づいた異物に取りついて

これを不活性化・感染力を無くすらしいわ。

普通のインフルエンザなら

10分間で99.9%以上抑制できるとのこと!

(鳥インフルエンザ=H5N1型も同様)

花粉に対しても鉄壁の防御力で

1時間で85%以上の抑制率!!

効果も凄いけど、上にも書いたように

抗体を大量に安くに作れるから値段もお得!!

いやぁ~!

これからの季節、インフルエンザに

絶対かかれない受験生や、

花粉症に悩む人には朗報なんじゃない!?(・∀・)

アラフォー・マダムのアフロとしては

化粧品も気になるところ♪

化粧品に関しては

ZEAL COSMETICという会社で

共同研究開発をされているみたい。

「大気汚染」「ハウスダスト」といった

肌を脅かす脅威から

驚異のダチョウ免疫力

(ダチョウ卵黄エキス)

「肌を守る」というコンセプト。

敏感・乾燥肌に向けたATシリーズ

ATオールインワンセラム

<ジェル状美容液 55g>

12,000円(税別)

出典:https://pureclinic.shop-pro.jp/

肌荒れ対策にフォーカスしたACシリーズ

ニキビの方にお勧めの化粧品

ACクリア3点セット

洗顔&ローション&美容液

18,100円(税別)

出典:https://pureclinic.shop-pro.jp/

…いやぁ、これらももう少し

安くならないかなぁ…とも思うけど(;・∀・)

「殺菌」ではなく「整菌」という発想は

免疫力に注目して作られただけあって

凄く価値のあるアプローチね。

「アホ」「不潔」と塚本さんが連呼する

ダチョウからの恩恵…(笑)

どこに「金の卵」が転がっているか

わからないわね~( ̄▽ ̄;)

スポンサーリンク

3.塚本康浩(ダチョウ研究家)の妻子や年収は?

ダチョウ研究の第一人者として

活躍する塚本康浩さん。

現在は京都府立大学大学院の

生命環境科学研究科の教授として

研究と後進の育成にあたっておられるわ。

大学教授の平均年収が約1000万なので

まずはベースラインとして

これがあるわね~!!

そしてオーストリッチファーマの代表。

会社情報からすると年間売り上げが

推定3億円は下らなそうね。

そうなると代表取締役として

想定される年収が

2000~3000万円くらいかしら?

そうなると併せて年収は

少なくとも3000~4000万円!?

そこに後述する書籍販売の印税や、

ダチョウ抗体の特許使用料もあるとすると

いやぁ~、オーストリッチだ(;・∀・)

これは奥様や子供さんがおられたら

安心した生活が出来るわね~!

と思って調べてみたけれど、

どうも妻子の情報は見つからなかったね。

…まぁ、かなり特殊な人生を

送ってこられているので、

めちゃくちゃ塚本康弘さんが好きか、

めちゃくちゃ鳥が好きな人でないと

塚本さんのお相手は大変かも!?(・▽・;)

激レアさんでは

「人間界に背を向けて

あらゆる鳥たちに人生を捧げた」

と紹介されているとこからも、

なかなか普通の家庭を築くのは

難しかったのではないかしら?

研究においては、凄く信頼している

「相棒・相方」の存在があるようだけどね。

出典:https://www.jst.go.jp/pr/jst-news/2008/2008-09/page07.html

特認助教の足立和英さん。

塚本さんも絶大の信頼を寄せる

足立さんは女房役のような存在ね。

同じくらい「鳥」への愛をお持ちの

足立さんのサポートを受けつつ、

塚本さんの活躍はこれからも

益々広がっていきそうね!!

スポンサーリンク

4.塚本康浩(ダチョウ研究家)の書籍紹介

そんな塚本康浩さんの

愛が詰まった書籍を紹介。

その名も

【ダチョウの卵で、人類を救います】

出典:Amazon

某マンガ「ワ〇ピース」の

「〇賊王にオレはなる!」

彷彿するタイトルね(・∀・;)

共に言い切った挙句

叶えてしまいそうなのが凄いところ。

…宣言するって大切なのね。

そしてもう一冊

【ダチョウ力】

出典:Amazon

ダチョウと格闘する研究室の様子が

「ほのぼの」と笑えるタッチで

描かれているというこの本。

「動物のお医者さん」が好きなら

きっと楽しく読めるはず・・という

レビューが印象的だったわ♪

関西出身で関西で仕事をされていることも

関係しているのかしらね?

両方とも敷居が低く親しみやすくて

「笑い」がいっぱい詰まっているみたい。

塚本康浩さんは、ダチョウを

「アホ」と連呼しているんだけど、

そこには同時に物凄い愛情を感じるのね。

ダチョウのどこに魅かれたか? まず、アホなんですわ。いままで見てきた動物と比べ、段違いにアホでしたね。さらに「汚い」んですね。普通鳥類はすべからくキレイ好きで熱心に羽づくろいする。おかげで病原菌を排除でき、長生きができるとも言われている。だけどダチョウは汚れたら汚れっぱなしなんです。なのに寿命は60年と極めて長い。「アホ」で「長生き」って何だかすごいでしょ? だけど、それは「生命力が強い」ということなんです。

出典:https://systemincome.com/

関西人にとって

「アホ」≒「かわいい」と言ったのは

誰だったか…名言だわ(*^_^*)

まとめ

いかがだったかしら?

鳥を愛し、鳥に愛され(?)

ダチョウにその人生を捧げた結果、

経済効果200億円を生み出した

驚異の大学教授・塚本康浩さん。

塚本さんもだけど、

ダチョウの生命力とポテンシャルの高さに

調べていて「おぉーっ!!」となったわね。

ダチョウをめぐる塚本さんの冒険は

これからも続いていきそうで、

アトピーインフルエンザだけでなく、

がんHIVなどにも大きな効果が

期待されているというから、

本当にこれからの塚本さんの研究成果が

楽しみね!

「ツルの恩返し」ならぬ

「ダチョウの恩返し」といった

ところかしら?

いつかダチョウ

ノーベル賞をもらう日も

夢ではないかも!?なんて

思わせてもらったアフロよ。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする