ノンタン&世界一受けたい授業!原作者キヨノサチコプロフィールや絵本裁判、オススメも!!

スポンサーリンク

こんにちは。

マダム・アフロよ。

全国の絵本好きを騒がせた

「マツコの知らない世界」での

絵本・読み聞かせの世界から

まだ一週間も経っていないけれど…

内田早苗(絵本講師)のマツコにオススメ絵本紹介!夫や息子、読み聞かせの効果や聞かせ屋。けいたろうも!

今度はなんと、あのノンタン

「世界一受けたい授業」に登場!!

いったいどんな

「世界一受けたい」先生ぶりを

発揮してくれるのかしら?

今からめちゃくちゃ楽しみ(*’ω’*)

ちなみに一緒に登場される

絵本専門士の杉上佐智枝さんについては

コチラからどうぞ!

杉上佐智枝の絵本専門士の資格って?世界一受けたい授業で女子アナがオススメする絵本は!?

今回は改めて「ノンタン」

その原作者のキヨノサチコさん、

絵本の裏で起こっていた「ノンタン絵本裁判」

ノンタンシリーズのオススメ

ご紹介したいと思います!

良かったら一緒に見ていってね♪

出典:Amazon

スポンサーリンク
目次

  1. 世界一受けたい授業に登場!ノンタン・プロフィール!!
  2. ノンタンの原作者キヨノサチコ・プロフィール
  3. ノンタンに事件発生!?「ノンタン絵本裁判」って?
  4. ノンタンシリーズのオススメ絵本は!?
  5. ノンタンの世界一受けたい授業・感想

1.世界一受けたい授業に登場!ノンタン・プロフィール!!

「ノンタン」といえば

元気な白猫の男の子!

ちょっと太めの波打つような

シンプルな線で描かれた絵が

特徴的なノンタンは

キヨノサチコさん名義の

絵本シリーズとして1976年に登場。

以来、その頃生まれた子供たちが

親になった今も大人気!!

シリーズは40巻2800万部が発行。

CD、テレビアニメのほか、

キャラクター商品など

いろんな展開を見せているわね(*^^*)

キヨノサチコさんは

元夫で師匠でもある漫画家の

大友康匠さんと一緒に

白い子ギツネを主人公とした

「あかんべきつね」を生み出し、

偕成社に持ち込み。

それが猫に姿を変えて

(個人的には良かった!!)

後の「あかんべノンタン」に

なったらしあわ。

なので誕生したのは

「あかんべノンタン」の方が先なんだけど、

いたずら「あかんべ」が購入する

母親たちに受け入れられるか悩んで

第一作は「ぶらんこのせて」に

なったみたいね。

ちなみに「あかんべノンタン」は

第三作にあたるとのこと。

さらに、ちなみに、

「ノンタン」の名前の由来は

その時の編集者さんの娘さんの

友達のあだ名だったらしいわー!

モデルとなった「ノンタン」さんは

今、どうされているんでしょうね~?

ノンタン以外に出てくるのは

  • ぶた(5才)
  • うさぎ(三つ子・片耳折れが男の子であとは女の子・6才)
  • たぬき(3才)
  • くま(8才)

が主な登場人物(?)ね。

いつもノンタンのそばにいて

見まもる「はち」も見逃せない!?

ちなみにノンタンの年齢は

本によって異なることもあるみたい。

「ノンタンのたんじょうび」では

4才だったわねー!

2001年になって

「ノンタンいもうといいな」で

妹のタータンが登場。

実は耳が聞こえないという

裏設定もあるとのこと…驚きね。

二人暮らしをしているように見えるけど、

設定上ではちゃんと両親のほか

祖父母もいるみたい。

みてみたかったわねー!!

スポンサーリンク

2.ノンタンの原作者キヨノサチコ・プロフィール

そんなノンタンの作者、

今はキヨノサチコさん単独名義に

なっているわね。

この辺りは後にも書くけれど

色々とお二人の間であったよう(^_^;)

キヨノサチコさんは1947年東京都出身。

お名前は清野幸子と書くみたい。

漫画家の大友康匠さんに

1969年頃から漫画を学ぶようになった

キヨノサチコさんは、

1970年(昭和45年)4月30日に

大友康匠さんと結婚。

1977年7月23日には、

長女が誕生されているわ。

初めてのノンタンの絵本が

生まれたのが1976年…

このころのおふたりは二人三脚で

駆け上がっておられたのね。

その後もお二人で共同執筆された

本を幾つか出されているけれど、

1984年11月頃から別居、

翌年の1985年5月14日

協議離婚されるのね…。

同じ仕事をしているから

分かりあえる部分も多い一方、

同じ仕事をしているから

譲れない部分もあったのかも

しれないわねー。。

その後、絵本「ノンタン」を巡り

大友康匠さんと裁判で争うことに。

その後はアメリカに移住されているわ。

新しい場所で心機一転

やり直したかったのかも?

しかし、2008年に脳腫瘍が発覚。

治療のために日本国内の病院へと

移られたキヨノサチコさん。

だけど2008年6月19日、

脳腫瘍のためお亡くなりに…。

60才…まだまだたくさんの続編を

多くの人が待ち望んでいただけに

その早すぎる死は惜しまれるわね。

キヨノサチコさんは

「私がいなくなっても、

ノンタンは元気に生き続けるから」

という希望で、

亡くなられたことは伏せられたため、

2008年12月に

マスメディアによって伝えられるまで

明かされなかったというわ。

いつまでも夢を与えてくれる

ノンタンの産みの親らしい

最後まで素敵な

生き様だったのねー(*T^T)

ノンタンの裏にあった絵本裁判や
オススメ絵本については
次のページへ進みます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする