服部匡志(ただし)濱田岳演じるベトナム眼科医がNHKドラマに!本も!【ベトナムのひかり】

スポンサーリンク

3.服部匡志(ただし)を濱田岳が演じる!NHKドラマ「ベトナムのひかり」

そんな服部匡志(ただし)さんを

モデルにしたドラマ

「ベトナムのひかり」が

NHKで2019年1月12日に放送!

服部匡志(ただし)さんをモデルにした

羽鳥志郎という医師を演じるのは

あの名優・濱田岳さん!!

ドラマのホームページも開かれ

土曜ドラマスペシャル「ベトナムのひかり」

そこではこんな風に紹介されているわ。

ベトナムで15年以上にわたって、無償医療を続けている眼科医がいます。名前は服部匡志医師。苦学の末、医大に合格、その後、スキルを積み上げ、30代で内視鏡を使った網膜手術では比類ない腕前となった彼は、ひょんなことからベトナムで無償医療を行うことに・・・。

ひと月のうち半分は日本でフリーの眼科医としてお金を貯め、あとの半分はそのお金をベトナムの医療につぎ込み、ベトナム各地で手術を行う・・・。そんな彼のモチベーションは、亡き父の言葉でした。「人は人を助けるようにできている」

ドラマでは、彼の実話を基にしながら、主人公・羽鳥志郎が「医者の仁」を体現し、実践するまでの姿を描いていきます。
日越外交関係樹立45周年を迎える本年、国や人種を越え、お互いに助け合う大切さを伝えるドラマをお届けします。

濱田岳さんが演じる羽鳥志郎の

モデルとなったベトナムの赤ひげ先生

服部匡志(ただし)さん。

これが追い風となって

ますます世界規模での活躍が

スムーズに行えるようになると

良いわね~(*’ω’*)

スポンサーリンク

4.服部匡志(ただし)の著書紹介

そんな素敵な医師

ベトナムの赤ひげ先生こと

服部匡志(ただし)さんの

本をご紹介!!

【はっちゃんベトナムに行く】

出典:Amazon

「はっちゃん」は服部先生の愛称。

ご自身が医者を志すようになり

ベトナムでたくさんの人に

光をあたえる活動を行われるまでが

描かれたこの本は、

たくさんの人にとって

「生きる勇気」を与えてくれそう。

服部先生の生きざまに触れることで

上手くいかないときも

希望を信じて前に進もうという

気持ちになれそうね。

【人間は、人を助けるようにできている】

出典:Amazon

亡くなったお父さまの言葉

「人は人を助けるようにできている」。

その遺言を信念として生きてこられた

服部匡志(ただし)さんの言葉が

読み手に色んな感情や想いを

揺さぶるのね。

「人生は素晴らしい」

なかなか日常で得にくくなったこの感覚を

呼び覚ましてくれる著書は

生きることを後押ししてくれそう。

「医療」って本質的なところは

こういうものなのかもしれないわね。

まとめ

いかがだったかしら?

胃がんでお亡くなりになった

お父さまの遺言

「人のために生きろ」

を実直に実現し、

ベトナムでボランティア医療を行い

たくさんの人々に「見える喜び」という

希望を与えてこられた

服部匡志(ただし)さん。

服部さんをモデルとした

濱田岳さん演じる羽鳥志郎を

主人公にしたNHKの

日越外交関係樹立45周年記念ドラマ

「ベトナムのひかり」では、

服部さんの軌跡を追体験できるようで

楽しみね(*^^*)

「医者の仁」を体現されている

服部匡志(ただし)さんの生き方は

ベトナムで眼の難病にかかっている

人だけではなく、

たくさんの人々に勇気を与えてくれそう。

色んな意味で「希望の光」である

服部匡志(ただし)医師を

これからも応援したいと思うアフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通行人 より:

    ノーベル平和賞をあげたい。

    • Madam-Afro より:

      通行人さま

      コメントありがとうございます。
      本当にそうですね!
      こんなお医者さんが実在することに
      日本もまだまだ捨てたもんじゃないなぁって、ドラマを見て涙ぐみながら思っていました。

  2. まいな より:

    NHKで2012年1月12日に放送!
    2019年では?

    • Madam-Afro より:

      まいなさま

      コメントとご指摘に感謝です!
      本当ですね…過去に戻っていました(;・∀・)
      早速訂正いたしました。
      ありがとうございました!!