ノンタン&世界一受けたい授業!原作者キヨノサチコプロフィールや絵本裁判、オススメも!!

スポンサーリンク

3.ノンタンに事件発生!?「ノンタン絵本裁判」って?

そんな「ノンタン」に

裁判事件があったことは、

アフロも今回調べるまで知らなかったわ。

1976年に大友康匠さんと一緒に

偕成社に持ち込んだキツネの絵本から

生まれた「ノンタン」。

夫でもある大友康匠さんの

サポートのもと作り続けられた

「ノンタン」シリーズだけど、

1985年に離婚されてからは

共同執筆が不可能になるのね。

1990年4月10日、

キヨノサチコさん側から

大友康匠さんほかを相手に

「ノンタン」絵本に関する

著作権をめぐる訴訟が

起こされることに。

お互いが持つ著作権の認識のズレから

発展したこの

「ノンタン絵本裁判」の結果は

「実質的な著作者はキヨノであり、

大友は補助的作業をしたに過ぎない」

との司法判断が下っているのね。

この裁判中に大友康匠さんは

お亡くなりになって、

その訴訟承継人の方が控訴。

だけど棄却されて結審したようね。

ノンタンの裏で

そんな事件が起きていたとは…

ちょっとびっくりね(゚ω゚;)

スポンサーリンク

4.ノンタンシリーズのオススメ絵本は!?

さて、そんなキヨノサチコさんの

素敵なノンタン・シリーズ!!

その中でも押さえておきたいのは

やっぱりこの一冊!!

【ノンタンぶらんこのせて】

出典:Amazon

出版第一号でもあるこの絵本、

ぶらんこが大好きなノンタンが

何かと理由をつけて、

お友だちと交替することを拒みます。

とうとう怒りだした友達に対して

あわてて「10数えたら交替する!」と

呼び止めるノンタン…だけど!?

多分、ノンタンの魅力は

決して「良い子」ではないところ。

好きなものは譲りたくない…

そんなノンタンの姿が等身大で

子供たちも凄く共感できるのね。

だからこそ最後の10の数え歌は、

魔法の様に効果的!(笑)

何かをぐずるときは、

この数え歌を歌うと、

比較的すんなりと次のことに移れます。

ノンタン、恐るべし!

ノンタンはそんな

魅力的で口ずさみやすい歌が

たくさんあるのも魅力のひとつ。

生活の中に取り入れることで

子どもが楽しく苦手なことに

挑戦するきっかけを与えてくれるわね。

そういう意味では

こちらもオススメ!

【ノンタンあわぷくぷくぷぷぷう】

出典:Amazon

【はみがきはーみー】

出典:Amazon

…というか、見ているとあらためて

全てがオススメなんだけどね(^_^;)

あなたのオススメ・お気に入りの

「ノンタン」は何ですか?

小さい頃、いっしょに

いたずらして冒険して

しょんぼりしながらも、

ちゃんと元気になる

ノンタンのストーリー。

大人になった今も

しっかり息づいているのが

素敵なところね(*^^*)

5.ノンタンの世界一受けたい授業・感想

そんなノンタンが

2019年1月26日

「世界一受けたい授業」に登場!!

堺校長やくりぃむしちゅーのお二人と

どんなお話を繰り広げるのか

楽しみなところ!

番組の内容や感想については

後日追記しますね!!

まとめ

いかがだったかしら?

キヨノサチコさんのロングセラー絵本

「ノンタン」シリーズ!

夫だった漫画家の大友康匠さんと

一緒に偕成社に持ち込んだ

一匹のキツネの絵本が、

猫になり、仲間が増え、家族も増え、

親から子に語り継がれていく様は

それ自体がものすごく

ドラマティックねー!(・∀・)

その裏には、師で夫だった

大友康匠さんとの離婚や、

「ノンタン絵本裁判」訴訟問題など、

絵本からは想像できない

ハードな出来事も経験されていた

キヨノサチコさん。

そんな辛さは微塵も見せず

ノンタンの世界は子供たちに

夢を与え続けてくれるわねー。

その夢を守るために、

自らの死の公表にもストップを

かけていたというキヨノサチコさん。

そんな万人に対する

愛情が溢れる作品だからこそ、

ノンタンはいつまでもたくさんの人に

愛されて続けるのかも。

久々に子どもの絵本棚から取り出して

ノンタンの優しい世界に浸りたい

アフロでした。

今日も最後まで読んでくれて

ありがとうねー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする